FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2011年6月

チョンノンシー駅に到着。
スワンナプーム空港から約50分くらいでしょうか。
インドからのフライトがかなり揺れたので、その疲れか朦朧としたままのチェックインとなりました。

日本から予約をPPtoursを通じて入れていたので、
そのまま駅から降りてThe Heritage Bangkokへ直行。
本当に駅から近いのですが、BTSの駅が高架であるために、
地上に降りる経路が限られてしまい、遠回りを余儀なくされる。
ホテルは見えているのに・・・・
昇りのエスカレーターしかない階段を下りでも使いたいと思いました。
(実際に行くと本当にそう感じますよ)

The Heritage Bangkokはシティホテルのような少し洒落た構造のホテル。
アーリーチェックインできてラッキーです。
しかも朝食付きでしたので後でいただくことにして、さっさと部屋に入りました。
部屋のグレードはデラックスです。本当はもう一つ安いスーペリアがよかったんですが、
満室とかで取れませんでした。

部屋は空調は完璧に効いていて、バスルームもベッドも清潔。
ただちょっと室内の照明が暗いのが難点ですかね。
カーテンを開ければ外の明かりも入ってきますが、
隣のマンション?から丸見えになるので、カーテンは開けられず・・・

このホテルは駅からも部屋が見えそうでしたから、
カーテン全開にできる部屋が少ないのかもしれませんね。
まあそれ以外は快適でしたので、部屋で寛ぐうち、いつしか眠ってしまいました。
時計を見ると11時30分。
「あーあ朝食逃した~」
アーリーチェックインに含まれていた朝食を逃してしまいました・・・
「あーあ勿体ないことした~」と悔やまれるも仕方がありませんな。

まあ、近所の屋台でバミーでも食べることにしますかね。
ということで、久しぶりのバンコクの街に繰り出してみることにいたしましょう。




関連タグ : TheHeritageBangkok, PPtours, BTS, チョンノンシー,

2011年6月

インドの帰り道で寄ったバンコク。
ほんの短い滞在に終わってしまいました。
振り返ると、病院に行ったことくらいしか頭に残っていません。
もっと、いろんなところへ行きたかったなあ・・

ワットポーのマッサージとか、
陶器やお菓子の島、クレット島とか、
チャトチャックとか、
ただ、チャオプラヤーエクスプレスボートに乗るだけとか、
王宮に行くとか・・・
旧ドンムアン空港の視察とか。
考えるといろいろと出てきますね。
とは言っても、今回は行くことができなかったので、また次回のお楽しみということになるでしょう。

さて、ホテルをチェックアウト後、
DEAN&DELUCAでお茶をした後、
チョンノンシー駅からBTSに乗り込んでパヤタイへ向かいます。
BTSシーロム線でまずは、サイアム駅へ。
このシーロム線は19時過ぎの時間帯で、まあまあ空いていましたが、
サイアム駅で乗り換えてみると、スクンヴィット線のモーチット方面はかなりの混雑です。
3両編成が、かなり満員の状態で1本目は乗ることができず、見送りました。
タイ人はこの混雑ぶりに慣れているのか、
普通に1本見送っていましたから、この状態は普通なのかなあ・・・
などと考えながら、次の列車に乗り込みました。
我々は荷物があるから、ちょっと迷惑ですね。

混雑状態のままパヤタイ駅に到着。
ここで結構の下車客がありました。
連絡通路でエアポートリンクの方へトボトボ歩いていくと、
かなりの人数がエアポート・レール・リンクに乗り換えるらしく、
みな同じ方向へ。
エアポート・レール・リンクは通勤路線の役割を果たしているようです。

ちょうどこの時間は、
各駅停車のシティラインの発車が先発らしく、
係員が誘導していました。
我々みたいな明らかに空港に行くというツーリストは、
時間によってはエクスプレスの方に誘導されて、
やや割高なノンストップの列車に乗せられるのかもしれませんね。
安く上げたければ、各駅停車のシティラインに乗車です。ご注意を。

