fc2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2020年10月

現在、タイに向けて飛んでるフライトは何があるか その1

コロナウィルスが始まってからというもの、
タイに入国できないというか、
以前のように自由に入国できない状態が続いています。

観光ビザの発給も始まりましたが、
日本で取得された方がいるという情報はまだありません。
かろうじて、日本は発給対象の低リスク国になっているので、
取得するなら今なのかもしれませんが・・・

これ取得するのも、
とても大変な労力になると思いますがね。
いかに規定が細かくて集める書類が多いかというのは、
実際にこちらのページからご確認ください。
かなり面倒なことがお分かりいただけるかと。

詳しくは、大使館のページをご覧ください。
http://site.thaiembassy.jp/jp/news/announcement/9602/


ビザは取得できても、
さらに入国許可(COE)を取らないとですね。

肝心な
タイへ向けて飛んでるフライトはとても限定的です。

タイ航空
日本航空
全日空
の3社が、特別便として、
羽田、成田、関西からタイのバンコクを結んでいます。

一時期よりは増便されてきて、
関西空港からも運航されるようになってきました。

ところが、特別便なだけあって、
全然お安くないですね。
普通運賃となっているのか、片道で10万以上はします。

朗報としては、
バンコク発成田行きのみの片道運航となりますが、
格安航空LCCのZIPAIRが運航を開始してるので、
日本発便も搭乗できるようになると、
チケットの値段の状況も、かなり変わって来ると思います。
現在ZIPAIRの日本発バンコク行きは貨物便としての運航。
早く旅客扱いもして人も乗れるようになるといいですね。


日本以外の国からタイへ向けてのフライトは、
ある情報では、
定期化しているフライトもあるとのこと。

とすれば、
経由便を利用して、
例えばシンガポール経由でバンコクへ飛ぶということが
実際に可能なのか、
そもそもチケットの購入が可能なのか、
調べてみました。

続く

TG_CNX201807


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 観光ビザ, STV, 特別便, COE, 入国許可, バンコク, タイ航空, 日本航空, 全日空, ,


2020年12月

タイ・バンコクのASQホテル(隔離指定ホテル)がAGODAサイトから予約可能に

ちょっと嬉しいニュースです。

現在、タイ入国に関しては、
入国後14日間の隔離が必須となっており、
その隔離指定ホテルを自分で手配する必要があります。
当然費用も自己負担です。

2020年12月7日現在、
タイ・バンコクでは116軒のホテルが、
ASQとして使えるようになっています。
詳しくはこちらを

http://www.hsscovid.com/

隔離ホテル(ASQホテル)の予約確認書がないと、
ビザの申請(観光ビザ)や入国許可(COE)が下りないので、
飛行機に搭乗することができません。

なので、
ASQホテルの手配は様々な処理の中の必須項目の一つ、
かつちょっと手間のかかる作業です。
まあ、ビザ申請のほとんどの作業が時間かかりそうですが・・・

で、ASQホテル手配する際には、
基本、自分の希望するホテルとの直接のやり取りをするようですが、
バンコクの現地旅行代理店などが、
代理手配することもできるみたいです。

しかし、今回AGODAのホテルサイトから、
直接ホテルの予約ができるようになったことで、
1つの手間が減ったことになりますね。
AGODAなら、代理手数料もかからないみたいだし。
ただ、すでに料金に上乗せされてる可能性もあるので、
基本料金と見比べてみてもいいですね。

私は、まだ、そこまでのチェックはしていませんが・・・

AGODAのサイトを開いてみますと、
専用のサイトが開設されていて、
ここからしか予約できない感じですね。

ASQホテル予約専用↓
https://www.agoda.com/ja-jp/quarantineTH/

上記のサイトではなく、
各々のホテル予約の通常画面から、
任意の15泊16日と指定しても、
ASQ対応にはなっていないみたいです。

それに、まだ全部のホテルがアゴダ対応というわけではなく、
一部のホテルになっていますね。
今後は、AGODA取扱いホテルが、増加していくのではないでしょうか。

注意点としては、
AGODAで部屋を確保した後は、
指定の書類をホテルへ送信することで、
予約が確定となり、
確認書が発行される点ですね。

ただ予約するだけでは駄目ということみたい。

いずれにしても、
ASQホテルが取りやすく、選びやすくなってきているので、
これもタイへの扉がひとつ開いたことになるのでしょうか。

後は、隔離期間がもう少し短くなるといいですが、
こればっかりは、双方の国のコロナ感染状況にもよるので、
早急にというわけにはいかないですね。

今は、ひたすら状況が改善されていくのを待つしかないです。

チェディールアン3

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ASQ, 隔離, 14日間, バンコク, AGODA, COE, 入国許可, 観光ビザ, タイ, 入国書類,

