fc2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2017年8月

LCCの香港エクスプレス航空が、名古屋(セントレア)-グアム路線を開設

またまた、LCC情報ですが、
香港エクスプレスが、名古屋-グアム路線を開設。
UO名古屋グアム新路線

UO56 名古屋/中部(13:00)⇒グアム(17:50)/火・木・土
UO57 グアム(19:10)⇒名古屋/中部(22:10)/火・木・土

このようなスケジュールで、週3便。
10月29日の冬スケジュールからの運航を開始とのこと。

沖縄からだと、あんまり意味のない路線に思われますが、
そんなことはないですよ。

沖縄にいるとどうしても、
リゾート路線はいいやという感覚にとらわれがちですが、
やはり海外のリゾートも見ておくのは、
面白いし、いろんなアイデアも浮かぶと思うんですね。
なので、行ってもらいたいなあ・・・なんて勝手に思ってます。

例えば、
沖縄から行く場合、
このHKエクスプレスのスケジュールだと、
名古屋で前後泊が必要になりますね。

香港エクスプレスは、チェックインが1時間前で締め切りなので、
行きは13:00発なのでチェックイン締め切りが12:00。
となると、沖縄から接続できるフライトがありません。
なので、前日の遅い便で入るしかないです。

また、帰りも、名古屋着22:00と遅いので、
その日は空港で眠るか、空港近隣と言っても限られますが・・・に1泊して、
翌日の朝の便で帰るしかないですね。

逆に名古屋の観光尾を兼ねたり、
美味しい何かを食べて、
翌日グアムへ。
で、グアムでリゾートを楽しんだ後は、
また名古屋で眠ってから、沖縄へ戻るというのも、
一つの方法ですね。。

金曜日 沖縄⇒名古屋
土曜日 名古屋⇒グアム
日曜日 グアム
月曜日 グアム
火曜日 グアム⇒名古屋
水曜日 名古屋⇒沖縄

こんな旅行日程が思いつきました。
週3便しかないので、出発日によっては、
グアム滞在が長くなったり、短くなったり、組みにくいですね。

HKエクスプレス(UO)はよくセールもやってるので、
ホームページをよくチェックしておいた方がいいですね。
場合によってはかなり安くなるかもしれません。
この場合は、名古屋まで行く方が高い可能性もあり・・・

なお、UO(香港エクスプレス)は、以前沖縄那覇に飛んでましたが、
今は、沖縄県内路線としては、石垣島から香港への路線のみとなってます。
那覇-香港に復活してくれないかな。。。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : UO, 香港, 那覇, グアム, 中部, セントレア, 名古屋, セール, 香港エクスプレス, ,

2022年10月

沖縄からタイへの道 沖縄那覇からの国際線 香港エクスプレス香港航空のこと。

前回は、台湾を経由してタイへ飛ぶという方法を考えましたが、
もう一つ香港を経由する方法もあります。

早く、もっと多くの沖縄那覇空港の国際線が復活しないかなと思っていたのですが、
ようやく、10月16日から香港エクスプレス(UO)が復活して就航を開始しています。

週4便で香港から。
UO820 HKG7:05 OKA10:40
UO821 OKA11:35 HKG13:15

そして11月からはデイリー運航になり、
ダイヤも若干の変更があると。

さらに、香港航空(HX)も11月から沖縄路線を復活し運航を予定。
こちらは週3便体制。

これで、香港経由でタイに行く選択肢が増えてきます。
かなり前にこの香港航空を使ってタイに行ったこともあります。
なかなか面白い経験をしましたが。
それはさておき、
選択肢が増えたところで、
これらの便を使ってタイにいくらで行けるのだろう?と値段を調べてみるとこれまたびっくり価格でして、
以前のピーチがOKA-BKKを格安運航していた時代が懐かしく感じられます。

香港エクスプレスに関しては、
HKG-CNXというチェンマイへ飛ぶ路線もあるので、
バンコクを通らずに香港から直接チェンマイへ行くことも可能です。
バンコク経由にするとタイ国内線のチケット代金も考慮に入れねばならず、
また、日本到着後も福岡。成田、関西などを選ぶのであれば、
沖縄へ戻るチケットも必要となるので、
総額で考えないといけませんね。
これがまた面倒ではある・・・

なので、沖縄からチェンマイへ行きたいと思ったり、チェンマイから直接沖縄へ帰って来たいと思ったら、
こうした海外から直接沖縄へ飛んでくる便を使うのも現実的な方法ですし、
トータル金額としてはかえって安くなるというケースもあるかもしれませんね。

香港エクスプレスなら、
行きはOKA-HKG-CNX
帰りはBKK-HKG-OKAとチケットを予約する方法もありです。
オープンジョーってやつですね。
CNX-BKKは、適当な航空会社を見つけるしかないですが。。

香港エクスプレスはLCCなので、
荷物料金も別にかかり、荷物がある場合はどんどん料金が嵩んできます。
それに、燃油サーチャージもかかります。
それも区間ごとに加算されていきます。
なので、荷物がある場合はFSCである香港航空(HX)の方が安く済むケースもあるかもしれませんね。

荷物の有無もありますが、
日にちでも料金が変動するので、
一番効率的で最安の日にちを探すのって、
なかなか一筋縄ではいきませんね。
ひたすら調べるしかない。

HXの機体


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 香港航空, 香港エクスプレス, 沖縄, 香港, 那覇, LCC, 荷物, 最安, バンコク, チェンマイ,

