FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月
チェンマイ3日目

山から下りてきて到着した、
ワット・ウモーン。
別名をトンネル寺とでもいうのでしょうか。

このお寺は、それほどメジャーでもないらしく、
お参りに来ている人もそれほど多くはなく、
来ていても地元のタイ人ばかりという様相でした。

外国人ツーリストは、
あんまり来ないようでしたね。

さて、靴を脱いでトンネル内部へと入っていきます。
とはいっても、しっかりと電灯で灯されていますので、
懐中電灯などは必要ございません。

井形に掘られたトンネルのあちこちの突き当たり部分に、
それぞれの仏像が安置されていました。
一つの仏像の前でお決まりのように、坐禅してみます。
watumon

非常に気分がいいですね。
ここのお寺は、なんだか自分の感覚の中で、
チェンマイに来たら、どうしても訪れたいお寺の一つでしたので、
来てみた感想は、やはり落ち着いた気分でいられるというものでした。
念願叶ったので満足。

境内のトンネルを抜けると、裏側へ出られます。
しかし、裸足のため、痛いのと、地面が暑いのとで、
あまり長い時間は無理でしたが、
裏側からこのお寺を眺めてみると、
トンネル寺であるということが、
立体感覚的によくわかりました。

気に入った仏像をひとつ。
watumon3


なんだか、こうした仏像を見ていると、
見ているだけで、
落ち着いた気分になれますね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ワットウモーン, トンネル, 仏像, 立体的, チェンマイ,