FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2016年6月

HKエクスプレスが石垣島に就航しました。
区間としては、香港-石垣で、
6月16日に就航開始。
まずは、木曜と日曜の週2便体制。
7月5日からは火曜日も入って、週3便の体制になる模様。

フライトスケジュールを見ると、
夕方に石垣島を発着する時間帯で組まれているので、
香港から石垣島へのインバウンド需要を見越したものとの察しは付きますね。

値段は、8600円(片道)の日もあったりしました。(6月19日時点)
組み合わせれば、石垣島の方が海外へ出るのによいきっかけになるのでは、
と思いました。
HKEXISG

すでに、チャイナエアラインが、台北-石垣には就航しており、
石垣への国際線としては2路線目となりますが、
なにより、石垣島の人も香港へ行く利便性は高まりますね。
今までは那覇経由か台北経由しか選択できなかったのですから。
さらに、今回はLCC就航ということでまた違った風を巻き起こしてくれることに期待しましょう。

それにしても、
一昔前、昔香港エクスプレスは香港-那覇に就航していたと思いますが、
なぜ、レガシーの香港航空に変わってしまったのでしょうね。
LCCが就航した方がよい区間なのでは・・・と勝手に思ってしまいます。

安く何度も旅をしたい者にとっては、
LCCがどこに就航するかは、非常に楽しみなことなのです。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : LCC, 石垣, 台北, HKエクスプレス, 香港, チャイナエアライン,

2016年9月

名古屋からサムイへLCCで行く?その4

もう一つ、
裏技的になるのですが、
名古屋(セントレア)から香港までをHKエクスプレス
香港からバンコクをタイ・エアアジア
と分けて飛ぶ方法もあります。

HKエクスプレスは、よくセールもやってるので、
かなりの安さが期待できるかもしれません。
ただし、
料金は安くなるかもしれないけれど、
香港の空港で乗り継ぎ時間をたっぷりと取っておいたほうがいいです。

LCC同士の乗り継ぎですので、
何が起こるかわかりませんからね。
乗り遅れてしまうと、チケットはパーになり、
買い直す以外にありません。
当然、保証はないので、この部分は注意が必要ですね。

なので、
LCC同士や、LCCからの乗り継ぎの時は、
むしろ1泊するくらいの時間を取っておくのがちょうどいいかもしれません。

そのくらいの余裕がないと、
こうしたLCC同士の乗り継ぎは、厳しいかなとも思います。

私も、台北の空港で、
何度もLCC同士の乗り継ぎをやってますが、
運良く?大幅な遅延に巻き込まれていないので、
助かっているという面もありますね。
かなりのリスクテイクかとも思っております。

それにしても、
最近は、ベトナム航空とかが、
日本からタイまで安い料金を出してきてますから、
無理して、LCCで行こうとすると、
かえって荷物料金を取られたりして、高くつくというケースも見られます。

あまり変わらないのなら、
LCCじゃない、レガシーキャリアを選ぶというのも、
一つの方法ですね。

しっかりと調べることが肝要でしょうか。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : HKエクスプレス, 香港, バンコク, LCC, 乗り継ぎ, 荷物, 保証,

2017年2月

ピーチは8月までは沖縄ーバンコク線の就航決定。これで行き帰りともピーチでチケット買いました。

MM_BKKOKA20170306
ピーチのHP検索より抜粋


なかなか3月26日以降の夏ダイヤの発表が、
バンコク-沖縄路線で発表されなかったんですが、
ようやく、8月までの運航が決まったということで、
この3月に予定してるタイの仕入旅行のチケットで、
バンコク⇒沖縄分を購入しました。

帰りは、ソンクラン前になってしまう関係で、
少し料金は上がってしまいましたが、
行きはセール運賃で、片道だけ先に購入という荒技に出ていたので、
もしもの場合は、帰りは、香港経由か台湾経由にしようかなあ・・・
などと考えていた矢先だったので、
ピーチさん運航を決めてくれてありがとうございます。

沖縄からだと、
タイに行く際にどうしても経由となり、
仕入コストが上がるという要因にもなっていたので、
ピーチのバンコク就航は本当に助かりますね。
しかも直行で乗ったらバンコクなわけですから、
それは大きな話です。
深夜着でも、なんでもOKですからね。

今後は、どうなっていくのでしょうか。
ピーチはANAの子会社化となったらしいので、
新たな路線再編があるんじゃないかなとも思います。
まあ、私の勝手な予想なんで、気にせずに。

ただ、もし沖縄ーバンコクが万一運休とかなっても、
台北ーバンコクには、ピーチが就航してほしいなあ・・・
バニラもホーチミンへ飛んでるから、
バニラエアもバンコクへ飛ばないかなあ・・・
などと、自分勝手に考えております。

とにかく、沖縄から東南アジアへの、
LCCルートを残していただきたいものです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ピーチ, バニラエア, 沖縄, バンコク, 就航, 8月, LCC, 経由, 台北, 香港,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目


チェンライ空港を見物の後、プリペイドタクシーにて市内へ移動 

タイライオンエアのフライトで、
ドンムアン空港から1時間ほどで到着となりました。チェンライ空港。
CEI到着201703

飛行機はちゃんとタラップにつながれ、
最後の方で降りてみると、
もうすでに、CAの方たちは折り返しの準備をしておりました。
さすがはLCC、効率的ですね。

ターミナル内に入ると、
民族音楽の演奏でお出迎えがありました。
ちょうと、荷物の出てくるターンテーブルの前で、
楽隊が音楽を奏でて歓迎を表明しており、
和やかなムードになっていました。

荷物も10分としないうちに出てきて、
人がいなくなると、演奏終了という形をとっているみたいで、
フライトが到着したら、これを毎回やるのでしょうね。
着いたのは、午後の14時だったので、少々疲れ気味の感もありましたが・・・
お疲れ様です。
CEI歓迎


空港の到着ロビーへ抜けてみると、
チェンライ空港もなかなか大きいではないか。。
と思いましたよ。
もっと、田舎の空港を予想してましたが、
チェンマイの空港を少し縮小させた感じでしょうかね。
お店もたくさんあるし。。

国際線も最近は、週2便ながら香港エクスプレスが香港から飛んできてるみたいだし、
昆明からもフライトがあるそうで、
増加する旅行者に対応しているんでしょうね。

しかし、この14時すぎの時間帯は、
フライトの空き時間となったのか、
人もまばらな状態でありましたが・・・

我々は、チェンライ市内へと向かうべく、タクシーカウンターへと導かれます。
公共のバスとかはないので、
タクシーしか選択肢はない様子です。
カウンターでチケットを購入し、お金を払うと、ドライバーが車に案内するというシステムです。

市内まで200バーツとのこと。
何か高いなあ・・とぼやくと、協定料金とのことでしたので、
ぼったくりではないようでした・・・


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : タイライオンエア, チェンライ, 空港, タクシー, 音楽, 民族, 香港,

2017年8月

LCCの香港エクスプレス航空が、名古屋(セントレア)-グアム路線を開設

またまた、LCC情報ですが、
香港エクスプレスが、名古屋-グアム路線を開設。
UO名古屋グアム新路線

UO56 名古屋/中部(13:00)⇒グアム(17:50)/火・木・土
UO57 グアム(19:10)⇒名古屋/中部(22:10)/火・木・土

このようなスケジュールで、週3便。
10月29日の冬スケジュールからの運航を開始とのこと。

沖縄からだと、あんまり意味のない路線に思われますが、
そんなことはないですよ。

沖縄にいるとどうしても、
リゾート路線はいいやという感覚にとらわれがちですが、
やはり海外のリゾートも見ておくのは、
面白いし、いろんなアイデアも浮かぶと思うんですね。
なので、行ってもらいたいなあ・・・なんて勝手に思ってます。

