FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2015年3月
チェンマイへ 1日目

台湾からLCCV-Airを利用して無事にチェンマイに到着。
時刻は20:30くらいになっています。
この時間になると、空港内のお店は閉店してるとこが多いです。

両替所も同じで、
国際線ターミナル側にようやく開いてる銀行を見つけました。
どうやら、ここしか開いてないようですね。

空港案内所のカウンターのところに、
無料SIMカードも発見。ゲットします。
今回は、SIMフリーの携帯持参でやって来たので、
このSIMを差し込んでみましょう。
ホテルに着いてから試してみることにしますか。

国際線側のタクシーカウンターは混雑していたので、
国内線側、ターミナルビルの一番北側まで移動し、
翌日、借りるレンタカーHertzのカウンターの位置も確認。すぐにわかりました。

表に出てタクシーのオバちゃんに声かけると、
すぐにタクシーに案内してくれました。
待ち時間は2分くらいでしたね。早い。

目指すはニマンヘミンにあるホテル、
GerardHabitat
ニマンヘミンのソイ3にあります。

ソイ3までは空港から10分くらいで到着。
というのも、このタクシーは、空軍基地の中を突っ切るルートを通ったからです。
でなければ、所要時間はもう少し長いですね。

週末とあってか、ニマンヘミン通り界隈は、
多くのタイ人の若者で賑わい、道も渋滞気味です。

Agoda経由での予約はしっかりと入っていて、
GerardHabitatへチェックインできました。
さて、晩御飯と行きますか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : チェンマイ, LCC, V-Air, タクシー, SIM, 無料, ニマンヘミン, GerardHabitat, agoda, ,

2016年9月
バンコク&台北
6日目

中華電信のSIMを購入後、國光客運の台北駅行きに乗車

台北に着いてから、
やはりSIMがないと怖いという、スマホ病になっているので、
仕入れの効率も考えて、
事前に調べておいた、中華電信のSIMを購入。

税関を抜けて到着ロビーに出て、
右に行くと中華電信のカウンターがありました。
他にも、通信会社はあるので、どこでもよかったんですが、
何となく中華電信が大手的で無難な感じがしたのと、
どうせ1日の滞在で台北しか行かないからと、大して考えもせず、
中華電信のカウンターへ出向いた次第です。

カウンターには誰も並んでいなかったので、
すぐに対応していただけました。
電話を渡して、SIMを差し込んでもらい、設定もしてもらい、
料金払って、はいおしまい。
3日間有効のSIMで、300元でした。
中華電信SIM


私がタイで使っているTrueMoveのSIMみたいに、
延長延命作戦は使えない感じですね。
3日すぎたらそれで終了。
次は、新しいの購入してね・・・ということでしょうか。

裏技的に延長作戦ができるという話も聞いたことはありますが、
街中のお店で手続きしないといけなかったりと、
いろいろ大変そうで今回はパスですね。
今後台湾にも、渡航回数が増えそうな気もするので、
SIMの延命作戦は、今後、検討してみようかと思いました。

毎回購入するのは面倒くさいですからね。

というわけで、
SIMを購入してバス乗り場へ急いだのでした。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 中華電信, SIM, SIMフリー, 台北, 滞在, タイ, トリップアンクル,

2016年9月
バンコク&台北
6日目

夜の国光号は40分ほどで台北駅に到着⇒ホテルリラックスⅡへ

入国から荷物もピックアップして、
SIMカードも購入したし、
これでやっと台北市内へ向かえます。長かったなあ・・・

中華電信のSIMも手に入れたので、
手元のNexus5も順調に電波を拾ってくれています。
Googleマップも見ることができるので、
バスがどの辺りを走行してるかもわかりますね。

國光客運は台北空港から台北駅行きの1819番が頻発してるので、
全く待たずにすぐにバスに乗れました。
カウンターでチケットを購入して乗るだけなので、
極めて簡単。
しかもカウンターでは、
「タイペイステーション」と人数を言えば英語でOKなんで、
気楽なものです。

私の場合は、タイの癖が抜けず、
ついついタイ語で話してしまうので気をつけねばならないですね。

バスには、日本人も結構乗っていました。
順調に高速道路を走行して、
高速降りたら市内へ入り、何箇所かの停留所を経て、
台北駅前に到着。
所要時間は40分くらいでした。
空港20:30頃出発⇒台北駅21:10頃
國光号のバス車両1

