FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2015年3月
チェンマイ

またまた、チェンマイへ、いやタイへ行きたい病が再発しました。
行かねば・・・・
今回は、いかに安く、効率的にチェンマイへ入れるか、
それも沖縄から行くことができるか??
ということを日々考えておりまして、
その結果、台北からLCCV-AirとTigerAirTaiwanの2つのLCCが就航というニュースを発見。
しかも、台北からチェンマイへ直接入れるというではないですか。
これは利用しないというわけにはいかないでしょう。

台北までも沖縄からはPeachが飛んでいるので、
うまく活用したら、LCCの組み合わせで、かなり安く、
しかも東京や大阪を経由しなくてもタイに行くことができるのではないか。
と考え、常に調べていたところ、
ついに、行くチャンスに恵まれました。

今回は、
行きは、
那覇から台北までは、チャイナエアラインを。
台北からチェンマイV-Airを。
帰国は、
チェンマイから台北をTigerAirTaiwanを。
台北から那覇チャイナエアラインを、それぞれ利用してみました。

台北までは那覇から往復を買いました。
約30,000円
台北からチェンマイは往復で20,000円くらいでした。

乗り継ぎ時間も台北で3時間くらいと、
LCCに乗り継ぐにしては、少々危険なトランジットとも思えましたが、
ここは勝負!
ということで行って参りましたので、
台北での乗り継ぎなんかも紹介してみようと思います。

では、次回は、
那覇空港出発の時点から書いていきます。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : V-Air, igerAirTaiwan, チャイナエアライン, チェンマイ, 那覇, LCC,

2015年3月
チェンマイへ 1日目

那覇空港パーキングに車を停めて、
空港の国内線まで送ってもらいました。
国際線ターミナルまでも行ってもらえたのですが、
ちょっと、国内線に用事があったもので・・・
買い物するには、やっぱり国内線の方がお店は圧倒的に多いので、
買出しといった感じになりました。

しかし、ターミナルが違うと言っても、
すぐに見えている場所ですし、
歩いても3分くらいで着きますので、問題なし。
将来的には、この那覇空港の国内線と国際線のビルは、
連結されるらしいのですね。楽しみです。

現在は、旧国際線ビルは壊されて更地になっていますが、
ここにまた新たにビルを建てるのでしょう。

国際線ビルにて、チャイナエアラインのチェックインカウンターに出向き、
チェックインして台北までの搭乗券もらいます。
荷物は預けないので、すぐに終わりました。
台北からは、LCCV-Airにてチェンマイへ向かう予定。
今晩の晩御飯はチェンマイにて食べる予定です。

ブラブラしたりしてると、
あっという間に時間は過ぎていきます。
久しぶりの台湾につき、少しワクワクしますね。

那覇から出国して、
いよいよ飛行機に乗り込みます。
チャイナ台北行きA330


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チャイナエアライン, LCC, V-Air, 那覇, 国際線, 台北,

2015年3月
チェンマイへ 1日目

那覇からのチャイナエアラインは、
少し遅れたものの台北桃園空港に到着しました。
満席ですので、降りるのも時間がかかりますね。
荷物が棚に入っているので、取り出すのは最後にしようと諦め、
一番最後に降りました。
ゲートの出口のとこでは、
チャイナの係員が誘導しておりました。
この飛行機は、A-9ゲート(第1ターミナル側)に到着したのですが、
入国審査は第2ターミナルで行わなければならないというもの。
もし、強引に第1ターミナルへ行って入国したとしても、
荷物を預けていた場合には、第2から出るので、ピックアップできない・・・
という事態になるはず。
そもそも、日本路線は第2ターミナル扱いなので、
第1でイミグレしたら、何かの不都合が生じるのかもしれませんね。
試したい方は、自己責任でお願いします。

乗り継ぎの場合は、
そのまま第1のトランジットエリアを通過できるのかもしれません。
バンコクとかに乗り継ぐ人は、
確認の上、それぞれ案内しているようでした。

我々が次に乗り継ぐV-Airは、
第1ターミナルでチェックインなので、
荷物もないしこのまま第1でイミグレ通過させてくれたらいいのになあ・・・
でも無理っぽいので、あえて確認しませんでした。

第2ターミナルの入国審査までは、
かなりの距離を歩かされました。
やっとこさ、入国審査の長い列に並びましたが、
列が長い割には、30分くらいでしょうか、
1時間?とか思った割には半分くらいで通過できました。

