fc2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


ホイアンからフエへの移動は、かなり距離も短く、他の区間と比べたら楽な部類です。
ホイアンからフエへの所要時間は、4時間くらいではないでしょうか。

現在は、フエとダナンの間にあるハイヴァン峠に、トンネルが開通し、所要時間は短縮された模様です。
このハイヴァン峠を境に、気候が全く変わってくるとのことでありましたが、1998年5月の気候では、それほど変わったとの記憶はありません。
北も南も暑かったという記憶が残るのみです。
ただ、峠を登りきった辺りは空気が涼しく感じられたのを覚えています。

ホイアンを出発すると、程なくしてダナンの町に入りました。
私の旅行の前にベトナムを周遊していた友人によれば、ダナンはろくでもない町であるとのことでしたので、今回はツアーバスが寄らないこともあって、あえてパスしていた町です。
バスの車窓から、ダナンの町を見た感じですと、なるほど、やはりろくでもない町なのかなあという雰囲気は感じられました。
でも実際に降りて、歩いて確認したわけではないので、間違っているかもしれません。
思い込みとは怖いものなんですね。

そんなダナンの町を通過して、2005年にトンネルが開通して所要時間が短くなったというハイヴァン峠を越えるといよいよフエに到着です。

フエはベトナム最後の王朝があった場所で、1993年に世界遺産に登録されました。
ホイアンでだらけてしまったので、気を引き締めてのフエ入りとなりましたが、ここでもまたある程度の洗礼を受けました。

フエの様子は、次回書きます。