しかし、シティラインの各駅停車とエクスプレスのノンストップで、
所要時間は12分しか変わらないのに、運賃は倍(プロモーション時)ということになるので、
選択の判断に悩むところですね。
車両の設備はエクスプレスの方がクロスシート、荷物置き場ありなどとなっていて、
ゆったりしているのが良いところでしょうか。

結構な混雑ぶりのシティラインは、各駅で少しずつ客を降ろしながら進み、
スワンナプーム空港に着く頃にはかなりガラガラになっていました。
空港輸送でなく、通勤輸送が主体のようですね。


関連タグ : エアポート・レール・リンク, BTS, パヤタイ, スワンナプーム空港,

2013年4月
バンコク1日目(旅行自体は7日目)

ドリームバンコクを出て、
マンハッタンホテルの前を通れば、
すぐにスクンビット通りに出られます。

スクンビットに出る少し手前には、
インド人?の経営する、カバン屋さんがあり、
ここの店員が少々声をかけてくるものの、
笑顔のみで、スルー。
毎日通れば、顔を覚えられそうな感じもするけど・・・

ターミナル21という最近完成したショッピングモールに直結した、
BTSアソーク駅まで、
ドリームバンコクから、徒歩で5分くらいでしょうか。
途中には露店が軒を連ねているので、
ついつい見てしまいますが、強引な勧誘はなしです。
安心して買い物を楽しむことができますね。

ターミナル21は、すごいビルです。
空港を模したビルでしので、また後で書きたいと思います。

あとは、落ち着いて歩いて、
BTSへの階段を昇り、
トークン(切符)を購入して、
チットロム駅へ向かいます。

トークンは自動券売機で購入しますが、
お札が使用できる券売機が少ないので、
コインがない場合は、窓口で両替してもらう必要があります。
駅は結構混雑していますので、落ち着いて。

BTSの車両は、エアコン全開で、
少々肌寒く感じるかもしれません。
つい最近、ドアがいきなり開く事故が発生したらしいのですが、
よく見てみると、
ドアのところに、寄りかかり禁止のステッカーが貼られてました。
こんな事故を想定していたのでしょうか。

ツーリストとタイ人を満載したBTSは、
いつもどおりに、チットロム駅へ到着しました。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ドリームバンコク, マンハッタンホテル, 伊勢丹, BTS, チットロム, ターミナル21, アソーク,

2013年4月
バンコク4日目(旅行自体は10日目)

さて、バンコクに移動してきて、
週末を迎えました。

週末のバンコクでお買い物といえば、
BTSモーチット駅の近くで行われる、
チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット」です。
週末のみ開かれるマーケットで、
日本風に言えば、巨大フリーマーケットですね。

チャトチャックの外観は

あまりにも巨大な敷地にお店がたくさんあるので、
一度よい物を発見したら、そこですぐに購入しておかないと、
戻ってくるのが難しいと言われています。
なので、気に入ったものがあったらすぐに買うことが、
このマーケットのコツではないでしょうか。

無論、何回も行っている人は、戻ることもできるようになるでしょう。
熟練が必要ですよ。

BTSモーチット駅からは、すでに人の波が続いています。
時間はまだお昼前なのに・・・
久しぶりに訪れましたが、
以前よりも人が増えたような・・・
地元のタイ人も外国人ツーリストも大挙して押し寄せているようです。

一昔前と比べたら、
買い物しやすくなったのでしょうか?