乗り継ぎ用のトランスファーカウンターが、
制限エリアにあれば入国しないで済むのかもしれませんが、
V-Airについてはないので、表(一旦入国した側)の台北空港内のカウンターで
チェックイン手続きが必要なため、短時間に入国をすることになりました。

台湾の消火器

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村








関連タグ : 台北, 桃園空港, ターミナル, V-Air, トランスファー, 乗り継ぎ, LCC,

2015年3月
チェンマイへ 1日目

無事に第2ターミナル⇒第1ターミナルへの移動完了しました。
無料の電車(シャトル)を利用すれば、難なくできます。
表示もしっかりしていますので、見落としさえしなければ、
簡単に乗り場まで行けることでしょう。
第1ターミナル側は、両替所の脇のエレベーターに乗るのがポイントですね。

さて、ここからは、
台湾のLCCであるV-Airに乗ってチェンマイへ向かうことになります。
チェックインカウンターはすでに開いている様子。
早速、日本でインターネット予約した確認書を持って、
チェックインしてみます。

チェックインカウンターは、
ほとんどが台湾人ばかり・・・そりゃそうでしょうね。
わざわざ台湾を経由して、タイまで行く日本人ていなそうです。
しかし、沖縄からだとこの方法はとても有効なんですよ。

チェンマイに行こうと思ったら、
一旦バンコクへ入るのが一般的と思われますが、
ここ台北から直接チェンマイへ飛ぶことができるのですから、
これは都合がよいですね。時間短縮にもなるし。

そして、チェックインをしてくれた男性台湾人は、
なんと日本語対応でした。
名札は復興航空でした。
V-Air復興航空出資する会社ですからね。
ほとんど利用しないであろう日本人に日本語対応。
たまたまかもしれませんが、ちょっと嬉しくなりましたね。

手荷物には、かわいい熊のキャラクターの、
V-Airのシールを貼ってくれました。
このシール、お土産にもなりますね。

こちらがV-Airの熊さんです。↓
VAIr熊の


さて、V-Air搭乗に期待が高まりますが、
その前に、クールダウン。
台北空港のもうひとつのコンビニを覗いてみましょう。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : V-Air, チェックイン, 復興航空, 出資, コンビニ, 移動,

2015年3月
チェンマイへ 1日目

台湾でのチャイナエアラインから、V-Airへの乗り継ぎ時間は、
3時間くらいしかないのに、
ちょっとコンビニで時間を掛けすぎてしまったようです。

時間は14:50を過ぎていて、
16:00発のV-Airチェンマイ行きは、
B-1ゲートからの出発。一番端っこなんで結構歩きますね。

でもって、ゆで卵を味わったので満足して、
出国手続きへ。
これがまた結構混雑してまして・・・
20分くらいかかりましたね。
で、しっかりと、B-1方面への標識を見極めて進みます。

免税店などがひしめくエリアをどんどん通り抜けていき、
やっと端っこのB-1へ到着しました。

が、なにやらB-1から人がぞろぞろ出てきていて、
反対側のB-1Rの階段へ降りていくではないですか。
何事?と思って、よくその人たちを観察してみると、
V-Airのシールが貼られたカバンを持った人たちではないですか・・・
ということは、ゲートが変更になったわけですね。
アナウンスがなかったか、聞き逃していたので、この瞬間まで気がつかなかったのでした。

旅の動物的感覚が機能してくれたおかげで、
間違ったゲートで待つという事態は逃れることができました。

B-1Rという標識に従って、
エスカレーターで階下に下りますと、
もう戻れないような構造になっているので、かなり不安でしたが、
うろついてみると、電光掲示板にチェンマイの文字を確認。
たぶん大丈夫でしょう。
謎のBゲートから搭乗


LCCで、ほとんどの乗客が台湾人なもんですから、
このような対応になるのでしょうね。
まあ、こっちも自己責任でLCC使ってますからね。
こういうときは、アンテナ張って自分で気がつくしかないですね。
今回は、気がつけてラッキーでした。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : V-Air, ゲート変更, LCC, 台湾人, チェンマイ,

2015年3月
チェンマイへ 1日目

ZV9でチェンマイ

台北を飛び立ったV-AirのエアバスA321型機は、
1時間の遅れをもったまま、夜となったチェンマイ空港に着陸しました。

V-Airの機内では、盛んに機内販売などしてましたが、
コーヒー2杯にとどめておきました。
台湾の空港で両替した台湾ドルで払いました。
1000円札だけ両替しておいたのが、ここへきて効果を現しましたね。

着陸した時は、
「本当にここはチェンマイなのだろうか??」と
妙に素朴な疑問をもってしまったものですが、
窓の外を見やると、
チェンマイ国際空港の文字が見えましたので、
「ああ、ここは本当にチェンマイなんだな」と実感がわきました。

なにせ、バンコク経由でしか来ないものですから、
これは新鮮な感覚ですよ。
台湾からいきなりチェンマイですからね。感動しました。
沖縄からも案外近い!

