FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


空港の出口の境界線を挟んで、対峙していた私と多くのベトナム人ですが、その中から一人の男の人ががすっと抜けて、こちらへ歩いてきました。

ぐっと身構える私。
「ハロー、タクシーが必要ですか」と英語で聞いてくる男。
胸には、空港の職員らしき顔写真入りのバッジが付いているが、こんなもので信用はできない。
偽物のバッジもあるだろうに・・・
しかし、この膠着状態を抜け出るには、よいチャンスと思った私は、「市内までタクシーはいくら?」と聞いてみました。
「ホテルの予約は?」
「してある」(ウソ)
「どこのホテル?」
「○○○ゲストハウス」
「OK.15ドルだ」
なるほど、ぼったくってきたなと思いました。
事前情報では、高いことを言われても、交渉次第で7ドルまでは下がると聞いていたので、粘り強く交渉。しかし、あっけなく7ドルとなってしまいました。
少し拍子抜けです。

交渉がまとまったので、その男の後に付いて、境界線を突破です。
案の定一斉に私に群がる、ベトナム人の男たち。
ホテルがどうの、この男よりこっちの方が安い、サービスが違うなどなど、もうめくらめっぽう営業してくるが、全てを無視して私は空港の外に出ました。

さらにトボトボ歩き、空港のパーキングの端に停車していたタクシーに案内されました。
車体は普通のタクシーであり、白タクではなかったので、少々安心です。
ただ運転手は、この空港の男ではなく、別のベトナム人でした。
こうなれば運を天に任せましょう。ということになり、意を決して案内してくれた男に礼を言い、タクシーに乗り込んだのでした。
(つづく)