沖縄から東北の仙台へ行く方法・・・その2 スカイマークを利用

ここでは、「沖縄から東北の仙台へ行く方法・・・その2 スカイマークを利用」 に関する記事を紹介しています。
2017年6月

沖縄から東北の仙台へ行く方法・・・その2 スカイマークを利用

前回は、ピーチのフライトで、
沖縄から関西空港へ、そして乗り継いで仙台へという提案をしましたが、
時期によっては、同日で行けない可能性もあります。
午前中の沖縄-関西が運航されない時期もあるのです・・・
早い時間で15時那覇発が始発・・・ 
17:00に関空着いて、18:00発の仙台行と、1時間しかありません・・・
1時間では、相当リスクが高いかと思われますので、おすすめできませんね。
そうなると、関西で1泊という余計なコストがかかってしまいます。

なんとか行けたとしても、それは結果であって、
乗り継ぎのリスクが高すぎるので、
何とかならないか、代替え案はないかと模索してると、
ありましたよ。いい案が。

神戸空港を利用して、
スカイマークで仙台空港まで神戸乗り継ぎで行こうというものです。

スカイマークは、一時仙台から撤退してましたが、
2017年7月から、再び神戸から仙台へフライト復活となるので、
これを利用するというものです。

那覇-神戸は1日3便あり、
神戸-仙台は1日2便となっており、
那覇を12:00ぐらいの便で出発すると、神戸で3時間ほど待ちが発生するも、
17:35の仙台行の乗り継いで18:55に仙台到着となります。
運賃もいま得で安ければ、
那覇-神戸 5,500円から
神戸-仙台 5000円から
合計で10,500円からと、それほど高くありません。

ところが、
帰りは、そうもうまくいきません。
神戸発沖縄行きのフライトの時刻が早すぎて、
仙台から神戸に朝一で飛んできても、乗り継ぎできないのです・・・
なので、帰りは、安くなら、ピーチ選択となりますね。
ピーチならば、仙台から朝一の関西行に乗れば、
関西空港で5時間くらいの待ち時間が発生しますが、
乗り継ぎは可能ですので、帰りはこの作戦かよろしいかと思いますよ。

乗り継ぎも面倒くさいし、
時間がかかるのは嫌という場合は、
全日空のフライトしかありません。
旅割75で購入すると、片道16,500円からとなってました。
これをどう見るかは、各自の旅のスタイルによりましょうか。




Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/1045-e2b26dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック