fc2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2023年1月

またしてもドンムアン空港へはA2バスを利用 

チェンマイへ移動する日。
厳密には、チェンマイでレンタカー借りて、
自分の運転でランパーンへ向かう日なんだけれど、
今回もチェンマイまでは飛行機で移動。
お世話になるのは、ノックエア。

NokAirはかなりの確率で、
バンコクチェンマイの移動で乗ってますが、
その日の運賃によってタイライオンエアになったりします。

なぜか、エアアジアを使うことは少なかったですね。

ノックエアはドンムアン空港の発着なので、
来た時とは反対に、A2バスで空港へ向かいます。

ただA2は、30分間隔で運行されてるようですが、
戦勝記念塔の発着時間が読めないので、
どうしようかと思っていたんですが、
ViaBusというアプリでA2の運行状況を追いながら、
戦勝記念塔の発着を見極めてバス乗り場へ向かい、
うまいこと、良いタイミングでA2バスをつかまえることができました。

IMG_20230111_144015612_HDR_convert_20230317123406.jpg

ViaBusはリアルタイムでバスの位置がわかるので、
自分の乗りたいバスを見つけて間に合うかどうかわかるので、
便利に使いこなしています。
ただ、現在位置に関しては対応してない路線もあります。

もし、A2の間隔が開いていて、
うまいこと乗れそうにない場合は、
戦勝記念塔(アヌサワリー)からBTSに乗ってモーチットまで行き、
そこからA1バスに乗り換えてドンムアン空港へ向かう段取りでした。

A2バスは、モーチットから
BTSの高架の真下を走って来るので、
ルートは変わらないけれど、渋滞に巻き込まれるので、
所要時間としては差が出てきますね。
BTSを使った方が全然早い場合もあるかと。
まあ、タイミングによりますがね。

最近開通したレッドラインでドンムアンに行ってみたいけど、
戦勝記念塔からだと、始発のバンスーまでの移動が面倒なので、
ついついこのルートになってしまいますね。

それに、バスだと、
空港のターミナルの前まで行くので、
歩かずに済むのも魅力的です。
レッドラインのドンムアン駅は空港まで距離があるらしいので。

この日は、
戦勝記念塔からドンムアン空港まで、
40分くらいで到着しました。
意外と道路が空いていた。

驚いたのは、
戦勝記念塔からモーチットまでの間で、
区間利用者が多かったこと。
空港まで乗らないで区間利用とは。。
そんな役割もこのバスにはあったんですね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ドンムアン空港, A2バス, アヌサワリー, 戦勝記念塔, モーチット, レッドライン, BTS, ViaBus, NokAir, ノックエア,

2023年8月

ドンムアン空港から市内へのアクセス A2バスを利用

福岡からのタイエアアジアFD237は、
予定通り定刻にバンコクドンムアン空港に着陸。

国内線側にスポットに横付けされた。
この後は、国内線の運用に入るのだろう。

国内線側に着いたものの、
導線は国際線側に導かれており、
ちょっと歩くとすぐにイミグレに出た。

この時間帯は、到着便が重なっているのか、
入国は列が少し伸びていたものの、
10分程並んで無事に入国を果たす。

入国カウンタを抜けて階下に降りると、
荷物のターンテーブルは回っているものの、
まだ荷物は出てきてない様子。

結局、
荷物をゲットして、外に出るまで、
降機してからおよそ25分くらいだったであろうか。
まあこんなもんでしょう。。

荷物をピックアップして
税関を抜けると、送迎のミーティングポイントがある。
左側に抜けて、6番出口を出ると、すぐのところにエアポートバスの乗り場があり、
このバスに乗ってバンコク市内へ出ることができる。

IMG_20230823_125713653_convert_20231206150105.jpg


バスの系統は4つあります。

IMG_20230823_125657014_convert_20231206150554.jpg

A1:ドンムアン空港~BTSモーチット駅(MRTチャトゥチャック公園駅)~モーチットバスターミナル
運行時間:6:50~24:00 料金:30バーツ

A2:ドンムアン空港~BTSモーチット駅(MRTチャトゥチャック公園駅)~戦勝記念塔
運行時間:04:30~22:00 料金:30バーツ

A3:ドンムアン空港~プラトゥーナム~BTSラーチャダムリ駅~ルンピニー公園
運行時間:04:30~22:00 料金:50バーツ

A4:ドンムアン空港~ワット・チャナソンクラーム前(カオサン通りそば)~王宮前広場
運行時間:04:30~22:00 料金:50バーツ

IMG_20230823_125706534_convert_20231206150125.jpg

我々は、戦勝記念塔のあたりに宿をとっているので、
A2の利用が多い。

A1バスは一番頻発していて、(多分10分毎くらい)すぐに乗れるが、
モーチット駅までしかいかないので、
そこからBTSや地下鉄に乗り継いで市内へ向かう場合は、
すぐにA1に乗車してモーチットへ向かうのがよいと思います。