ゲートに入ったV-Air機は、お客さんを降ろし始めます。
我々は最後の方で降りましたが、
そのころには、CAさんが機内の清掃を始めていました。
そうなんですよね。これがLCCのすごいとこです。
DELAYもしてますからね。がんばれ!CAのお姉さん!

V-Airは意外なほどよかったです。
また乗ってみてもいいなあと思いました。
今後、就航される限りはお世話になる機会も多いと思われます。
キャラもかわいいですからね。飛行機も新しいし。(1機しかないけど)

チェンマイで初イミグレです。
台湾人はアライバルビザのカウンターに並ぶ人が多かったですね。
台湾の方は、タイに入国する際にはビザが必要なのでしょう。
イミグレに並んでいて確信したんですが、外国人は我々のみでした。

パスポートにいつものタイスタンプが押されて、
国際線ターミナルから出ると、夜のやや人が少なくなったチェンマイ空港。
しかいながら、いつもどおりの光景で、少しほっとしますね。
では、タクシーでホテルへ向かいましょう。
どうしても食事に行きたい店もあるので。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, 国際空港, V-Air, LCC, イミグレ, ビザ,

2015年3月
チェンマイへ 1日目

台湾からLCCV-Airを利用して無事にチェンマイに到着。
時刻は20:30くらいになっています。
この時間になると、空港内のお店は閉店してるとこが多いです。

両替所も同じで、
国際線ターミナル側にようやく開いてる銀行を見つけました。
どうやら、ここしか開いてないようですね。

空港案内所のカウンターのところに、
無料SIMカードも発見。ゲットします。
今回は、SIMフリーの携帯持参でやって来たので、
このSIMを差し込んでみましょう。
ホテルに着いてから試してみることにしますか。

国際線側のタクシーカウンターは混雑していたので、
国内線側、ターミナルビルの一番北側まで移動し、
翌日、借りるレンタカーHertzのカウンターの位置も確認。すぐにわかりました。

表に出てタクシーのオバちゃんに声かけると、
すぐにタクシーに案内してくれました。
待ち時間は2分くらいでしたね。早い。

目指すはニマンヘミンにあるホテル、
GerardHabitat
ニマンヘミンのソイ3にあります。

ソイ3までは空港から10分くらいで到着。
というのも、このタクシーは、空軍基地の中を突っ切るルートを通ったからです。
でなければ、所要時間はもう少し長いですね。

週末とあってか、ニマンヘミン通り界隈は、
多くのタイ人の若者で賑わい、道も渋滞気味です。

Agoda経由での予約はしっかりと入っていて、
GerardHabitatへチェックインできました。
さて、晩御飯と行きますか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : チェンマイ, LCC, V-Air, タクシー, SIM, 無料, ニマンヘミン, GerardHabitat, agoda, ,

2016年5月

沖縄の那覇空港になんとまた、
LCCが1社就航します。
それもなんと、V-Airです。
VAIR那覇へ就航


我々が、タイへ行く時に、
わざわざ台北で乗り換えていく、
感じのよい若いCAさんが多い、
非常に好印象のLCCです。

そのV-Airが、なんと那覇に乗り入れです。
2016年7月1日から週3便。毎週 月、水、金。
台北12:30⇒沖縄14:50 ZV228
沖縄15:50⇒台北16:15 ZV229
となるようです。

記念セールをやってましたね。
片道3600円からだったんですが、
もう終わってしまったので、片道6000円くらいからとなる模様です。
これに那覇空港使用料やら、台北空港の使用料もかかってきますので、
往復で15000円くらいが最低になるんでしょうかね。