私は1時間も居たら、人酔いしてきましたので、
そろそろ移動しようかと思いますが、
連れは、買い物に夢中ですので、一旦別行動をとることにしましょう。
なので、私は一足お先に、伊勢丹周辺に戻ります。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット, モーチット, BTS,

2016年2月

来月の渡タイにつき、ホテルをどこにしようか検討中と書きましたので、
その続きですね。

バンコクのドンムアン空港に着いて、
比較的移動がスムーズで、
サンペーンとチャトチャックに行くのに便利がよくて、
予算7000円/1泊 以下ということで、
毎日、agodaやExpediaのサイトを眺めては、
どこにしようかなあ・・・・バンコクはこうしてみると大きな街だなあ・・・
と考えて、あーでもない、こーでもないと唸っております。

さて、
まずは、ドンムアン空港に着いてから、
ささっと移動できるエリアということを考えてみますと、
BTSの戦勝記念塔駅(アヌサワリチャイ)までのエリアです。

BTSサナンパオ駅の近くに良さげな、サービスアパートを発見。
アブルーム エクスクルーシブ サービスアパート
駅の近くなので、立地は最高だが周囲はそんなに賑やかな場所ではなく、
夜遅くなったりした時に不安が残るので保留。
しかしながら、お構いなしのサービスアパートは魅力的ですね。
タイに住んでる気分も味わえそうで、またホテルとは違った体験ができそうです。

ドンムアン空港からならば、
A1かA2のバスにてモーチットまでやって来て、
あとはBTSに乗ればホテルの近くに到着というのが理想的ですが、
この作戦は荷物が少ない場合のみ使える技ですね。
大荷物なら、逆に大変で他のタイ人の迷惑にもなるので、
なるべくタクシーの利用が望ましいです。

次は、チャイナタウンにも近いフアランポーン駅周辺に目を向けます。
そこでまずは、昔からある、バンコクセンターホテル
ここなら、駅前ですから、空港から29番バスに乗っていれば終点がフォアランポーンとなり、
楽勝ムードが漂いますが、
ホテルがちょっと古いのでどうしようかなあ。。。
と二の足を踏んでしまいます。
一人ならいいんですが、かみさんが居ますので少しはましなホテルでないと・・・
本当に駅の真ん前なので、利便性としては申し分ないのですが、保留・・・

うーん、こんなことをやって、いつまでもホテルを決めないので、
いつまでも悩むことになりますねえ。
ベストマッチのホテルは何処なのか?
また次回に続きます。

こうして悩んでるのが楽しいのですが・・・



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。
http://blog-imgs-88.fc2.com/n/a/n/nanginet/20160111223136188.jpg" alt="トリップアンクル縮小版" border="0" width="204" height="90" />">トリップアンクル縮小版


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : バンコクセンターホテル, アブルーム, エクスクルーシブ, サービスアパート, フォアランポーン, 駅前, BTS, 空港,

2016年2月のこと

さて、バンコクのホテルを絞り込んでいくプロセスに入ってるんですが、
なかなか進まないですねえ。
悩むことが多くて・・・
私は、他のことについては、何でも決めるのは早い方なんですが、
如何せん旅行で飛行機やホテルとなると、
かなりグズグズするんですよね。
なんでだろ??

さて、フォアランポーン駅前には、
もう一つ
Centra Central Station
というホテルがあるんですね。
ここも駅前に位置しており、
ちょっとの移動でサンペーン市場まで行けるので、
便利この上ないのですね。
空港もチャトチャックも29番のバスで一直線という、
文句の付け所がないかのようにも見えますが、
安い部屋は窓がない・・・という書き込みがあり、
そんな窓のない部屋に3泊もするのは、ちょっとというのもあるし、
部屋のグレード上げることもないのでは・・・
と疑問が持ち上がり、一旦保留といたしました。

次に、
BTSサパンタクシン駅の近くに目を移してみます。
ここならば、サンペーンへは渋滞知らずのチャオプラヤ川エクスプレスボートが使えて、
アジアテークへも簡単にいけるし、
BTSも使えて、サイアム方面へも簡単に行くことができて、
と非常に魅力的なエリアでもあります。
ところが、
サパンタクシン駅の近くの
・センター ポイント シーロム ホテル
・ザ グランド サトーン ホテル
などのホテルを思いつくのですが、
ちょっと仕入れのために泊まるホテルじゃあないなあ・・・
観光で遊びに行くなら、是非とも泊まってもよいのですがねえ。
それと、空港からのアクセスが、ちょっとねえ。
今回はドンムアン空港なので、エアポートレイルは使えませんから、
バスやBTSの乗り継ぎとなってしまうので、
うーん、よいエリアですが、今回は実は不便かもしれない。
と言う結論です。

