FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


そうして、やっと空港から市内へ入ることになりました。
乗ったタクシーは、走り出しましたが、その道は本当に合ってるのかどうか知る由もありません。
こんなところにも、初めての国に来たときのスリリングさがあるのかもしれませんが。

ホーチミン市内へ向かうタクシーから、街を眺めてまず驚いたのが、バイクの多いこと多いこと。
信号待ちで停まろうものなら、周囲をバイクに囲まれてしまいます。
そのバイクも、3人や4人平気で乗っています。バイクといってもカブです。
要するに、家族全員がそのまま、カブに乗っているんです。
お母さんが子供をおんぶしたり、だっこしたり、ハンドルを握るお父さんの前にもう一人子供が乗ったりと、日本じゃまずあり得ない乗り方をしているんですね。
これには衝撃を受けましたよ。

市内へだんだん入っていくのは、わかるんですが、一向に大きいビルがないんです。
これは私の大きな勘違いで、ベトナムもタイとそんなに変わらないだろうという風に思っていたので、余計にそんな風に感じたのかもしれません。

30分くらい走ったでしょうか。
到着したとのことです。
辺りを見回してみると、殺風景なところです。
しかしよく見ると、211ゲストハウスの看板が見えたので、そのままUS7ドルを払ってタクシーを降りました。

後で聞いた話だと、このケースは非常に珍しく、普通は運転手と契約を結んでいるホテルに行きたがり、なかなか自分の言った目的地に行こうせず、トラブルになるケースがほとんどだそうです。
一回で、ノートラブルで空港から市内へ、しかもタクシーで運ばれた私は、かなりラッキーであったとのことでした。
他のホーチミンに行った友人に聞いても、やはり空港から市内へのタクシーでは必ずトラブルが生じているとのことでした。ホテルを予約してあると言っても、「いや、そのホテルはクローズしている」とか適当なウソをついて、運転手自身の利益になるホテルへ連れていくんだそうです。

現在はどんな状況なんでしょうか。