FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


薄暗くなったデリーの空港にエアインディアのボーイング747は、無事にタッチダウンです。
暗い空港の中をターミナルへタキシングしていきます。

もう不安は絶頂に達していました。
たまりかねて、隣の席に座っていたビジネスマンと思しき日本人の方に、
「市内まではどうされるんですか?」と聞いてみました。
すると、「迎えの車が来てるからね。問題ないんだ」と言われてしまいました。
また不安が増長・・・

というのも、デリーから市内への移動はタクシーしか手段はなく、結構リスクが高いと聞いていました。
要するに、このタクシーと旅行者の間で、まっすぐ目的地には行かない、無理やり自分に有利なホテルに行こうとする、強盗と化すなどなど・・いろいろなトラブルが絶えないということです。
空港のプリペイドタクシーですらという噂・・・

なので、なるべくデリーの空港で、一人旅と思しき日本人と組んで、複数人で市内へ向かった方がよいと、友人が言っていたからです。
友人は単独で、市内へタクシーで向かい、お金こそ取られなかったものの、偉い目にあったそうです。
デリーの空港から市内へのタクシーは、今でもリスクは高いのでしょうか?
これは10年以上前の話ですので、今から行かれる人は、しっかり情報収集してくださいね。

飛行機はターミナルビルに付けられて、いよいよデリーいや、インドへの第一歩です。
結局誰とも組めないまま、一人で市内へ向かう覚悟も決めながら、ターミナルへ入っていきました。
またこのターミナルが、薄暗いこと・・・・
これまた今は新ターミナルになっているはずなんですがねえ。
そんな薄暗いターミナルを歩いていると、一人旅と思われる日本人を発見ました。
声を掛けてみると、一人旅で今日の宿も当然決まっていないとのこと。
「いやあ、僕もインドは始めてだから、一緒に行こう!」ということで、快く市内までの同行を承諾してくれました。
この時は本当に助かった・・・と思ったものです。

それから入国審査を抜けていよいよ悪名高い、デリー空港の両替に向かいました。