戦勝記念塔まで行くのに、A1でモーチット乗り換えしてBTS利用もいいけど、
荷物もあるので面倒くさいし、お金もかかるので、
A2バスにいつも乗ることにしている。
時刻表上では最大で30分待てば来ることになっているようだが、
今のところ30分も待ったことはない。
運転間隔はかなりアバウトな感じである。
あんまり待っても来ないなら、A1でモーチットへ向かいBTSを利用するだけのことなので、
そこらへんは臨機応変に。

A2のバスは、モーチットまでは高速道路を走行してあっという間に到着するけど、
モーチットから戦勝記念塔までは、
BTSの高架下の一般道をひた走り信号も多くて渋滞気味で、
モーチットから戦勝記念塔まで、下手すると30分くらいかかるかも。
まあ、のんびり行こう!ということで。
渋滞なんて我慢できない!という場合には、
途中のBTSの駅から高架電車のご利用がおすすめです。

つづく

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル 特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : A2バス, エアポートバス, ドンムアン空港, 路線バス, BTS, モーチット, 安く移動,

2023年8月

ドンムアン空港へはA2バスにて移動 レッドラインで行きたいけど。

戦勝記念塔のホテルに宿泊していたので、
チェンマイへ向かう飛行機に乗るためにドンムアン空港へ向かう。
来た時と同じくA2のエアポートバスを利用。

A2バスの乗り場は戦勝記念塔の北側、
歩道橋にエスカレータはないので階段で荷物の上げ下げをしなければならないことを除き、
VIXホテルからは、
快適にバス乗り場まで、すぐに移動することができた。

いつも通りViaBUSというアプリを使って
A2バスの動きをリアルタイムで追っていて、
狙いを定めてあるので、バス停での無駄な待ち時間は最小限に抑えるようにしているが、
バスが異常に早く到着したりと、なかなか難しいが。。。
これも慣れでしょうね。

A2バスにバスに乗り込みさえすれば、
40分くらいでドンムアン空港に到着する。
モーチット駅も経由するので、A2バスのタイミングが悪ければ、
モーチットまでBTSで移動に切り替えて、
モーチットから本数の多いA1バスに乗り継ぐこともできるので、
臨機応変に対応していこうと。

この写真は、モーチット駅のバス乗り場。
BTSの駅の下です。
IMG_20170326_180559_convert_20231221143750.jpg

そんなかんだで、あっという間にドンムアン空港まで移動。

モーチットを出発したバスは高速道路に入る。
高速道路を走行中に左側に並行してる電車の高架が見えてくるが、
最近開通したレッドライン。
新しい路線なので乗ってみたいと思うのだが、
なかなか機会に恵まれない。

1996年頃の昔に作られた高架の橋桁は、
高速道路とレッドラインの高架の間に使われずに廃墟のように残っている。
この中途半端な廃墟と化した橋桁は、再利用されなかったんですね。
ある意味安心ではあります。
レッドラインは新たに建設された橋桁の上を通っていますので。

わかりにくいけど、
よく見ると橋桁だけ残されている。↓
P_20190713_093055_convert_20231221144119.jpg


このレッドラインだが、利用しようと思うとまず、バンスー駅発着なので、
我々のエリアからだと使いにくい。
それに、ドンムアン空港駅到着後もターミナルまで結構な距離を歩くことになるらしく、
これなら、A2バスとかでターミナルに横付けしてもらった方が楽だしな・・・
という考えに行きついてしまう。。。

新たに開通したレッドライン。
乗車機会は果たして訪れるのだろうか。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : BTS, 戦勝記念塔, A2バス, 乗り場, モーチット, ドンムアン空港, レッドライン, 橋桁廃墟, ,