そうなってくるとねえ。
もう残ってるエリアはないような・・・
と言うわけで、どんどん幅が狭まってきました。

次は、プラトゥナム以北という微妙なラインで、
次のホテル探しをしてみることにしましょうね。
今日は、このへんで。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。
トリップアンクル縮小版


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : CentraCentralStation, センターポイントシーロムホテル, ザグランドサトーンホテル, サパンタクシン, フォアランポーン, BTS,

2016年3月 
タイへ
1日目

ドンムアン空港から乗った、A2バス、戦勝記念塔行きは、
順調に高速道路を飛ばして、
モーチットの辺りで高速を降りました。

乗客は、ちょうど座席が埋まるくらいの乗車率。
タイ人がほとんどでした。
空港に勤めてる人かな・・・

モーチット駅に到着すると、
9割の乗客がここで下車。
車内は、欧米人1名、タイ人2名、我々2名となりました。ガラガラです。

ここからは、BTSの真下を通って戦勝記念塔へ向かいます。

サパンクワーイ駅の辺りを通過。
ここらへんは、昔義理の妹が住んでいた時期があって、
遊びに来たこともあり、何となく見覚えのある店もチラホラ見えて、懐かしさがこみ上げます。

その後、
渋滞につかまります。
プラディパット通りの交差点のとこが、かなり混雑してますね。
A2bus車内


プラディパットの渋滞を抜けると、
後は、BTS各駅の真下あたりで、ややノロノロになりますが、
後は順調に行き、
戦勝記念塔まで約35分くらいで到着しました。


戦勝記念塔の北側に降ろされてしまったので、
BTSの駅の方へ行くためには、
戦勝記念塔のロータリーをぐるっと周回していくことになります。
歩道橋もあるので安心です。

それにしても戦勝記念塔は、
交通の要衝ということもあって、
大賑わいです。
ショッピングモールもあって、
歩道橋の上は人波が途切れない状態です。
時刻はまもなく21:00になろうとしているのに。

さて、ホテルまで徒歩で行きますか。

つづく

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : プラディパット, バンコク, 戦勝記念塔, BTS, , 賑わい,

2016年3月
タイへ
2日目

フォアランポーン駅の終着駅の旅情を味わったので、
買い付け旅行から、一転本来の旅のムードになりかけましたが、
まあ、それもよいかなということで、
駅の見学は終了としました。

とりあえず伊勢丹のある辺りまで行き、
可能なら、プラトゥーナムでも行こうかと、
まずは、地下鉄MRTの階段を降りていきます。

そうすると、セキュリティのチェックがあります。
空港に置いてあるのと同じやつを潜り抜けていきます。
大きな荷物を持っていると、
止められて中身をチェックされますので、
MRTに乗る際には、大荷物の方は少し時間がかかりますよ。

それから、
地下鉄で2駅のシーロムへ。
タイの地下鉄も、ちゃんとホームドアがあって、
日本の地下鉄に似てますね。

乗った感じも、「ここは日本かな?」と思えてきてしまうほどです。
タイ人の女性も、かなりお洒落になりましたしね。

シーロムで下車して地上に上がって、
BTSに乗り換えようと思ったのですが、
いきなり目に付いたのが、「Au Bon Pain」というベーカリカフェ。

買い付けの疲れもあって、
一息入れていこうかと、思わず吸い込まれてしまいました。

注文して席に着くと、
今日の疲れがどっと出てきましたね。
万歩計つけていたら、どのくらいの歩数になったんだろうね。

ふと、今日のことを振り返りつつ、
ゆったりとコーヒータイムです。
このカフェ内も、まるで日本にいるかのような錯覚に陥ります。
aubonpain11

「今日はもういいかな・・・」
というわけで、ホテルに戻ることにしました。

この後は、BTSにて、
ランナムのホテル、Bizotel Bangkokへ。
この晩は、フットマッサージに出向き、
足の張りを、元に戻してもらいました。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : BTS, MRT, シーロム, AuBonPain, ホームドア, プラトゥーナム,