この分では、日によってはピーチが安いかも。

これで、
沖縄ー台北区間では、
LCCが
ピーチ
タイガーエア台湾
V-Air
の3社になるので、利便性が上がってくれるといいですね。

おそらく、台湾からのインバウンドの旅行客が多いのでしょう。
それを見越しての新規就航となるはずで、
人数がもっと増えれば、デイリー運航になる可能性もあるかと。

V-Airは、日本路線だけでも、羽田、茨城、名古屋、関西、福岡、那覇と、
6路線目ですので、
日本路線に力を入れていることが伺えますね。

また、V-Airは熊のキャラクターを駆使して、
集客をはかっており、
これがまた可愛いので、受けてるのでしょうね。
なんか、明るい感じのするLCCエアラインです。
自分としては、かなりお勧めです。

別のLCCの、ジェットスターパシフィックが、
マカオから那覇へ乗り入れを表明してましたが、
頓挫してしまったので、
こうした、LCCの那覇乗り入れは嬉しい限りです。
もっと増えて欲しいですね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 台北, 沖縄, 那覇, LCC, V-Air, ピーチ, タイガーエア台湾, セール,

2016年3月
タイへ
7日目

いよいよ、帰国の時間が近づいてきました。
本日の夜の21:30のV-Air台北行きで、
タイの地を離れることになります。
1週間なんて早いものですね。
台北では、少し時間がありますが、
深夜の時間帯ですので、どこにも行けないでしょう。
空港で夜明かしすることになるんでしょうな。

レイトチェックアウトはOKなので、
リンピンビレッジの優雅な朝御飯を時間掛けて食べて、
しばしの間、のんびりと時間を過ごします。

ここで、日本人に会いました。
初老のお一人で来られている、旅慣れた様子の紳士でして、
「このホテルは、団体がいないからいいよねえ」と、
リンピンビレッジを気に入られている様子でした。
やはり、某国の団体からは逃れるようにしてるらしく・・・
久しぶりにチェンマイに来て、のんびりし、本日バンコクへ戻って帰国されるとのこと。
やはり、チェンマイは落ち着く街なのだそうです。
我々もまったく同感ですね。

リンピンビレッジにて1
リンピンビレッジ内の不思議な木


朝食の後は、
レセプションに立ち寄り、
レイトチェックアウトについて聞いてみると、
部屋の移動はすでにOKということなので、
鍵をもらって部屋移動開始。

大きな荷物だけ、
ホテルの人が運んでくれました。
あてがわれた部屋は、1階の端っこで、
レセプションのすぐ近く。
予備の部屋って感じがしなくもないですが、内装はさっきと一緒。

最初に到着して、いきなりこの部屋には、
ホテルとして入れたくないのかもしれませんね。

でも、プールも目の前だし、
我々としては悪くないお部屋で、申し分ないです。
アメニティもすべて補充済み。
でも、短時間の滞在ですからね。

本日は、
まず郵便局に、この巨大段ボールを持っていき、
日本に向けて発送しないといけませんね。
これは、かなり重要なお仕事です。

その前にリンピンスーパーへ行きます。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : リンピンビレッジ, レイトチェックアウト, バンコク, チェンマイ, 郵便局, V-Air,

2016年5月

さて、
昨日に続き、今日もタイの旅行記は後にして、
旅の情報です。

まず、台湾のLCCV-Airがセールをやっている模様。
全路線片道4900円から(税金などは別)と
かなりお得な価格ではありませんか。
例えば、台北からチェンマイ往復だと、ざっくり計算で往復14000円くらいです。
これは一番安い日を想定した場合ですが。
これを購入しておき、台北まで安く行く方法を発見すれば、
チェンマイ往復30,000円以下のチケットの組み合わせが完成!

V-Airは、
7月から沖縄路線にも就航しますし、
茨城、羽田、名古屋、関西、福岡と日本路線は多彩ですので、
お得な台湾旅行ができるかもしれませんよ。

ぜひ、V-Airのサイトを一度ご覧になられた方がよいかもしれませんね。

Vair4900


実は、前回の日記から、
ブログ名が少し変わったのです。
というか変更しました。

今後は、
よりアジアの暮らし雑貨トリップアンクルと、密接にリンクしていくために、
「私の極楽旅行日記(トリップアンクルの日記)」
とさせていただきました。

どこまで、商品を宣伝させていただくかは未定ですが、
まずは、トリップアンクルはどんなか?
ということを知ってもらえたらと思いますね。

もしかしたら、全然宣伝しないで、
旅の話ばかりになるかもしれないし。
それは、その時々で、決めていこうかなと。

とりあえず、ブログ名に少し変化があったことを、
お知らせしてして、今日のところは。。。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : V-Air, 台北, チェンマイ, LCC, 沖縄,