FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2015年11月

LCCの話題をよく耳にしますが、
ピーチがまたまた路線拡大です。すごいですね。

来年の2月に、ピーチ羽田ソウル(ICN)を開設。
羽田空港の深夜発着枠を利用してのダイヤ構成となっており、
羽田発が深夜の2:00⇒ソウル4:35
ソウル発が22:50⇒羽田1:00
という時間帯で飛ばすことになるのだそう。

これだと、弾丸ソウル旅行ができますね。
仕事終わらせてから、羽田に向かっても十分間に合う深夜の出発。早朝にソウル到着。
ソウルの街に出ればちょうどみんなが動き出す時間帯です。
1日観光。
帰りは、そのまま夕食をソウル市内で食べてから空港へ向かっても、
なんとか間に合う出発時間となります。

羽田には深夜に到着してしまうので、
公共交通機関が終わってしまい、
自宅まで帰るのは難しいかと思われますが、
なんとか羽田で夜明かしして、始発の電車で帰宅したら、
シャワー浴びて出社・・・

なんてコースも考えられますね。

同じような深夜の時間帯には、ピーチ台北行きも出ますね。
こちらは朝少し遅く??5:50羽田発⇒台北に8:40
戻りは、台北0:40⇒羽田4:40
これなら、帰宅はすんなり行きそうですが、
5:50の羽田発に搭乗するのに、なんらかの工夫が必要となりますね。
やはり、羽田で夜明かしか・・・

年齢年齢だと厳しいルーティングとなりますが、
若ければ、全然ありなコースではないでしょうか。
0泊2日弾丸ソウル、または弾丸台北に、
行ってみてはいかがでしょうか?

これからの羽田発着のLCC、期待したいところです。
沖縄にも、もっと開設してくださいと、
いつも思ってるんですが、やはり需要が違いますからね。
成り行きを見守るしかない次第です。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : LCC, 羽田, ソウル, 台北, ピーチ, 弾丸, 年齢, 若さ, 0泊2日,

沖縄に住んでいると、
内地にある実家にたまに帰りたくなるものです。

ところが、
沖縄から東京への航空運賃は高すぎて、
簡単には帰れる金額ではないというのが現状だったんですが、
LCCの就航によって、
かなり下がってきました。
というか、とっても安くなって、
LCC様様といったところなんですが、
人間と言うのは、慣れる生き物でして、
一度激安の那覇から成田の2490円とかを目にしてしまうと、
5690円が高い!と感じるんですね。
だから、JALやANAが12,000円とかだと、目の玉飛び出る!というくらい高く感じてしまうんですね。

不思議なもんです。

LCCとJALやANAのレガシーキャリアですが、
日によってはそんなに違いがない可能性もあるので、
安く、お得に行きたければ、
よく調査して運賃の動向をチェックするのはもちろん、
自分がどこに何をしに行くのか?時間的に余裕はあるのか?
などを総合的に考えていかねばなりませんね。

そこで、
夏休み8月3日に沖縄から東京へ行くと仮定してみました。
行きは8月3日
帰りは8月6日 の3泊4日

ジェットスターとJALで比較しました。
2月28日の時点で、
8月3日
那覇から成田のジェットスター 9,190円が最安値
那覇から羽田のJAL 22,890円が最安値

8月6日
成田から那覇のジェットスター 20,390円が最安値
羽田から那覇のJAL 22,890円が最安値

となりました。

運賃総計では、
ジェットスターが往復で29,580円+発券手数料
JAL 45,780円
と圧倒的にジェットスターの方に安さでは軍配が上がりますが、
内容をよく見ていくと、
必ずしもそうでもないんですね。

次回のブログでは、細かいところを見ていきます。
jetstar1


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ジェットスター, JAL, ANA, LCC, 成田, 羽田, 那覇, 沖縄, 航空運賃,

前回のブログでは、
行き 沖縄発8月3日で東京へ
帰り 東京発8月6日で沖縄へというルートで、
ざっくり計算してみたところ、
ジェットスターのLCC側に軍配が上がりました。

ジェットスターが往復で29,580円+発券手数料
JAL 45,780円

となって、差額が10,000円以上出ました。
(2月28日の時点での料金)

ジェットスターは、LCCですので、
この他に発券手数料が、まずかかり、
必要であれば、座席指定料金、受託手荷物料金などが加算されてきます。
機内持ち込み荷物は、空港にて厳格にチェックされてるので、
空港で重量が規定値を越えてるのが発見されると、
高い料金を請求されることになってしまいます。

家族4人で行くのであれば、
座席は指定して、荷物はお父さんにだけ付けるという方法で、
料金を圧縮できますね。

これを計算の上、今ある差額が、
JALと、どの位縮まるのかというのを見ていき、
どちらかを選ぶという方法がまず一つあります。

それから、東京へ行くのか、千葉県へ行くのか、
というのもありますね。
ジェットスターは成田空港に到着します。
千葉県成田市にある空港です。

ですから、東京へ行くのであれば、
成田から東京都心へと移動してこなくてはなりません。
現在は、格安バスが走っていて、
成田空港から東京駅まで1,000円もあれば来られます。
他にも、JRの特急や私鉄の特急列車を使う手もありますが、
運賃はそれなりに高くなっていきます。

ちなみに羽田空港から東京駅へは、
京浜急行とJRの乗り継ぎで580円となります。

成田からt東京都心へ行くのか、
または、千葉市内へ行くのか、
TDLへ行くのか、
などなど、目的地によっても成田や羽田からの所要時間や交通費が変化しますので、
それらのことを総合的に考えねばならないですね。

