FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


統一会堂前で、物売りとシクロの攻勢を受けていた私ですが、
次々にやって来る物売りをすべて無視していました。

そんな態度の私に痺れを切らしたのか、一人のアイスクリーム売りの少年が、無理やりカップにアイスを盛り、私の目の前に突き出しました。
当然のごとく無視する私。

そんな私の態度をあざ笑うかのように、屈託のない笑顔で、
「フリー!プレゼント!」
タダなわけないでしょ。どうせこうしておいて、後になって金を請求してくるに違いない。と踏んだ私でしたが、この件では外野が黙っていませんでした。
周囲に居た別の物りやら、シクロの運転手やらが、近寄ってきては、私にそのアイスをもらうようにそそのかします。
頑として受け取らない私。
そんな様子を見かねたのか、5人ほどの物売りとシクロの運転手がやって来ました。
そして皆で、私にアイスをただで貰えと言ってきます。
そして、そうこうしているうちに強引に手にアイスカップを握らされてしまいました。

その後は食べろ攻撃です。
一口でも食べないと、収まりそうもない場の雰囲気に飲まれ、一口食べてしまいました。
そうこうしているうちに、アイスの少年の目つきがだんだん変わってきたのがわかりました。
これはやばい方向へ行っている。と感じたのもつかの間でした。

ついに来ました。やばいお告げです。
その少年は、さっきまでとは打って変わり、全く違う険しい表情で、食べたのだから10ドル払え!と言ってきたのです。
周囲もそれに同調して、10ドルだと言ってきます。

あまりの法外な料金にぶち切れる私。
ハーゲンダッツだってそんなにしないって言うの!
思わず日本語で怒鳴り飛ばしましたが、多勢に無勢です。
とにかく負けじと大声で、それも日本語で怒鳴りまくっていましたが、何となく不利な状況になっていき、身の危険を感じた私は、隙を見て約10000ベトナムドン(当時のレートで約1ドル)を強引に、アイス売りの少年のポケットにねじ込み、ダッシュで逃げました。
どこまでもどこまでもひたすら走り続けました。

その後追いかけてこないところを見ると、たぶんいつも彼らは、グルになってこういうことをやっているのでしょう。
10000ベトナムドンでも、彼らにしたら大金ではないでしょうか。
だってアイスはほんの一口しか食べていないのですから・・・。
それも押し売り同然ですからね。

ますます、ホーチミンが、嫌いになっていきました。
現在でもこの手口は横行しているのでしょうか。もしベトナム旅行をお考えの方。ご注意を。