例えば、
沖縄から行く場合、
このHKエクスプレスのスケジュールだと、
名古屋で前後泊が必要になりますね。

香港エクスプレスは、チェックインが1時間前で締め切りなので、
行きは13:00発なのでチェックイン締め切りが12:00。
となると、沖縄から接続できるフライトがありません。
なので、前日の遅い便で入るしかないです。

また、帰りも、名古屋着22:00と遅いので、
その日は空港で眠るか、空港近隣と言っても限られますが・・・に1泊して、
翌日の朝の便で帰るしかないですね。

逆に名古屋の観光尾を兼ねたり、
美味しい何かを食べて、
翌日グアムへ。
で、グアムでリゾートを楽しんだ後は、
また名古屋で眠ってから、沖縄へ戻るというのも、
一つの方法ですね。。

金曜日 沖縄⇒名古屋
土曜日 名古屋⇒グアム
日曜日 グアム
月曜日 グアム
火曜日 グアム⇒名古屋
水曜日 名古屋⇒沖縄

こんな旅行日程が思いつきました。
週3便しかないので、出発日によっては、
グアム滞在が長くなったり、短くなったり、組みにくいですね。

HKエクスプレス(UO)はよくセールもやってるので、
ホームページをよくチェックしておいた方がいいですね。
場合によってはかなり安くなるかもしれません。
この場合は、名古屋まで行く方が高い可能性もあり・・・

なお、UO(香港エクスプレス)は、以前沖縄那覇に飛んでましたが、
今は、沖縄県内路線としては、石垣島から香港への路線のみとなってます。
那覇-香港に復活してくれないかな。。。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : UO, 香港, 那覇, グアム, 中部, セントレア, 名古屋, セール, 香港エクスプレス, ,

2017年8月

ピーチが沖縄-香港路線を休止??

毎日、旅行ネタはないかと、
いろいろとチェックしていると、
ピーチが沖縄-香港路線を休止するとの知らせがありました。

ピーチ搭乗201603


ピーチは、週3便にて沖縄-香港路線を運航してますが、
それを夏スケジュールが終わる10月28日をもって運休するようですね。

運休だから廃止ではないと思うのですが、
果たして復活はあるのでしょうか。

この路線は、他に香港航空とキャセイドラゴン航空が飛ばしてますが、
LCCではないので運賃はそれなりということになります。

昔は香港エクスプレスが飛んでましたが、
香港航空に移管されてしまったようで、
沖縄-香港路線は、LCCには不向きな路線なのでしょうか。

しかし、ピーチも週3便では、
他のレガシーキャリアが毎日運航してるので、
勝負にならなかったのかもしれませんし、
勝負して、毎日運航にしても採算性が良くないと判断したのでしょう。

いつかはピーチを使って香港経由でチェンマイやバンコクに行く日が来る。
(香港-チェンマイ・バンコクは、エアアジアか香港エクスプレスを使用)
と期待していたのですが、
その夢は断たれてしまいました。

沖縄在住の私にとっては、
LCCの路線が一つ消えるというのは寂しい限りですが、
沖縄を拠点とするピーチには、
新たな路線を開拓していただけるよう、期待してみたいですね。

個人的には、
沖縄-仙台
沖縄-チェンマイ
なんていう路線ができると面白い!
なんて自分勝手な妄想をしております。

また、ピーチは海外拠点を作る計画もあるようなので、
今後、どんな路線展開をしてくれるのか、
とても楽しみですね。
沖縄発着の国際線は果たして増えるのか??

これで、沖縄発着のピーチの路線は、
国際線は、台北 ソウル バンコク の3路線。
国内線は、関西 福岡 の2路線。
合計5路線となりますね。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ピーチ, LCC, 沖縄, 香港, 仙台, 海外拠点, 拠点, 国際線,