FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2014年8月
チェンマイから帰国日 7日目

さて、バンコクから香港への、
HX774便香港航空は、1時間半遅延し、
もう、間に合わないので次の11:10のフライトに振り替えられるのであろう。
とタカをくくって、最後に降機して、
バスにてターミナルビルに運ばれました。

すると、「OKINAWA」のプラカードを持った香港航空の係員がいるではないですか。
他にも男女混合グループの3名が沖縄行きに乗る模様です。

ここで、その係りのお姉さんは、
最初、後続の11:10の便に振り替えるとのことで、
11:10の搭乗券を見せてくれました。
で、パスポートはありますか?と言われたので手渡してチェックしてもらいます。
ラッキー!これで香港の空港で少し休めるわ。
と思ったのもつかの間、
次の瞬間「フォローミー!」と言って走り出すではないですか!
ちょっと待ってよ!次の便に振り替えなんでしょ?
何で走るのよ?

超高速でダッシュして、セキュリティーは横入りしまくりで、
ガンガン抜かしていきます。
「ちょっと待ってよ。7:25発のHX676はもう間に合わないのでしょ?」
「・・・・」
明確な回答は得られず、盛んにどこかに電話で連絡してますが、
中国語につき意味わかりません??
こちらは、パスポートを取り上げられてる上に、荷物を全部持ってるもんだから、
走ろうとしてもねえ・・・
これは拷問ですよ。
置いてかれて迷子になったら、パスポート持ってないので空港内でずっと生活することになりそうです。
映画の「ターミナル」さながらですね。
年寄りでもこんな対応をするんでしょうか。さすがにねえ・・・

結局、広い香港空港の内部を走りぬけ、
途中で電車に乗ったりして、
沖縄行きHX676の待つゲートへ。
何番ゲートかは忘れました・・・もうどこにいるのか皆目見当つかないです。

強制香港ダッシュのおかげ?で
HX676沖縄行きに乗れてしまいましたとさ。
出発は8:10でした。
25分で大移動をしたことになりますね。

私は、眠ってない上に、重い荷物持ってましたんで、
貧血を起こして気分が悪くなる始末。

恐るべし、香港ダッシュでした・・・・

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 香港航空, HX, 香港空港, ダッシュ, 荷物,

2015年9月
1日目

MM921のピーチの飛行機は、
時間より早く台北桃園空港に着陸しました。
到着ゲートからは、歩いて入国審査へと向かいます。

台北の入国カードは機内で記入済。
トランジットで台北には12時間くらいの滞在となりましょうか。
次に乗るVairバンコク行きは21:10出発予定。
ホテルを記入する欄があるのですが、ここってトランジットだとどうなるのでしょう。
悩んだ末、適当なホテル名を記入しました。
帰国時は、ためしにtransitと記載してみたのですが、それはまた帰国時の記事にて。

写真と指紋を摂られたものの、
難なく通過。
荷物は機内持ち込みにつき、ターンテーブルはスルー。
税関もスルーし、
到着ロビーに出てきました。

半年前の3月にも来たばかりなので、
場所はわかっています。
両替を済ませ、荷物の一時預かりを探します。

地図を頼りに行きましたが、見当たらず・・・
「あれおかしいな・・・」
地図どおりに行くと外に出てしまう・・・あれ?

ピーチ機内で出会った、中国語堪能な沖縄出身の男の子と、
再び偶然出会ったので、聞いてみると、「わからない」とのこと。
一緒にインフォメーションへ行ってみると、そこのオバちゃんの係員日本語ペラペラでした・・

結果、外に出て、出発ロビー側に移すると、カウンターがあるので、
そこに預けられるとのことでした。
沖縄の男の子、オバちゃんありがとう。

というわけで、荷物を抱えたまま台北市内を歩き回るということは回避できたので、
早速バスに乗って台北市内へ向かうことにします。

バス乗り場へ移動し、
迷わず国光客運チケットカウンターで、台北駅まで125元の切符購入。
5番乗り場へ
バス番号1819
すでにアメリカンバスが待機してました。
国光号1

このバスは、結構古いですよ。
トランクに荷物がたくさん入るので、空港線に多く使われているバスとか。
国光号2

このバスに揺られて、
台北市内へ向かいます。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 台北市内, バス, 国光客運, アメリカン, チケット, 荷物,

2016年3月 
タイへ
7日目

リンピンビレッジで詰めした、
大きな段ボールを抱えて、
ソンテウですぐ近くのメーピン郵便局へやって来ました。
徒歩だと10分もかからないくらいですかね。

楽々歩いて来れる距離なんですが、
この重さの荷物を持つと、到底無理と判断し、
ソンテウをリンピンビレッジで呼んでもらいました。



メーピン局の前の道は一方通行なので、
一旦、ワロロット市場の方向へ回り込んで、
ターペー通りへ向かう感じで到着。

箱その1


結構な重さになった荷物郵便局へ運び込み、
早速ラベルに記入して、
ガムテープで補強していると、
郵便局のお姉さんが、「そのままでは送れないよ」
と教えてくれました。

