FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2015年9月
2日目

アマリドンムアンエアポートホテルにて、
本当はもっとゆっくりしたかったんですが、
ここは弾丸旅行の宿命。あきらめてチェックアウトします。
まあ、朝食が味わえただけでもよしとしましょう。
お部屋もグレードアップしていただいたわけだし。

また、駅と道路を橋で渡り、
ドンムアン空港のターミナルに戻ってきました。

3階の出発階に上がると、
LCCのチェックインカウンターがズラッと並んでいます。
人もそこそこいて、大混雑状態ですね。

我々が乗るのは、タイライオンエアのチェンマイ行きです。
このタイライオンエアは、タイのLCCの中でも、かなり安いと言われていて、
おまけに荷物も15KGまで無料で預けることができます。
これは凄いサービスですね。
今回は、荷物が少ないので預けませんでしたが、
無料なら預けてみてもよかったかなあ・・・なんて後から思いましたけどね。

国内線の出発口から保安検査越えて中に入ると、
懐かしい光景ですね。
国際線で使われていた頃を思い出す光景です。
わあ、昔はこんな感じだったなあ。変わらないなあという印象。

しかし、駐機している飛行機は、
国内線のLCCばかりという状況ですね。
ノックエアタイスマイルエアアジアの並び↓
3会社並び


さて、セブンイレブンで水だけ購入し、
バスゲートである71番ゲートまで向かいます。
このセブンイレブンは、ここにしかないのか大混雑です。

71番ゲートは、1フロア下に降りる構造になっていて、
売店なんかもありました。
トイレは少ないので、下に降りる前に済ましておいた方が無難かもしれません。

SL8504 ThaiLionAirのチェンマイ行きを待ちます。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ThaiLionAir, タイライオンエア, ドンムアン, ノックエア, エアアジア, タイスマイル,

2015年9月
2日目 チェンマイ

ThaiLionAirチェンマイ行き、SL8504は、
少し遅れてバスへのご案内となりました。
それにしても、このバスゲートは狭いですね。
同じような場所で何便も案内してるから、気をつけないと間違えそうです。
チェンマイ行きの案内表示

やっと、改札が始まり、
バスへご案内となりましたが、
同時にハジャイ行きの便も案内していて、
手前のバスがハジャイ行き、奥のバスがチェンマイ行きとなってましたんで、
我々はよく確認して、チェンマイ行きのバスに乗り込みましたが、
ますます間違えそうです。
係員はそれぞれの行き先のカードを掲げて案内してますので、
それに気づけば間違えようがないのですが、
スマホに夢中とかだとうわの空で間違えそうですね。

現に1名のタイ人が間違えてました。
チェンマイ行きの飛行機に乗り込んでから、座席がオーバーブック。
CAが搭乗券確認したところ、
「この飛行機はチェンマイ行きです」となり、
「えっ、ハジャイ行きじゃないの?!」と大慌てしてました。

大慌てで、荷物を出して降りて、
地上係員が無線でどこかへ連絡して、
最後の客を送ってきたバスに、間違えたタイ人を乗せてましたから、
きっと間に合ったと思いますが、どうなったんでしょうか。
気が付かないで、チェンマイに着いたらもっとびっくりでしょうね。
トックジャイモッド!
南の都市へ行くのに、着いてみたら北の都市ですからね。
ドッキリというか訳がわからないでしょうね。
状況を理解するのに時間がかかるかもしれません。

と、こんな事件?もあったせいか、
チェンマイ行きは遅延となりました。
30分ほど遅れて、ドンムアン空港を離陸。
チェンマイへ向けて飛び立ちました。

なお、バスで飛行機まで案内されましたが、
案内先は昔の国内線ターミナルでした。
ちゃんと搭乗ゲートのじゃばらがあるんですが、
利用してないみたいで、なんか勿体ないなあ・・・・と思いました。
国内線ターミナルが再利用できれば、バスゲートじゃなくても乗り込めますからね。
ライオンエアに搭乗


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : タイライオンエア, ThaiLionAir, ドンムアン, チェンマイ, ハジャイ,

バンコクドンムアン)-チェンマイ間の路線は、
かなりの高需要路線と見えて、
タイのLCC各社が、多くの便を飛ばしております。

ThaiLionAir
NokAir
ThaiAirAsia
ThaiSmile
などがドンムアン空港からチェンマイへ路線を持っていますね。
その中から比較検討した結果、
今回の3月渡タイではThaiLionAirを使うことにしました。

当然ながら、LCCなのでセール運賃とやらがあって、
かなり破格の料金を提示してるんですが、
今回はそのセールを買い逃してしまい、
やや高めの運賃で搭乗することになりました。
とはいっても、
DMK-CNX 1名 1025THB。
日本円で3500円くらいでしょうか。安いです。

タイライオンエアは、税金も込みの料金を提示しているんですが、
ノックエアは、税金なしの料金を提示していて、
最後の画面まで進んでみないと総額がわからないことになってるんですね。
で、最後の支払いのところまで進んで料金を確認したところ、
ほんの少しだけライオンエアの方が安かったので、
こちらを選びました。

それと、時間帯ですね。
11:30の便をとりましたが、
ノックエアは朝9:00の便の次が12:40と間隔が開いてしまうのですね。
なので、ライオンエアにしたというのも理由の一つです。
ライオンエアに搭乗


エアアジアは、荷物を預けると料金がかかってしまいます。
乗るだけなら、料金自体は安いのですが、
今回の旅の特性上、買付け目的もあり、
荷物がどんな風になってるのか、検討がつかないので、
今回はエアアジアはパスしました。