2020年12月

タイの入国ノービザになった?だけど、隔離は継続。

また、ちょっと嬉しいニュースです。
タイに観光で入国するには、
観光ビザか、特別観光ビザの取得が必須でしたが、
さらに、
ノービザでの入国が可能になるとのこと。
もちろん、
観光ビザの申請は可能なので、取得も可能。

しかし、
到着後14日間(15泊16日)の隔離措置は継続されます。

ノービザと言っても、
入国許可(COE)の取得
・出発前72時間以内のPCR検査で陰性証明
・Fit to fly健康証明の取得
・14日間隔離ホテルの予約確認書
・10万ドル以上のコロナ対応旅行保険に加入

などの要件を満たさないといけないのですが、
ビザの申請の手間がなくなるだけでも、
かなりの緩和になります。

まだ、在日本タイ大使館のホームページには、
ノービザの記載がないので、
ノービザで渡航を検討の方は、
今一度大使館への確認をした方がいいですね。
勝手な判断は、ちょっと危険です。(渡航できないという悲劇が・・・)

在東京タイ王国大使館
http://site.thaiembassy.jp/jp/

アブダビやスイスの大使館では、
ノービザでOKの国のリストが発表されており、
そこに日本も入っていました。

ころころ、規定が変更になるので、
現時点では要確認ですが、
もし、ノービザでOKということなら、
今までは、ビザの取得から始めなければならなかったんですが、
これが省略出来て、
チケットを購入、ASQホテル予約後に、
COEの取得へと進めます。

しかし、
帰国後にも、14日の公共交通機関利用禁止の措置がありますので、
全体の旅程としては、
まだまだ1か月以上が必要と。

短期で、いきなり行って、
数日で帰国という旅はまだできませんね。

つい1年前は普通にパッとタイに行けてたんですが、
妙に懐かしく感じるのは私だけでしょうか・・・

少しずつタイへの扉が、
開きつつあると感じています。
そう信じて、状況を見守って行きましょう。

スワンナプーム空港フードコート201804


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ASQ, ノービザ, 隔離, バンコク, 大使館, COE, 入国, 旅行保険, コロナ,

2021年2月

タイの入国状況と強制隔離のホテル(ASQ)のこと


コロナ渦中の今となっては、
一応ノービザの観光目的でのタイ入国は可能ですが、
前とは違って、
入国許可(COE)の取得
10万ドル以上の疾病に対応できる保険に加入
タイ政府指定隔離施設(ASQ)での14日間の隔離措置
を受けねばなりません。
これをクリアしないとタイ国内を自由に旅行できません。

14日間の隔離って、
結構長いですよねえ・・・
実際には、初日を0日目とカウントするため15泊16日となるので、
2週間は超えますね。

でも、隔離を受けてでもいいからタイに入国したい!
って思う人も僅かながらいるのではないでしょうか。

私も状況が許せば、
14日間の隔離を受けてでも、
タイに行きたいです。

その長い2週間を超える隔離生活ですが、
基本的にホテルの部屋からは出られないと考えた方がいいですね。

一部のホテルでは、
PCR検査の2回目が陰性だったら、
それ以降はホテル内の屋上など、リラックスエリアに行けるというのもありますが、
全部のホテルではないので、
やはり基本部屋からは出られないことになります。

PCR検査に行く時は、出られるかもしれませんが。。

なので、快適性に重きを置いて、
隔離生活をしてみたいものですが、
そこで、問題になるのが、
やはり費用面ですよね。

私の調べでは、
現時点でバンコクのASQ指定ホテルは、現在127軒あります。

最新情報はこちらから⇒http://www.hsscovid.com/


値段は、
15泊16日
(初日を0日目とカウントするため、14日間の隔離は15泊16日となる)

26500バーツからスタートです。
日本円ですと、92,750円
(1バーツ=3.5円で計算)
1泊当たり6,183円となりますね。
3食付くので、まあ仕方がない料金なのでしょうか。
どう考えるかは個人次第ですね。

エムクオーティエから


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ASQ, 強制隔離, 14日間, COE, 入国許可, 保険加入, タイ入国, ノービザ, バンコク,

2020年5月

今タイに渡航するとなったらどうしようかと妄想

タイに今行こうと思ったら、
飛行機はやはり、唯一のLCCであるZIP AIRに軍配上がるでしょうね。
毎日運航ですので、ほんとにありがたい存在。
どうか粘って飛び続けてもらいたいですね。
タイに行けるようになったら、ぜひ利用してみたい航空会社です。

成田発ですので、沖縄から行くのは大変ではありますが、
何とか成田までたどり着いてと。
ピーチとかジェットスターを利用しかないですね。

一見、飛行機飛んでるなら簡単に渡タイできそうですが、
ここからがなかなか難儀なタイ入国までです。


で、その前にPCR検査を受けとかなきゃなので、
それは、沖縄本島内でなんとかなるかなと。
だめなら、出発の何日か前に東京入りして、
検査後に出発となるので、余計な費用がかかりますね。

