fc2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


タイ/バンコクの東急百貨店2021年1月末で閉店との話

2020年11月


コロナウィルスの蔓延につき、
タイ入国が果たせてない間に、
日系の百貨店が閉店していく・・・

ついに、最後の日系の百貨店の東急も撤退です。
2021年1月末で閉店とのこと。

いやあ、時代を感じますね。

今現在バンコクにある東急百貨店と言えば、
MBK(マーブンクーロンセンター)内の店舗ですから、
MBKがなくなると思ってしまいがちですが、
そうではなくて、MBKの中にある東急百貨店が閉店となるわけですね。

MBKはなかなか面白い場所なので、
無くなるというのはイメージが湧きませんね。
あの、混とんとしたお店がひしめき合う雰囲気は何とも好きな場所の一つです。

バンコク伊勢丹閉店の時も残念でしたが、
今回は、バンコクから日系の百貨店が消えるという、
とてもショックなお話でした。

2021年1月末までとのことですので、
その頃までに渡航できる機会ってあるのかな?

バンコクの地では、
伊勢丹に続き、東急百貨店が開いてる様子を見れないのかと思うと、
何だかとても寂しいですね。

自由にタイに渡航できるようになるのは、
まだまだ時間がかかりそうです。

タイから見ての日本は「中度感染危険国」となってしまったので、
特別観光ビザの発給ができなくなってしまいました。
入国もたぶんできない、ということは飛行機にも乗れないということなのでしょうか??
もし、特別観光ビザ持ってる方がいたら、
大使館によく確認された方がいいですね。

最近までは、「低度感染危険国」だったのですが、
月に2回ずつ、各国がどの程度危険か見直されていくようですので、
日本が良い方向に行けることを願うしかないですね。

日本の感染者は増えているようですから、
このままだと・・・
海外旅行はまだまだ先になってしまうのでしょうか?

伊勢丹のあたり


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : タイ, バンコク, 東急百貨店, MBK, マーブンクーロン, 伊勢丹, 閉店, 日系百貨店,

イビススタイルズ・バンコク・カオサン・ビエンタイがASQホテルに

2020年11月

まだまだ、タイに簡単には観光で行けないし、
特別観光ビザも発給対象国から外されてしまった日本ですが、
そんな中で、ASQのホテルは確実に件数を増やしています。

そしてついに、100軒を超えてきましたね。
で、104軒目のASQ指定ホテルとして、
イビススタイルズ・バンコク・カオサン・ビエンタイが指定されました。

昔の話になってしまいますが、
カオサンにある旧ヴィエンタイホテルです。
それが、イビススタイルの系列にリブランドされて、
現在に至るわけです。

私がカオサンに宿泊していた頃は、
ヴィエンタイホテルなんて高嶺の花でしたけれどね。
1泊100バーツとかのゲストハウスに宿泊してましたんで。。

よくても、
D&DINN(今でもある)や、NANAPLAZA INとかのAC付400バーツくらい
のお部屋に泊まるのが関の山でしたからね・・・
セコイ話です。

年齢と共に、
次第に楽をするようになり、
宿泊ホテルもゲストハウスではなくなり、
宿泊エリアが変化していったこともあり、
カオサンエリアに宿泊することはなくなってしまったんですが、

ASQに旧ヴィエンタイホテルが指定されたということで、
「ああ、ついにカオサンのホテルもか・・・」
と思いましたが、

値段を調べてみたら、
結構高いのですね。

ASQホテルは、コストがかかる・・・

現在の
カオサンのエリアは、
ツーリスト目当てのお店が多いことから、
今は閑古鳥状態らしく、厳しい経営状態が続いてるようですね。

カオサン自体が、タイ人もよく来るエリアに変化したみたいな話も聞きましたが、
やはり、ツーリストに占める割合もかなりあったのでしょうね。
インバウンド不在で、
ゲストハウスも休業してるところが多いみたいで・・・

イビスとしては、
この状態だと、ASQに指定してお客さんを入れた方がよいと判断したのでしょうね。

もしかすると、
お世話になることがあるかもしれない、
いや、このままの状況だと必ずお世話になるであろうASQホテル。
どこに宿泊がよいか、想像を膨らませることで、
タイロスを回避してる今日この頃です。

ドイカムの寝釈迦


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく

関連タグ : ASQ, ビエンタイホテル, イビススタイル, カオサン, ゲストハウス, 懐かしい, タイロス,



タイの観光ビザの取得要件、預金が2万バーツに緩和 隔離はあり

2020年11月

日本はタイから見て、
コロナウィルスの中度感染危険国になっているようです。

なので、
STV特別観光ビザの申請はできなくなってしまいました。

しかしながら、
普通の観光ビザの申請は受け付けている模様です。

タイ大使館のホームページ上で、
観光ビザの取得要件が案内されていますね。

東京の大使館と大阪の領事館で、
微妙に異なる点があることに気が付きました。

東京は、銀行英文残高証明書
大阪は、預金通帳のコピーと残高証明書

で、気になる金額ですが、
以前は、50万バーツ相当の預金証明が必要でしたが、
現在は2万バーツ相当になっており、
預金証明の金額がかなり緩和されてきました。

日本円だと、およそ170万円から一気に7万円まで低下した感じですね。

50万バーツでは、いくらなんでも高すぎる。
だってただの観光ビザではないか・・・
という思惑?がタイ政府内で働いたんでしょうか。
「ちょっと高すぎたかな。。。」
と言う感じで。

このくらいの金額なら、
取得したいと思える人は、かなり増えたんじゃないでしょうか。
タイ好きが多いので。。

しかし、難関はまだあります。
ビザの取得要件は緩和されたとしても、
強制隔離は残っているので、
到着次第、14日間(15泊16日)の強制隔離に自費で入ることなりますが・・

なので、短期でパッと旅行するのは不可能ですね。

日程としては、
行きで、まず15泊16日の隔離。
途中は、10日間の旅
帰りは、日本到着後の14日間公共交通機関の使用禁止
トータル40日。
みたいな感じでしょうか。

日数もさることながら、
航空券代、
観光ビザ代、
隔離ホテル代、
事前のPCR検査代、
現地での費用、
帰国後の14日間滞在費
など、諸々の費用がかかるので、結構な金額になりそうですね。

時間とお金があれば、
入国させてあげるよ・・・
コロナ予防の上で・・・
そんなタイ政府の声が聞こえてきました。

ビザの取得要件は、
急に変更されたりしますので、
取得希望の場合は、大使館のサイトをよくご確認ください。
手続きは複雑ですので、慎重にされた方がよろしいかと。

東京 タイ大使館
http://site.thaiembassy.jp/jp/visa/type/9568/

大阪 タイ領事館
http://www.thaiconsulate.jp/files/user/pdf/Visa_TR_JP.pdf



戦勝記念塔周辺201804



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 観光ビザ, 取得要件, 特別観光ビザ, タイ, 入国, 隔離, ASQ, ,