FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年4月
バンコク2日目(旅行自体は8日目)

プーカオトーン(ワットサケット)からのバンコクの景色は、
とても新鮮な感じでした。
次は、大きいブランコを見るために、
ワット・サケットへ向かいます。

ルートは、こちら→ルート地図
もちろん徒歩で行きますよ。
トゥクトゥクが勧誘してきますが、お断りしました。

テクテクと歩いていくと、
何やら、仏像関係のものを作っている店が多いなあと感じます。
額縁とか、小さな彫り物をしているお店もありました。

さらに、運河を越えて、
遠くに大ブランコが遠望できるようになる通りに差し掛かると、
この通りは仏像問屋であることが判明しました。

歩道に所狭しと並べられる仏像の数々。
中には、かなりリアルな僧侶までもいました。
僧侶はかなりリアルなので、うちにいたら本物と間違えてしまいそうです。

金ぴかの仏像に、色を塗ったり、
いろいろと施している様子も見えて面白いですね。
これ売り物の仏像です。↓
BKK売り物の仏像です


しかし、これだけの数の仏像に需要があるのだろうか・・・
と思ってしまいましたね。
仏像って買い換えるものでもないだろうし、
一度購入したら、もうずっとその場所に安置というイメージなんですが、
タイではどうなっているのでしょうか。
興味深いところではあります。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 仏像問屋, タイ, 仏像, 僧侶, 需要, バンコク,