よくよく話を聞いてみると、
私の聞いた限りでは、
に郵便とは関係ない印刷がされているとだめ」
みたいなことをおっしゃってました。
なんか、前に聞いたことがある話しのような・・・

てなわけで、
このはかなりぎゅうぎゅうにうまい事詰めてあったんですが、
悲惨なことに詰め替えることになりました。

幸い、メーピン局は広いので助かります。
を購入して、
詰めなおすも、金物屋のより一回り小さく・・・
どうやっても入りきらなかったので、
仕方なく、中型の箱をもう一つ追加で購入し、
なんとか詰め込みを完了しました。

船便にて2個口で発送。
船便は経験では2から3週間で到着するはずです。

いやあ、箱の詰め替え作業のため、
郵便局では思った以上に時間がかかってしまったのでした。

これで、荷物に会えるのは約3週間後となったわけです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : 郵便局, ソンテウ, , 段ボール, 船便, 荷物,

2016年3月
タイへ
7日目

いつもどおり、チェンマイ空港に到着すると、
ああ帰国するんだな・・・
という悲しい感覚になるのは何故でしょう??

空港の入口でチェックを受けて、
国際線の方に向かうと、
もの凄い数の某国の人々が、
スーツケースの中の荷物の詰めなおし作業をしており、
通路が完全にふさがっている様子。

こりゃ少し時間を空けたほうがよさそうだ・・・
と、先に軽く食事をとりました。

国内線の端っこのカオソーイ屋さんに入ります。
カオソイなら、市内で食べた方が・・・
とか思いますが、今回も時間がなかったなあと、
カオソイの辛さを味わいながら反省会です。
チェンマイ空港でカオソイ


食べ終わったので、
国際線エリアに向かってみると、
先ほどの多くの人々は、すでに出国審査に向かったのか、
かなり人が減っておりました。
よかったよかった。。。

V-Airのカウンターは、すでに開いており、
チェックインは非常にスムーズでした。
乗客もそんなに多くはない模様。

V-Airは機内持ち込み手荷物は、
合計2個までで、10kg以下と定められてるので、
それを厳格に守ったところ、
なんと1人9.4kgでした・・・危ない危ない。

LCCは超過料金取られたら、高くつきますから、
重さは厳重に調べておかないとですね。
次は、携帯用のデジタルハカリを買おうと思ってます。
LCCに搭乗する際には、我々のように仕入れ費削減してる人は、
必須のアイテムになることでしょう。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ空港, カオソイ, チェックイン, V-Air, 荷物, デジタルはかり,

2016年7月
仙台&東京
5日目


成田空港第3ターミナルの探検もひとまず終わったので、
GK311便の搭乗口付近で、座っていると、
ジェットスターの係員の方が来て、
「沖縄へ行かれますか?」と聞くので
「はい」と答えると、
「荷物の重さを量らせて頂きますので、ゲートの前までお越しください」
とのこと。

これは、自分たちだけでなく、
すべての人に声かけてました。

こちらは、重さは自前のデジタル秤で計量済みなので、
7KGは遵守してるから問題ないさというわけで、
ゲート前の秤に、大きなカバンと、小さいカバンの2つを載せると。。。
あれれ、7.5KGじゃあございませんか・・・

作戦では、連れが重い方を持つことにしてたんだが、
うっかり逆にしてしまったな・・・
これは超過料金か。。。
ならば、連れの荷物と持ち替えて7KG以内を証明しよう。
という考えが反射的に頭をよぎるが、
こんな考えの人は多いようで、
「7KG台ならば大丈夫です」と神のお言葉で見逃してくださいました。
ありがとうございます。

というわけで、荷物のチェックもありました。
これは、全便やってるんだろうか??との疑問も沸いてくるけれど、
沖縄路線は、リゾートに行く人が多くて、
荷物が重たくなる傾向があるのかなあ・・・
なんて考えてしまいました。

確かに、周囲を見回すと、
夕方18時過ぎに那覇に着くフライトにもかかわらず、
観光で沖縄を訪れるであろうという感じの方が、
多数搭乗されているなあとも、思いましたからね。

GK311搭乗口


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ジェットスター, 荷物, 7KG, 計量, 沖縄, リゾート, 観光路線,