台北駅の横に到着しましたが、
何やら工事中で、柵がされてるので、荷物のピックアップが大変でした。
1列に並んで・・・みたいな。
私は一番最後に荷物を取りました。
今考えると、
この場所の工事は、いずれバスの乗り場がこちらに移転するための、
関連工事であったと思われます。

國光号のバス

2016年10月30日から、
台北空港行きのバス乗り場が、
台北西站A棟から、台北駅東三門のこちらへ変更になりましたので。

到着後は、
久しぶりの台北宿泊となるのですが、
ホテルリラックスⅡへ向かいます。
もちろん、徒歩で。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 國光号, バス, 台北, ホテルリラックスⅡ, 中華電信, SIM, Nexus5, トリップアンクル,

2017年1月
台北仕入と遊びに
1日目


台北桃園国際空港からは、1819番のバス國光号で台北市内へ。


イミグレーションを通過後は、
荷物は預けていないので、
そのまま税関通過して外へ。
荷物を受け取る人は、ここターンテーブル付近にも両替所があるので、
荷物が流れてくるのを待つ間に両替という方法もあります。

私は、到着ロビーにある両替所で両替と
SIM購入を行いました。
SIMは中華電信のカウンターで。
あらかじめ、日本で使っているSIMを抜いておいたので、
スマホNexus5を手渡すことで、
SIMの挿入とセッティングまで、
窓口のお姉さんが全てやってくれました。
あんまり愛想はよくなかったですが、まあこんなもんでしょう。
これで、台北滞在中は、気兼ねなくネットが使えます。

さて、空港での準備は整ったので、
國光号に乗るべくバス乗り場へ。
台北駅前まで行く1819番の國光号は、さすがに乗客が多く、
チケットカウンターも10人くらい並んでました。
乗り込んだら台北駅までほぼ直行みたいなもんですからね。
所要時間も短いし。
國光号のバス停第一

すでに停車中のバスは、すでに満席で、
1本バスを見送りましたが、
すぐに次の便がやって来て、
ほぼ待つことなく乗車。
國光号の車両

出発したら、
台北駅まで50分くらいの所要時間です。
途中で、MRTの線路が見えましたよ。早く開業しないかな。。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 桃園空港, 國光号, バス, 台北駅, 所要, SIM, 中華電信,

2017年12月
台湾へちょこっと仕入と旅行を兼ねて 台南&台北 4日間
1日目

中華電信のSIM購入と両替してから、台北桃園空港から新幹線の高鐵桃園駅へ。開業したばかりのMRTで

台北までは順調に飛行して、
ものの1時間足らずで着陸。
那覇からだと本当に近いですね。

で、入国審査ですが、
やはりそこそこ並んでいて、
30分くらいかかって通過しました。

入国後は、両替をします。
台湾は両替に苦労するイメージがあったので、
空港である程度の金額を台湾元に替えました。
手数料も取られるので、まとめての方がお得です。

そのあとは、SIMカードを購入。
キャリアは中華電信です。
日本でいうNTTドコモでしょうか。

今回は台南にも行くので、
いつも使ってる中華電信にしてみました。
他のキャリアも使ってみたいですが、また次の機会ですね。
因みに私は、昔から愛用してるNexus5を使ってます。
中華電信のバンドにも対応してるので、
カード差し込むだけで勝手に認識します。
カードの設定は、中華電信のカウンターの人がサービスでやってくれますので、
世話無しですよ。
中華電信SIM5日



と、空港にてある程度の旅の準備をしておき、
開業して1年もたってないMRTで高鐵桃園駅へ向かいます。

空港の地下にMRTの駅はあるのですね。
案内板があるので、迷うことはないのですが、
第1ターミナルの場合、到着ロビーから地下へ降りるエスカレーターが2か所ありますが、
MRTの駅へは、そのうちの1か所ですので、
よく案内板を確認して降りてくださいね。
我々は、間違えてバス乗り場の方へ降りてしまった。
バスも高鐵桃園への路線があるので、紛らわしいんですよね。

なんとか空港の新駅までたどりつき、
新しいMRTに乗って、高鐵桃園駅へ。

MRTの開業で、台北駅までのアクセスもかなりよくなっており、
もしも台北に行くのであれば、
利用してみたいところですね。
今回は、台北方面じゃない方へ乗車です。
台北MRT空港201712


20分くらいの乗車で、
高鐵桃園駅に到着です。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 台北, 桃園空港, MRT, 地下駅, 高鐵桃園駅, 中華電信, SIM,