大使館への手続きとしては、

入国許可を申請
飛行機予約
ASQホテル(隔離ホテル)の予約
コロナに対応できる保険加入
入国許可を取得

http://site.thaiembassy.jp/jp/news/announcement/9763/

があって、

ここで
出発前72時間以内のPCR検査 陰性証明

やっと、
搭乗

タイ入国

隔離14日間(実質15泊16日)
この間にPCR検査2回

やっと、タイ国内を自由に移動。

帰国便搭乗前72時間以内にPCR検査して、陰性証明を取得

帰国便搭乗

帰国したら、またPCR検査されて、
陰性であっても、到着から14日間は公共交通機関の利用は禁止。
大人しく、ホテルなどで自主隔離。

で、無事を確認してから、
沖縄へ戻ると。。。

こりゃ、相当な時間を要しますな。

しかも、
現在タイでは、感染者が増加していて、
バンコクで隔離を終えても、
チェンマイなどの他県に移動するのも難しい状態。

例えば、チェンマイに移動したら、自主隔離となるらしく、
せっかくバンコクでの隔離を終えたばかりなのに、
またチェンマイで隔離となると、
何のためにタイに行ってるのやら・・・
となりそう。

隔離のために渡タイすることになりそうですね。

自分が隔離されてる間に、
タイ国内で感染者が増えてしまったら、
バンコクのみの仕入れで帰るということにも・・・
しかもバンコクのお店も休業してるとなると・・・
で、
チェンマイへも行けない、予定変更を余儀なくされる、
買い付けも思うようにいかない・・・
ということも想定しておかないとですね。
今行くのは、ちょっと無理があるよね。。。

おっさんの妄想は続くのでした。

妄想を現実化したいものです。

SL512_201807

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル 特設支店もよろしく


関連タグ : ASQ, 隔離ホテル, 入国許可, COE, バンコク, ZIPAIR, LCC, コロナ,

2021年10月

タイの開国が近づいてきた感じだが、また肩透かしなのかな


タイに行きたいなあと、
漠然と思い続けて、結構長い時間が経った気がします。

タイロスの症状は悪化するばかり。
ところが最近になって、ようやく明るい話題がでてきました。

11月にタイが開国するというではないですか。。
全土ではないけれど、バンコクとかチェンマイとかの特定のエリアだけらしいですが。

低リスク国からワクチン接種済みの人は隔離無しでの入国を認めるとか。
隔離なしは大きいですね。
最初の7日間は特定エリア内の自由行動だけ認められて、
それを過ぎるとタイ全国どこへでも旅行できるようになるとのこと。

プラユット首相の示したタイムラインなので、
ほぼ間違いはないのだろうけれど、
まだ正式決定ではないですね。

とうことは話半分で聞いておきましょうか。。

そういえば、最近になって、
観光目的ノービザで滞在できる期間が45日から30日に変更になった。
ということは短絡的かもしれないが、
隔離期間が短縮されるという意味を持つのかもしれない。
元々30日が、隔離があるからと45日になったのだから、それを元に戻すということは。。

それと、
今現在入国にあたり、
入国許可(COE)の取得が必要だが、
これをやめて、新しい簡単なシステムに移行するという話も出てきた。
ThailandPassなるものに変わるらしいです。
しかし、入国時に出す書類系は変わらないとの話も。。


しかしながら、
タイ全土での現在の感染者の状況は、
毎日1万人以上が陽性反応ということで、
予断を許さない状況なのかもしれない。
こんな状況で開国しても大丈夫なんだろうか?
個人的にはチェンマイでも感染者が増加してるのが気になるところ。

どんどんいろんなことが変化して行ってるけれど、
いったいいつ完全開国になるのだろうか?
ワクチン未接種でも大丈夫なんだろうか?
という素朴な疑問もあり、
そもそも変更が多すぎて何が何だか分からなくなってきた(*^^*)

それに、、タイには隔離無しで入国できたとしても、問題は日本帰国時ですね。
帰国時に自主隔離10日間か14日間が待っています。
この部分がどう変化していくかで、短期で行く海外旅行が現実化するかどうか決まって来るんでしょうね。
これはなかなか厳しいかも。

まだまだ、
時間がかかりそうですが、
やっとこさ、タイに気軽に行ける道筋が、
ほんの少しだけ見え始めました。
確実に前進はしていますね。
期待して待ちましょう。。

個人的には
タイで隔離 7日
タイ観光 7日
日本で自主隔離 7日
合計21日 
これを切ってくればなんとかタイへの旅を検討してみたいところ。

11月にはいったいどうなってるのだろうか。
正式発表を待つ以外にはないですね。


2013年頃のバンコク
町並み


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 隔離, タイ, 未接種, コロナ, ワクチン, COE, バンコク, チェンマイ, ThailandPass,