FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


1995年2月25日

スラム街を抜けて、やっとムンバイの国内線空港に到着です。
空港名は、サンタクルズ空港。国内線のターミナルがあります。
国際線は、サハール空港と言います。

サンタクルズ空港は、国内線のターミナルが2つありました。
チケットを買うときに確認したところ、国内線ターミナルは1Aと1Bに分かれていて、1Aからの出発と言われていたが、タクシーは、1Bに停車してしまいました。

いくら説明して、1Aまで行って欲しいと言っても
運転手は「ここがドメスティックターミナルである」と言って譲りません。
仕方なく、ここまで無事に連れてきてもらえたことに感謝して、お金を払いタクシーを降りました。
タクシー運転手は、何故1Aまで行きたくないのかは不明のままでした。戻るのが面倒なのでしょうか・・。

とはいっても、ターミナル1Bから1Aは見えています。
1Bは古いターミナルでしたが、1Aは近代的な建物に見えます。
距離にして500mくらいだったでしょうか。
すっかり朝の太陽は昇り、暑い光線が照り付けてきました。

歩いて辿り着いたターミナル1A。
とても綺麗な近代化されたターミナルです。
ここでチェックインを行いました。

国内線ですが、パスポートのチェックもありました。
インドの国内線は平気でオーバーブックしたりすると聞いていたので、早めのチェックインをしたのですが、
別になんてことなかったですね。
特にオーバーブックしている様子もなかったですし・・・

空港内でゆっくりとして、コーヒーでも飲みながら、出発時刻を待ったのでした。
インドの空港は予想外に快適かもしれないと、思いつつ。