FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2015年3月
チェンマイへ 1日目

那覇からのチャイナエアラインは、
少し遅れたものの台北桃園空港に到着しました。
満席ですので、降りるのも時間がかかりますね。
荷物が棚に入っているので、取り出すのは最後にしようと諦め、
一番最後に降りました。
ゲートの出口のとこでは、
チャイナの係員が誘導しておりました。
この飛行機は、A-9ゲート(第1ターミナル側)に到着したのですが、
入国審査は第2ターミナルで行わなければならないというもの。
もし、強引に第1ターミナルへ行って入国したとしても、
荷物を預けていた場合には、第2から出るので、ピックアップできない・・・
という事態になるはず。
そもそも、日本路線は第2ターミナル扱いなので、
第1でイミグレしたら、何かの不都合が生じるのかもしれませんね。
試したい方は、自己責任でお願いします。

乗り継ぎの場合は、
そのまま第1のトランジットエリアを通過できるのかもしれません。
バンコクとかに乗り継ぐ人は、
確認の上、それぞれ案内しているようでした。

我々が次に乗り継ぐV-Airは、
第1ターミナルでチェックインなので、
荷物もないしこのまま第1でイミグレ通過させてくれたらいいのになあ・・・
でも無理っぽいので、あえて確認しませんでした。

第2ターミナルの入国審査までは、
かなりの距離を歩かされました。
やっとこさ、入国審査の長い列に並びましたが、
列が長い割には、30分くらいでしょうか、
1時間?とか思った割には半分くらいで通過できました。

乗り継ぎ用のトランスファーカウンターが、
制限エリアにあれば入国しないで済むのかもしれませんが、
V-Airについてはないので、表(一旦入国した側)の台北空港内のカウンターで
チェックイン手続きが必要なため、短時間に入国をすることになりました。

台湾の消火器

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村








関連タグ : 台北, 桃園空港, ターミナル, V-Air, トランスファー, 乗り継ぎ, LCC,