2016年9月

名古屋からサムイへLCCで行く?その4

もう一つ、
裏技的になるのですが、
名古屋(セントレア)から香港までをHKエクスプレス
香港からバンコクをタイ・エアアジア
と分けて飛ぶ方法もあります。

HKエクスプレスは、よくセールもやってるので、
かなりの安さが期待できるかもしれません。
ただし、
料金は安くなるかもしれないけれど、
香港の空港で乗り継ぎ時間をたっぷりと取っておいたほうがいいです。

LCC同士の乗り継ぎですので、
何が起こるかわかりませんからね。
乗り遅れてしまうと、チケットはパーになり、
買い直す以外にありません。
当然、保証はないので、この部分は注意が必要ですね。

なので、
LCC同士や、LCCからの乗り継ぎの時は、
むしろ1泊するくらいの時間を取っておくのがちょうどいいかもしれません。

そのくらいの余裕がないと、
こうしたLCC同士の乗り継ぎは、厳しいかなとも思います。

私も、台北の空港で、
何度もLCC同士の乗り継ぎをやってますが、
運良く?大幅な遅延に巻き込まれていないので、
助かっているという面もありますね。
かなりのリスクテイクかとも思っております。

それにしても、
最近は、ベトナム航空とかが、
日本からタイまで安い料金を出してきてますから、
無理して、LCCで行こうとすると、
かえって荷物料金を取られたりして、高くつくというケースも見られます。

あまり変わらないのなら、
LCCじゃない、レガシーキャリアを選ぶというのも、
一つの方法ですね。

しっかりと調べることが肝要でしょうか。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : HKエクスプレス, 香港, バンコク, LCC, 乗り継ぎ, 荷物, 保証,

2016年9月

奈良での所用を済ませて、
またしても関西空港に戻って来ました。
タイの旅のことを書こうと思っているのに、まだ国内のこと書いてますね。
もう少しです。

これからタイへ向かうのですが、
忘れた物を追加で購入。
仕入に必須な電卓も購入。⇒仕入に行くのに何やってるんだか・・・
でもこれ、案外仕入には使わないのよね。

買うお店にたいて電卓はあるし・・・
しかし、
ダイソーの100円均一があるので、ついつい購入です。
便利ですね。
関空は、結構お店もそろっているので、
なにかと都合がよいですね。

スクートチェックインは、1時間前に締め切られてしまうので、
それまでには必ずチェックインしないといけません。
ウェブチェックインは、シンガポールでしかできないようなので、
カウンターに行くしか道はないです。

LCCは容赦なく時間で切りますから、
関空には、かなり早めに到着となりました。

カウンターに行ってみると、列はないのでラッキーです。
チェックイン時に機内持ち込み手荷物について聞いてみると、
7kgと3kgのもの2つで合計10kgとのこと。
3kgの部分について、特にパソコンでなければならないわけではないようです。
HPには、パソコンハンドバッグなどと微妙な言い回しになっているので、
聞いてみたわけですが、
少々神経質になりすぎてましたね。

中身がパソコンかどうかまでは、
調べていないようですので、
まあ、ハンドバッグ程度ならOKということでしょうか。
大きいほうが7kgという制限は、しっかりチェックしてるようです。

チェックイン後は、
早々に出国といたしました。
ところが、出国はガラガラでしたので、あっという間に通過。
セキュリティーもすぐに通過。
免税店エリアに抜けました。

久しぶりに関西空港に来ましたが、
免税店のあるエリアは、比較的賑わっておりました。
便数も以前よりは増えているのでしょう。

関空は、南北に細長い構造になっているので、
搭乗口を良く確認してから移動します。
途中に無料のシャトル電車も走っていますので、それを利用します。

スクートは、39番ゲートです。
向かいましょう。

出発待ちTZ297

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : スクート, チェックイン, 荷物, 7kg, 手荷物, パソコン, ハンドバッグ,

2016年9月
バンコク&台北
7日目


迪化街からタクシーで台北駅まで戻り、
徒歩でホテルリラックスⅡへ行く前に、
リラックスⅢにて無料コーヒーサービスを受けました。
これも宿泊者向けのサービスなので、
ありがたく頂くことに。
本当は、チェックアウトまでらしいのですが、
今回は特別だよということで、
フロントの綺麗なお姉さんにチケットにOKサインしてもらいました。
ありがとうございます。

ホテルリラックスⅢは、
カフェコーナーがあり、
ケーキも頂きましたよ。
ホテルリラックスⅢから


さて、荷物を作り直してホテルリラックスⅡを後にし、
台北西バスターミナルへ向かいます。
今はないバスターミナルでして、
桃園空港行きのバスは、現在台北駅の東三門に発着してますので、
お間違いのないように。

台北西バスターミナルは、
なんとなく地方のバスターミナルらしい雰囲気で、
どこか殺伐としたところもあって、
アジアらしいなあ・・・と好きだったのですが、
今は取り壊されて更地になってしまいました。