2016年3月
タイ
2日目

サラデーンの駅からBTSに乗って、
戦勝記念塔まで戻ろうと思って、駅へ向かっていると、
SilomComplexを発見。

巨大なショッピングモールですね。
車もどんどんシーロム通りから流れ込んできており、
歩道も歩行者の数が多いことから、
ごった返し度合いは、相当なものとなっています。

BTSに乗る前に、トイレを拝借しておこう、
SilomComplexの中へ吸い込まれていきました。
地下のB階へそのまま降りていくと、
レストラン街になっていて、
いろんなレストランが軒を連ねておりました。

中には、
やよい軒
吉野家
ペッパーランチ
8番ラーメン
などなど、日系の食事ができるレストランも見えました。

しかも、どこのお店も賑わっているんですね。
時間にして、18:30。
これからさらに賑わいが増していくことでしょう。
今日は、金曜日でもありますしね。

いやあ、凄いことです。
タイバンコクはもはや東京を越えてるなあ・・
と来るたびに思うのです。
タイ人の女の子もお洒落になったもんです。

初めてバンコクに来てからもう20年ですからね。
20年経てば、それはそれで変化は当たり前のことかもしれません。
諸行無常ですね。
Silomcomplex

BTSをサイアム駅で乗り換えましたが、
ラッシュアワーで大混雑。
しかし、タイ人の偉いところは無理やり乗らないですね。
ドアのところまでいっぱいになったら、次の電車を待ちます。
ドアの上に手をかけて、身体をねじ込んだり、
駅員が無理やり押し込むということもしません。
この部分がまだまだ余裕あるタイの人々ということになるのでしょう。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : バンコク, タイ, BTS, SilomComplex, シーロム, やよい軒, 吉野家, 8番ラーメン, ペッパーランチ,

2016年3月
タイへ
3日目

チャトチャックへ行く日が来ました。
昨年の9月にもちょこっと顔を出しましたが、
今回は、どっぷり1日いて、買い込んで、郵送まで行う予定。

チャトチャックウィークエンドマーケットは、
毎週末に開かれるマーケットで、
BTSの終点モーチット駅から降りてすぐのところにあります。
MRTならカンペンペート駅が便利。

バンコクに週末居たら、必ず一度は足を運んでいただきたい場所です。
ところが、非常に混雑しますので、迷子になったり、連れとはぐれてしまったり、
という可能性は十分にあります。
なので、
友人と来たら、待ち合わせ場所を決めておくことをお勧めします。
中央にある時計塔あたりがわかりやすいかもしれません。

お店の数は15000とも言われており、
欲しいものがあったら、また戻ってきて買おうと思っても、
よほど意識してないと、元の場所に戻るのは難しいと言われています。
実際は、本当にそうです。
だって、中は迷路さながらで、似たようなお店もたくさんあるので、
いったい自分がどこにいるのか皆目検討がつかない状況に陥りますからね。

そんな、ウィークエンドマーケットチャトチャックで、
今日は朝から晩まで居て、
買い付けに精を出してやろうというわけです。

気合十分に、
BTSでやってまいりましたが、
今日は、強力な味方タイ人の友人のHAちゃんが一緒です。
彼女が居てくれると、買い付けもスムーズに進むので、
とっても心強いですよね。

というわけで、
BTSモーチット駅で待ち合わせて、
いよいよチャトチャックに突入です。

今日もすごい人が来ていて、大賑わいです。
非常に体力と水分を奪われますので、
休み休み行きましょう。
JJにて


つづく

今回は買い付けの旅です。↓
Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : チャトチャック, ウィークエンドマーケット, BTS, MRT, 買い付け, バンコク,