FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


いつもどおり、まずはバンコクに来ないと、私の旅は始まらないのです。
バンコクまでは、国内と変わらない感覚で、やって来ます。

ここで、もし次の国に行く気があるのならば、すぐに手配をしないといけません。
手配を怠ると、延々とバンコクに沈没していくことになってしまいます。
今まで何度沈没したことか・・・
今回はそうならないようにしよう。と心に決めていたので、バンコクのカオサンに着くやいなや、すぐさま現地の旅行代理店に走ったのでした。

いつもの現地の旅行代理店で、すぐにヤンゴンまでのチケットを予約してもらい、ミャンマービザの申請です。
いつか書いたハノイでのラオスビザ待ちとは異なり、2日後にはできるとのこと。しかも東京で取るよりも安いのでした。
ベトナムハノイでの1週間は何だったのでしょう?私は騙されていたのでしょうか?

ミャンマーの首都ヤンゴンへは、1999年当時は、ミャンマー航空、タイ航空、ビーマンバングラディシュ航空の3社がバンコクから飛んでいました。
ビーマンが一番安いのですが日程的に合わないので、ミャンマー航空をチョイスしました。
マイルはつかないけれども、未知の国の航空会社には非常に興味を持って、決めてしまいました。

これを書いている2009年8月現在、バンコク発ヤンゴン行きのチケットは5000バーツくらいからあるようです。
1999年当時もそのくらいかもう少し安かった気がします。

これで今回もどうにか、バンコクに沈没せずに済みました。