で、安いか便利かということを決めていけばよいかと思いますよ。

ただ、LCCが安いからという理由だけで、飛びついても、
結果的に変わらないのでは、
LCCで安く飛ぶ意味がないですからね。

成田空港は遠いから行くのが面倒という理由だけで、
時間に余裕はあって、予算に余裕がないなら、成田空港の利用も悪くないと思います。
成田空港は、第3ターミナルができて、
よりLCC色が強くなってますから、
そういうのも見に行くという視点でいくと、旅も充実してくるかもしれませんね。

また、行きは成田、帰りは羽田を利用で、
比べてみるのもひとつですね。

というわけで、夏の旅行にほんの一例を示しましたが、
LCCの就航で選択肢は、明らかに広がったので、
それをうまく活用していくという、消費者の賢い目というのも、必要な時代です。
当ブログが参考になれば幸いです。

JAL機窓



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : LCC, JAL, 成田, 羽田, 東京都心, TDL, 千葉,

2016年7月
仙台&東京
5日目

成田空港を経由して、沖縄に戻るのですが、
今回は、成田空港の第3ターミナルを見たかったというのが、本音。
第3ターミナルは、LCC専用ターミナルとして、
2015年4月にオープン。

その機能性というものを、
どうしてもこの目で確かめておきたかったんですね。

今回の帰省も、
羽田からスカイマーク利用で帰れば、
少しは値段は張るものの、
成田空港まで行く手間を考えると、
羽田でもまあいいのかなと思ったりもしました。

その時の状況によって、
総合的に羽田発着が有利なこともあるとは、
以前ブログに書いたこともありましたね。

逆に沖縄ー成田が7,000円以下ならば、
迷うことなく成田を選ぶことになりましょう。
まあ、人それぞれ様々な用事で、関東や東京方面に行くので、
その用途にあった交通機関の利用がベストですね。
いろいろ考えられます。

と、いろいろ書いてしまいましたが、
京成線で成田空港に到着すると、駅が2つあります。
空港第2ビルと成田空港です。
厳密には、東成田っていう駅もあります。
こちらは旧成田空港駅ですね。
東成田駅もいつか訪れてみたい駅の一つです。

今回は空港第2ビル駅で下車。
地下ホームから上がると、第2ターミナルです。
以前は、検問があって身分証明の提示が必須でしたが、
その検問は廃止されて、スルーできます。
セキュリティは大丈夫なんでしょうか、、なんて心配になります。

さて、ここから、第3ターミナルへの徒歩移動が始まります。
陸上トラックのように、青く塗られている道を歩いて行きます。
NRT第3



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 成田空港, 羽田, 空港第2ビル, 東成田, スカイマーク, LCC, 第3ターミナル,

2017年2月

2017年12月に沖縄からヨーロッパへ行くチケット購入はいつがよい?

今年の12月にヨーロッパへ行くのだけれど、
チケットはいつ購入がよいか、
という質問を友人から受けました。

Skyscanner(スカイスキャナー)というサイトを使って、
いろいろと調べてみましたが、
あんまり安くないのですねえ。

沖縄からヨーロッパへ行くとなると、
乗り継ぎは台北で、なんて安易に考えてしまいがちな私ですが、
それは目的地によっても変わってきますね。

今回は、
OKA-LIS BCN-OKA
というオープンジョータイプのチケットのご希望。
で、なるべく乗り継ぎは少なく、
所要時間は短くということでしたので、
おのずと航空会社は絞られてきました。

まず、リスボンに乗り換え最小回数で入る。
これでかなりの航空会社が使えなくなります。

アジア系 ANA JAL
中東系 エミレーツ
あとはヨーロッパ系ですね。

エミレーツは、興味はありますが、
南回りな感じになるので、所要時間はそれなりにかかります。
ただ、エミレーツは快適そうだし、
ドバイの町も見れるかもしれないという意味では、
ワクワクしてきますね。
しかし、値段が少し高い・・・比較するとですよ。
それに、何故かサイトでオープンジョーが組めない・・・
どうなってるんだろうか?たまにセールやったりするので面白いのですが。

で、ルフトハンザはどうかという、
133,000円くらい。
乗り継ぎも良くて、所要時間も短い。
ANAは128,000円くらい。やや所要時間が長い・・・
便によっては、帰りは成田⇒羽田の移動を強いられるなどの欠点も。

他に、チャイナエアライン(CI)なんかも調べてみたけれど、
やっぱりダメでした。
他のフィンエアーやらKLMやらも見たけれど、
どうも羽田で1泊になったりして、あんまり乗り継ぎよろしくないですねえ。

というわけで、
ルフトハンザか、ANAかということになりました。

12月のチケットを今から購入するのって、
スケジューリングが難しいですよね。
決めうちで購入しないと、万が一キャンセルとなると・・・
キャンセル料は3万円するみたい。

よく検討して購入する必要がありますねえ。 

トリップアンクルもヨーロッパへ出向くことがあるかもしれないので、
いろいろな航空会社を調べてると、面白いですね。
個人的には、エミレーツなどの中東系に乗ってみたいです。
ドバイをチラッと観光したいです。

そんなわけで。また。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : JAL, ANA, リスボン, バルセロナ, 羽田, 沖縄, 乗り継ぎ, トリップアンクル,