FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2015年11月

今更なんですが、
タイの携帯電話のことで、
9月の弾丸タイ旅行の前にいろいろあったので、
ここに記事にしておきます。

今年の1月ごろでしょうか。
タイ国内で「未登録のプリペイドSIMカードを使う携帯電話ユーザー」は、
7月31日までに登録をしなければ、通話やインターネット通信の利用ができなくなる。
との規制が国家放送通信委員会(NBTC)から発表されました。

私は、これを聞いた時は、
どうせタイのことだから先延ばしになって、
次の訪タイの時にでも処理すればいいか・・・
などど思っていたんですが、
5月頃になって、いろいろ調べていると、
今回はタイ政府は本気らしく、2015年7月いっぱいで、
登録してなければ、本当に使えなくなるよというではないですか・・・

私が所持しているのは、
2015年3月の訪タイ時に購入した、truemove社のSIMカード。
「3G TOURIST INTER SIM」です。
これを自分のNexus5に差し込んでタイ国内で使っていて、
日本帰国後もtruemoveのアプリを取得して登録。
そこから毎月50バーツずつTopUP(チャージ)して、
そのたびに1ヶ月ずつ延命してました。

50バーツをTopUp(チャージ)すると、30日間SIMの有効期限が延びます。
これを利用して、月々150円ほどの出費で
延命してきたわけです。

何故か、一番最初のトップアップはエラーではじかれ、
有効期限切れ寸前までいき、諦めかけたものの、
アプリではなくPCからアカウント作ってログインして、
何故か300バーツのトップアップをすることで30日の延命に成功。
その後は、難なくアプリから、毎月50バーツをトップアップしてました。
このトップアップにはクレジットカードを使用。

トップアップとは、
いわばチャージのことで、
タイ国内であればコンビニのレジで簡単にできます。
タイでは、プリペイド式が主流で、日本みたいにポストペイド式は少ないようですね。

そんな手塩にかけたSIMカードが、
登録しないことで無効とされてしまっては、
悲しいではないですか・・・
登録はタイに行かないとできないようですし・・・次回の渡タイは9月予定。

登録しないで、強制的に無効となるのであれば、
当然チャージしてる金額も返ってはこないでしょうしね。
大した額ではないけれど、それも癪に障るので、
ここは、ひとつ奮起?してあれこれ試してみようと思ったわけです。

つづく

truemovesim



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : SIM, SIMフリー, Nexus5, Topup, チャージ, コンビニ, プリペイド,

2016年9月
バンコク&台北
6日目

夜の国光号は40分ほどで台北駅に到着⇒ホテルリラックスⅡへ

入国から荷物もピックアップして、
SIMカードも購入したし、
これでやっと台北市内へ向かえます。長かったなあ・・・

中華電信のSIMも手に入れたので、
手元のNexus5も順調に電波を拾ってくれています。
Googleマップも見ることができるので、
バスがどの辺りを走行してるかもわかりますね。

國光客運は台北空港から台北駅行きの1819番が頻発してるので、
全く待たずにすぐにバスに乗れました。
カウンターでチケットを購入して乗るだけなので、
極めて簡単。
しかもカウンターでは、
「タイペイステーション」と人数を言えば英語でOKなんで、
気楽なものです。

私の場合は、タイの癖が抜けず、
ついついタイ語で話してしまうので気をつけねばならないですね。

バスには、日本人も結構乗っていました。
順調に高速道路を走行して、
高速降りたら市内へ入り、何箇所かの停留所を経て、
台北駅前に到着。
所要時間は40分くらいでした。
空港20:30頃出発⇒台北駅21:10頃
國光号のバス車両1

台北駅の横に到着しましたが、
何やら工事中で、柵がされてるので、荷物のピックアップが大変でした。
1列に並んで・・・みたいな。
私は一番最後に荷物を取りました。
今考えると、
この場所の工事は、いずれバスの乗り場がこちらに移転するための、
関連工事であったと思われます。

國光号のバス

2016年10月30日から、
台北空港行きのバス乗り場が、
台北西站A棟から、台北駅東三門のこちらへ変更になりましたので。

到着後は、
久しぶりの台北宿泊となるのですが、
ホテルリラックスⅡへ向かいます。
もちろん、徒歩で。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 國光号, バス, 台北, ホテルリラックスⅡ, 中華電信, SIM, Nexus5, トリップアンクル,

2016年9月
バンコク&台北
7日目

タクシーにて、迪化街へ無理やり行ってみた。目的はかごのお店

本日の夕方のフライトで沖縄へ戻るので、
もう残された時間はあんまりないという状態。
なので、タクシーを駆使して迪化街へ行ってみることにしました。

ホテルに荷物を預けてあるので、
最終的にホテルリラックスⅡに戻ってこなければなりませんので、
少々焦ります。
時刻は12:00を回っております。

そこらへんで客待ちしてるタクシーに、
「迪化街」と漢字で書いて示すと、
OKとのことだったので、向かってもらいます。

すぐにメーターを作動させて、
北門あたりの広い道幅の道路を、
結構なスピードで駆け抜けていきます。
道が広すぎて、車線も、信号機もよくわからず、
本当に行って大丈夫なの??と不安になりますが、
運転手さんは、平然とハンドルを握って、ドンドン進んでいきます。

あっという間に迪化街の辺りに到着してしまいました。
迪化街付近1

手元のNexus5にて、
中華電信の電波を拾いながら、
グーグルマップで位置確認してみると、
どうやらすでに迪化街を北上してる模様。
もう少し北側に目的のお店はあるのですが、
信号に引っかかり、またその信号の赤の時間が長く、
やや渋滞気味にも思えたので、
歩いた方が早いと判断し、タクシーを下車しました。

台北駅から迪化街のあたりまで、
90元でした。
意外と迪化街は、台北駅から近かったのですね。

とりあえず、迪化街の目的のお店へ向けて歩きます。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : タクシー, 台北駅, 迪化街, かご, 北門, 中華電信, Nexus5,