FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


デリー空港のツーリストインフォメーションで、無事?ホテルの予約は完了。
デリー市内に近いホテルに決まりました。
写真を見た感じはとてもいいので、とりあえず即決。
夜も遅くなりそうなので、この良いホテルに1泊だけして、明日から安宿を探せばよいという結論に達していました。
クーポンなどはなく、現地で直接の支払いとのこと。

ついでにタクシーもということになり、
同じツーリストインフォメーションのカウンターで、タクシーも依頼しました。

しばらくすると、ドライバーと名乗る男が現れて、車へ案内されました。
空港を一歩出ると、そこはえらく薄暗く、いろいろな人や犬が居ました。
とても首都の空港と言うには遠い光景であり、なんとも不気味な感じがしたものです。
「これはやばい国に来たかも」という不安はますます増長されるに至り、
顔は引きつっていたに違いないでしょう。

空港の薄暗い駐車場に案内されると、1台の車が停めてありました。
これがタクシーだと言うのです。
他にもタクシーが停まっている様子はなく、明らかに変な様子でした。
しかしこの車、どう見てもタクシーの表示はありません。(行灯なし)
これは白タクであることは明らかです。因みに車種はアンバサダー。インドの国産車です。
タクシー料金は確かすでに払っていたので、案内されるがまま、この車に乗り込む以外にないような成り行き。

男3人は果たしてどうしたか・・・
「これ白タクだよね。やばいかな・・」という会話はあったものの、
運を天に任せて乗るしかないようでした。

何となく騙された感を持ちつつも、しぶしぶその白タクに乗ってしまいました。
当時はそうしたけれど、今ならどうするか?
たぶん、文句を言いにカウンターまで戻り、ちゃんとしたプリペイドタクシーを使うかもしれません。
まあプリペイドタクシーが100%安全なんて保証は、どこにもないのですが・・・。