これが、台北西バスターミナルの見納めだったわけです。
そんなバスターミナルから、
いつものように國光号に乗って、
台北桃園空港へ向かいました。
125元。約1時間のバス旅です。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 台北駅, ホテルリラックス, コーヒー, サービス, 荷物, バスターミナル,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目


ドンムアン空港でタイライオンエアチェックイン。総合カウンターとなっているので時間かかる。


ドンムアン空港のチェックインカウンターへ。
乗り込むのは、タイライオンエアのフライトですが、
チェックインカウンターは行先別に分かれてるわけでもなく、
全便が同じ場所でチェックイン手続きをする仕組み。

よって、長い長い長蛇の列ができており、
1時間前に到着したのでは、ちょっと時間的に焦ることになるので、
今回は出発時刻の1時間半前には、ドンムアン空港に到着するようにしました。
DMK201704


国内線ターミナルは、
昔の第2ターミナルで、最近再オープンしましたね。
これで第1ターミナルの混雑はかなり解消されたのではないでしょうか。

まずは、タイライオンエアチェックインカウンターへ行ってみると、、
おおーやっぱりかなり並んでるね・・・
と想定通りだったので、
一番最後尾へ並んでみます。

係員が、出発間際に駆け込んでくる客のために、
30分後くらいに出発する便名をタイ語と英語で告知し、
優先的にチェックインさせている模様です。
まあ、行先の地名を言われたら、気が付くかと。
時間的にもやばくなってれば、焦ってるでしょうし・・・

結果、30分くらいで僕らはチェックインして、
荷物も預けることができました。
タイライオンエアは、15kgまでは無料で預け荷物にできるのが嬉しいところ。
15kgというのは非常に微妙なところで、
ギリギリのラインで荷造りしたんですが、
実際には、15kgを少々オーバーしていても、問題なく預けることができました。
というか、チェックイン時に計ってチェックしていないので、20kgでもOKだったのかも。。。

しかし、ここはタイのこと。
急に気が変わって量ったりすることがあるかもしれませんよ。

ちなみに、僕らは買付の際は、
重さにとっても敏感ですから、
ラッゲージチェッカーという、簡易式の手計を持っています。
デジタル式で、およその重さがわかるので、とても便利ですよ。




旅のお供に欠かせない存在ですね。
しかし、簡易式なので、15kgなら14.5kgくらいで
荷造りしておくのがポイントでしょう。
空港のはかりと、微妙に誤差が出るので、このくらいみておかないと危ないわけです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ドンムアン, タイ, タイライオンエア, バンコク, 荷物, チェックイン, ,

2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ(チェンマイ、バンコク)
8日目


久しぶりのタイ航空に搭乗 国内線だけれどね。CNX-BKK TG105

いつもは、LCCを使ってバンコクに戻るのですが、
今回は、仕入れの荷物が多いので、
荷物を気にしないでよいタイ航空にしてみました。
TG105バンコク行き表示

値段も早目に購入したため、そんなに高くはなく。
LCCよりはそりゃ高いけれど、まあ荷物つけると結構行くので、
とんとんより高いくらいかなということで妥結。

それに、LCCだと、ドンムアンに着くので、
無料バスで移動しなきゃなんないし、面倒だなあと思ったのも、
タイ航空にしてみた理由です。はい。

タイスマイルにするという選択もあったのですが、
値段的にタイ航空の方が安かったこともあります。
時間帯にもよるかもしれませんが、
こんなこともあるんですね。

で、チェンマイ空港には早目に着いてみました。
荷物が多いというのもあるんですが、
ロイクラトン明けで、
混雑するかもしれないのと、
チェンマイ入りする時の、タイライオンエアのこともあったので。

チェンマイの空港は小さくて好きなんですが、
旅行者が増えるとどうなるんでしょうかね。
新空港の建設も検討されてると聞きますが、
手狭になるので仕方がないのかなあ・・

久々の777-200_TG105


というわけで、久しぶりにタイ航空(TG)に搭乗です。
機材は、ボーイング777-200でした。
久しぶりのワイドボディ機材です。
いつもLCCで、A320ばかり、たまにB737ですが、
単通路の飛行機ですから、
機内に2本の通路があることは新鮮ですね。

TG国内線食事_


機内食も出ましたが、
サラダ?
パンとかの方がよかったなあ・・・
なんて思いながらもいただきました。
コーヒーは、この後に出てきましたよ。

チェンマイーバンコクのフライト時間1時間で、
これだけのサービスをしてくれるのですから、
有難い限りですね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : タイ, チェンマイ, タイ航空, 320, 737, 単通路, LCC, 荷物, タイスマイル,