タイスマイルは、タイ航空の完全子会社で、
料金も高めの設定ですね。
これなら、バンコクエアウェイズの方がよいかも・・と思ってしまい、
今回はパス。
ですが、たまに、安い料金を出したりするようなので、
チェックはしておいたほうがいいですね。


LCCドンムアン空港からの出発ですので、
間違えてスワンナプームに行かないようにしないとですね。
ドンムアン空港は第2ターミナルもオープンして、
どんな感じになったのか?
昔のドンムアンを知ってるだけに、懐かしいです。
3月の渡タイで、しっかりと確認もしてきたいものです。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ThaiLionAir, NokAir, ThaiAirAsia, ThaiSmile, ドンムアン, スワンナプーム, バンコク, LCC, バンコクエアウェイズ,

2018年5月

7月のチェンマイへのThaiLionAirのチケットを買おうとしたら・・・その1

結構前のブログで、
タイライオンエアのチケットを買うのに苦労したことがあったと書きました。

で、結局、苦労して買ったにもかかわらず、
当日、無連絡で2時間も早発(遅延ではない)され、
チェンライへ行くことになった・・・
で、その後の返金処理の話に続いていくのでした。
返金まで4か月くらいかかったです)^o^(

そんな件があったにもかかわらず、
懲りない私。。
過去ブログは⇒こちら

また、チャレンジしようと、
タイライオンエアのチケットを購入に走ったわけです。

理由は、
LCCにしては珍しく、10kgまでの預け入れ荷物が付いてる。(無料)
これは、つい最近までは15kgだったんですがね((+_+))

これは、どうしても譲れないです。
仕入れで荷物が増えるので・・・。

他のノックエア、エアアジアは、運賃は安いけれど、
荷物は当然お金がかかるシステム。

荷物代金を足しこんでいくと、
ThaiSmileの方が安いのでは?あんまり変わらないのでは?
という事態になってしまい、
だったら、タイスマイルにしようかなとも思うけれど、
ドンムアン空港の様子も見たいしなという想いが来て、
やっぱり、ライオンエアにしよう!
という流れというか、思考回路になっているのです。

それにもう一つの理由として、
ちょこっと書きましたけれど、
ドンムアン空港を見たいというのもあります。

ドンムアン空港は、
私がタイに行き始めた時からある空港で、
スワンナプーム空港の開港と同時に、
一旦は、貨物とVIP専用空港になりましたが、
LCCの便数が増えすぎて、スワンナプーム空港では対応しきれなくなり、
エアアジアがドンムアンに移転し、
再び、脚光を浴びることになったわけです。
途中で、大洪水にも見舞われましたが、何とか復活。

という
とても懐かしくて、思い入れのある空港なんですね。

だから、チェンマイに行く時は、
必ずドンムアンに行っておかないと気がすまないというのが本音ですかねえ。

おっと、話が脱線。。。
続きは次回

ドンムアン空港201705到着


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ThaiLionAir, タイライオンエア, チケット, 親会社, ライオンエア, インドネシア, ドンムアン空港, スワンナプーム空港,

2018年5月

7月のチェンマイへのThaiLionAirのチケットを買おうとしたら・・・その3 LionAirのサイトから予約。。

ThaiLionAirのサイトでは、クレジットカードが使えないとなると、
日本にいる限り、
他のコンビニ払いなどの支払い方式は使えませんので、
購入自体を諦めるしかないのですが、

私は、諦めが悪いので、
何とかならないかと想いを巡らせて、
LionAirの親会社のサイトから予約できるのでは?
と考えたわけです。

前回もこの作戦で、
チケットの購入は達成してるので、
今回もインドネシアの親会社サイトから購入することにします。

結果、普通に購入できました。
クレジットカード番号入れても、はねられることはなし。

運賃も、インドネシアルピアの表示になりますが、
日本円に換算しますと、
タイライオンエアと、ほとんど一緒の料金です。

さくさくと、購入画面に進んで、
購入完了。。
航空券番号(TKT No.)も出ましたので大丈夫でしょう。

もし、マネして購入される場合の注意点

・インドネシアルピアの料金表示になります。
ずいぶんと桁が違いますが、落ち着いて、日本円に換算しなおしてください。
インドネシアルピア換算などで検索すると、
入力の窓が出ますので、
そこへ表示の料金を入力し、日本円に換算。
安いかどうか判断してください。

・スケジュール変更があったら、連絡来ないと思います。
普通は、何かあったら、メールで連絡が入ると思いますが、
たぶん来ないと思っていた方がよいでしょう。
LCCだからなのか、親会社経由で購入したからなのかわかりませんが、
とにかく直前まで、スケジュールの確認をしておいた方が良いです。
スマホなどを使って、
当日に自分の乗るフライトのスケジュールをしつこく確認してください。
空港に行く前、ホテルにいる時点から確認必須ですね。

・ドンムアン空港からの場合は、チェックインカウンター混雑します。
全路線のチェックインをやってるので、
結構な列になっていて、待ちます。

が、1時間前のフライトの人を呼んだりして、
優先的にチェックインしたりはしてるので、
係員の声かけには注意していてください。
タイ語ですが、地名はなんとか聞き取れますので・・・
2時間前には空港に居ておいた方が無難です。

というわけで、
タイライオンエアのお話でした。

親会社のサイトから買った場合は、注意してください。

これが嫌なら、別の航空会社を選択すべしですね。。

よい旅を

thailionair1


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : タイライオンエア, ThaiLionAir, ドンムアン空港, ライオンエア, 親会社, インドネシアルピア, ,