2022年12月

沖縄からタイへの道 香港航空編 

いよいよ年末になってきましたが、
相変わらず、噂のタイ・エアアジアがバンコク-沖縄路線開設の話は聞こえてこず、
そんな話は立ち消えになってしまったかのようですね。

いつ開設されるかわからないので、
それを待つわけにもいかず、
沖縄からどうやってタイに行くのが効率がいいか、
暇な時間を見つけては、いろいろ思案しております。

最近は、
沖縄那覇空港発着の国際路線がだいぶ増えてきて、
成田や関西、福岡などを経由しなくても、
台北や香港などを経由してタイに行くことができるようになってきました。

航空会社としては、
香港経由だと、
・香港航空(FSC)
・香港エクスプレス(LCC)
の2社が沖縄那覇に就航を再開させています。

今回は、香港航空でバンコクに行くとなるとどうなるか見てみましょう。

出発日を3月15日
帰国日(現地出発日)を3月23日と設定した場合
202212HXOKABKK_convert_20221217150505.jpg

往復で68,370円とでました。
燃油サーチャージなども込み価格です。

所要時間と時間帯ですが、
往路は、16時に沖縄を出発して、乗り継いで20:55バンコク着。
この時間なら、順調に行けば、市内のホテルに23時には着けるかなということで、まあ問題ないでしょう。

復路は、バンコクが午前2時と遅めだけど、まあ仕方がないか。
香港での待ち時間も長いけど、もし遅延したとしても安心ということで。
香港空港内を探検することになると思いますが、それはそれでいいかなと。

値段もこの時期にしては手頃かもです。
JALやANAなどはもっと高いし、
タイ航空(TG)に関しては沖縄発の設定がないような。よって国内線は別切りと。

沖縄から出発だと、福岡や成田、関西経由にした場合は、
国内線料金がプラスされて、LCCの場合は荷物代もさらにプラスと、
そうなってくると、FSCの方がいいんじゃないかという結論になったりするんですね。

手ぶらで、7kg以下に荷物をまとめられる人は、LCCでもいいですが、
我々は仕入れという仕事上、どうしても荷物を付けないといけないので、
LCCが割高になりがちなんですね。
なので、FSCの方がよいかもということで、
常に運賃計算をしてるわけですね。

沖縄からタイに行くのに香港航空は、利用価値が高そうです。
それに、
12月15日から沖縄-香港は毎日運航(デイリー)になった模様です。

次は、香港エクスプレスでも調べてみようかな。

HXカウンター513



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 香港航空, FSC, 那覇, 沖縄, バンコク, 香港エクスプレス, 香港, LCC,

2023年1月

ブログを書こうと思っているうちに、
タイへ行って来てしまいましたが、
忘れないように記録として、記憶をたどって書いていきますね。

前回は、行きのチケットをいきなり買ってしまったという話でした。
で、帰りはどうするの?ということでしたね。

帰りはチェンマイから沖縄へ戻ることになるので、
いきなり台湾か香港へ飛んで、沖縄へ直接入れば、
飛行機に2回乗るだけで済むし、飛行時間も少なくて済むと考えて、
そのCNX→OKAのルートを模索していましたが、
帰国時期が春節と重なりやすいチケットがなかなか出てきません。

チャイナエアラインもチェンマイー台北線の就航を開始とのことで、
このルートかなり気に入ったのですが、
料金的に折り合わず、泣く泣く見送ることに。。
台北でどうしても1泊せねばならず、その点はとてもいいのですが。。。

次に香港エクスプレスも候補に挙がりましたが、
金額が高すぎて、これならタイ航空で福岡へ来た方がはるかにましとなり却下。
荷物も2区間分かかるし、燃油サーチャージも。。
5月とかかなり先なら、それなりに安い日もあるのですが。。。

やはり、チェンマイからバンコクを経由して帰る以外になさそうです。

次に香港航空も候補に挙がりましたが、
片道だと高くなるので却下と。惜しい。。
往復で買えば、荷物も20kついて気にしなくてよいのでそれなりの料金かなと思います。
次は考えてもいいですね。

スカイスキャナーで調べると、
どうしてもタイ・エアアジアで福岡を廻るのが一番安いと出てきます。

タイ・ベトジェットエアも検討しましたが、
荷物を付けると、どうしても金額が上がるのはLCCの宿命ですね。
あとセールじゃないからやや高めの運賃設定です。

我々は仕入れがあるので、どうしても荷物の付加は必要になるので、
それならばFSCの方がいいかとも思いますが、
今度は値段が・・・
それに福岡や大阪、成田に着いても、
また沖縄へ戻る費用も必要になります。

まったく頭が痛い・・・

で、検索しつつ彷徨っていると、
ある時、
タイ・エアアジアの福岡行が急に安くなったのを発見。
早速、ぽちっとしてしまいました。

かなりしぶとく検索していたのが、通じたのか、
とにかくこれでタイの往復チケットが決定です。

結局、往復ともに
タイ・エアアジアを利用。
よって往復ともに福岡経由となりました。

あとは、
福岡往復の航空券、
タイの国内線の航空券、
ホテルやレンタカーなどの手配がありますが、
行と帰りが決まったので、何とかなるでしょう。

次回は出発前のドタバタを書きます。



モーチット駅からの眺め201804




Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル 特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : バンコク, チェンマイ, 台北, 香港, LCC, 香港航空, タイエアアジア, ベトジェットエア, 香港エクスプレス, 荷物,