FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版



2017年3月

ピーチが沖縄からバンコクに就航 バンコク・スワンナプームに深夜着をどう乗り切るか。その2



さて本題です。
ピーチでバンコクに着くと、
午前0時はまわって日付も変わっています。

ダウンタウン(バンコク市内)へ向かう一番簡単な方法が、
ARL(エアポートレイルリンク)ですが、
すでに終電が出て行った後で、始発は6:00頃。

市内へ向かうバスもありません。
あとは、タクシーしかないのですが、
一般タクシーは、深夜の利用はあんまり推奨できません。

よって、作戦はかなり限られてきます。

そこで、
1つ目
空港周辺のホテルに宿泊する。

ノボテルスワンナプームが徒歩で行ける場所にありますが、
値段がお高いので、
深夜到着で朝にチェックアウトでは、コスパが・・・
それに勿体ないかなあ・・・
なので、あんまりおすすめできません。
そこで、よくよく調べると、
スワンナプーム空港周辺には、送迎つきの格安ホテルがかなりたくさんあります。

Agodaなどの
ホテル検索サイトを開いて、
スワンナプーム空港で検索してみると、
出るわ出るわ。
いったいどこのホテルがいいのやらと、なりますね。

ポイントは、送迎が無料でついているところがいいですね。
私は、以前に、あるホテルで送迎を空振りしていますので、
口コミなどを見て、
ちゃんと深夜でも、空港にしっかり迎えに来てくれるホテルを探すのがよろしいかと。

今回、実際にタイに行きますので、
ピーチで到着後、泊まったホテルはどうだったのか?
ということをレポートしますので、
お楽しみに!

深夜に着いて、
安めの空港周辺のホテルへとりあえず寝場所を確保し、
ゆっくり休んだ後、空港まで送ってもらい、
翌日の午前中に市内へエアポートレイルで向かうのが、
お勧め方法の一つとなりましょう。

スワンナプーム国際空港周辺ホテルはこちらで確認


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : スワンナプーム空港, タクシー, ホテル, 送迎, エアポートレイル, 市内, バンコク,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
2日目


ライラック・リラックス・レジデンスは、かなり良かったです。送迎がしっかりしてるので安心

さて、ピーチで沖縄からバンコクへ飛んだ場合、
到着が深夜になるので、
そこからどうするのか・・・
という問題がありましたが、
とりあえず、送迎がしっかりしてるホテルに泊まっておけば、
空港にて待ちぼうけを喰らうこともないので、
安心ということがわかりました。

そのホテルの候補には、ライラック・リラックス・レジデンスが上がりますね。

ライラック・リラックス・レジデンスに実際に泊まった限りでは、
そんなに新しいホテルではないですが、
設備もきちんとしているので、
1泊だけして、チェックアウトするのであれば、
何の問題もないですね。
リラックレジデンス2


とにかく、送迎のシステムがしっかりしているので、
空港にて長時間待たされたりすることもなさそうです。
帰りも時間通り、空港まで送ってくれました。
本当は、近くのARLのラートクラバン駅まで送ってもらおうと、
リクエストしたのですが、
ちょうど同じ時間に、空港へ行くお客さんがいたので、
空港でお願い・・・となり、仕方なく了承。
空港まで送ってもらいました。
時間は約束どおり11時出発で、時間5分前に確認に電話が来ました。

朝食は、あんまり期待しないほうがよいですが、
空港で食べるとなると、また面倒でもありますし、
近くにコンビニもありましたが、
朝食できる屋台等は未確認ですので、
11時ごろ出発するのであれば、朝食はあった方かよいかもしれませんね。
ただし、
コーヒーがインスタントだったのは残念です。
紅茶を頼んだ方がいいかもしれませんね。

それと、近くに運河にかかる橋があり、
この橋は、とても狭いので、バイクと歩行者しか通れませんが、
スワンナプーム空港に着陸する飛行機を見ることができます。
それも、着陸前でかなり高度は低いですね。脚も出てます。
いろいろな航空会社を見ることができて、私にとっては楽しかったです。
風向きやその時の状況で使用滑走路が変わるので、
運悪く、飛行機が見れないこともあるかもしれませんので、ご留意のほど。
滑走路19Rに降りてくる場合は、よく見えます。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ライラックリラックスレジデンス, スワンナプーム空港, ピーチ, 深夜, ホテル, 送迎,

2017年6月
6月のタイへの仕入れ バンコクのみ
2日目


ほぼ定刻にピーチはバンコクに到着。入国は深夜なのに混雑してます。向かうはリラックライラックレジデンスホテル

ピーチは、ほぼ時間通りに、
バンコクスワンナプームに到着しました。
着陸したのは0:05くらいでした。
そのまま、E2ゲートまでタキシングしていき、
到着となりました。
1:15ぐらいでしたね。

ピーチの乗務員は、やはりこれから沖縄へ戻るみたいです。
客室乗務員は折り返し、
運航乗務員はバンコクステイとなるとのこと。

いやあ、激務ですなあ。お疲れ様です。


E2ゲートから徒歩でイミグレーションへ向かいます。
入国審査はかなりの行列になってました。
深夜の時間帯というのに、
到着するフライトが多いということでしょう。
遅々として進まない入国審査の列に並ぶのが我慢できないのか、
大声でなにやら喚く方もいて、入国審査の係官は大変そうでした。
中国大陸の人なのでしょうか??

こちらも早くしてほしいとは思うけれど、
こればかりは致し方ない話で、喚こうが泣こうが、
入国審査の処理するスピードが変わるわけではないんですけどね。

入国審査にかなりの時間を要して、
0:50過ぎに入国完了。
荷物はすぐにpickupできました。

次は税関検査ですが、
我々は普通にスルーできましたが、
たまたま大きな段ボールをいくつもキャリーに積んだインド人が居て、
彼はストップさせられていましたね。

最近税関検査が厳しくなってきてるらしいのですが、
もし、全員の検査となったら、もっと時間がかかるでしょうね。。

到着ロビーに出て、待ち合わせポイントの、
3番と4番の出口の間に行くと、
案の定、私の名前が掲げられてました。
名前とホテルを告げると、
「少々お待ちください」とのこと。
バンコク空港の待ち合わせ場所201706


今回は、待ち時間10分くらいでした。

1:15には、
リラックライラックレジデンスのバンがやって来ました。

夜道を15分くらい走って、1:30頃ホテルに着きました。

チェックインも無事完了で、やっと横になれます。

リラックライラックレジデンスは、送迎がしっかりしてるので、
安心感がありますが、ちょっと価格が高めの設定ですね。

毎回1:00頃に空港でトンタリゾートの人を見かけるので、
次回はトンタリゾートにしてみようかな。
だって、価格がライラックの半額になるんですもん。
ちょっと魅力的です。
しかし、かなり前にpickupされなかった経験もあるからなあ・・・


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : リラックライラックレジデンス, トンタリゾート, 待ち合わせ, スワンナプーム空港, バン, 待ち時間, 送迎,

2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ
2日目


到着後はトンタリゾートスワンナプームホテルへ。今回は待ち時間10分でした。

入国に思わぬ時間を取られてしまい、
税関を通り抜けて、
いつもの待ち合わせ場所へ。
トンタリゾートスワンナプームの札が張ってある近くの係員に、
「トンタに宿泊」と声かけると、
10分待ってとのこと。

いつも10分とか言っておいて、
20分以上だから、今日も同じでしょう・・・
と椅子もない通路に突っ立っていようかと、
長期戦を覚悟するも、
それは期待外れに終わり、たったの10分で
「トンター!」と呼びに来る係員の声が・・・
これを聞き逃すとホテルにたどり着けないので、
地獄耳が反応して、「ハイハイ」と合図。

こうしてトンタリゾートスワンナプームの迎えに来たバンに乗せられて、
10分くらいでホテルに到着と相成りました。
バンに乗る時も車体にトンタの文字が書いてあるか、
確認もしましたけれどね。
これやっとかないと、違うホテルの車に乗ってしまうこともあるわけで・・

同じバンに3組の乗客でしたが、
チェックインカウンターには1名のみ。
そりゃ深夜だから仕方がないか・・・

相変わらず適当なチェックインで、名前書いてパスポートチェックでおしまい。
いつも通り、明日の空港送迎の時間も聞かないし、
朝食の場所や時間も確認せず、「ポーターに運ばせるから待ってて。。」だって。
なので、
こちらから確認しておきました。「空港行きは朝10時ね」と。
あんまりあてにならないけれどね。

通された部屋は、本館でも別館でもなく、
その中間にある、離れみたいなところでした。
こちらには初めて案内されました。
エレベータなしの本館の上の階よりは楽かな。。

コテージ風な部屋が10部屋くらいあるところでした。
部屋の中は、本館と大して変わらずでした。
フロントから、30mくらいですから、
階段の上り下りをしなくてよいので、ある意味このコテージは楽ですね。

今日は疲れた身体を午前2時半(日本時間4:30)には、
休めることができました。

サービスも何もないけれど、
またこれがよいところです。
変にいろいろと世話焼かれるよりも、ほっとかれた方が自分は好きなので。。。
また、トンタリゾートスワンナプームホテルに泊まってしまいそうです。

トンタのタオルセット
部屋に行くと、このようにタオルがセットされてました。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : トンタリゾートスワンナプーム, 空港, バン, 迎え, 案内, フロント, 送迎,

2018年4月
タイへ仕入れの旅ピーチ利用
1日目

いつも通り、トンタリゾートスワンナプームへ移動。ホテルのバンを待って

イミグレを通過して、
税関を通過。

税関は、荷物が多いと抜き打ちで、
X線検査をされ、チェックされるらしいです。

我々は、荷物が少ないので、何も言われませんでした。


で、トンタリゾートの係員がいる場所へ。

到着ロビーの外へ出るドアに番号が書いありますが、
そのドア番号3番と4番の間に、
こうしたトランジットホテルの人が陣取っていて、
自分の目的のホテルの人に声を掛けると、
その人が、ホテルに連絡して、バンが来る仕組みです。

場所↓
スワンナプーム空港待ち合わせ場所201804


たまに、床の大掃除をしてる時がありますが、
その場合は落ち着いて周囲を見回すと、
必ず、ホテル名の札を持った人がいますので、落ち着いてくださいね。

5番のドア付近には、
ハイアットとか、シェラトンとか、
高級ホテルのpickupの係員がいます。
この場所から、もうちょい行ったところが、
3番と4番の間になります。

近くにコンビニもありますので、
水とか買ってから、
ホテルの係員に声を掛けてもいいですね。

本日も待ち時間は10分くらいでした。

タイミングによっては、
30分くらい待たされることもあるようですが、
私たちは15分くらいで、迎えのバンがやって来ることが多いです。

待つ場所には、椅子とかはないので、
突っ立って待つことになります。

バンが空港に近づくと、
「トンタ!」と係員が呼びに来るので、
聞き逃さずに、
で、呼ばれたら、ささっと着いていくと、
表にバンがやって来て、乗車。
ホテルへという手順です。

一瞬、不安になる迎えの方法ですが、
慣れれば、大丈夫ですよ。


トンタリゾート・スワンナプーム↓予約
https://www.agoda.com/partners/partnersearch.aspx?pcs=1&cid=1723306&hid=98998


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : トンタリゾートスワンナプーム, pickup, 送迎, バン, 待ち合わせ場所, スワンナプーム空港,