ワットロンクンの帰りは、ソンテオで。そのまま昼食へと

ここでは、「ワットロンクンの帰りは、ソンテオで。そのまま昼食へと」 に関する記事を紹介しています。
2017年3月から4月
タイ買付けへ
10日目

ワットロンクンの帰りは、ソンテオで。そのまま昼食へと

ワットロンクン見学終了後は、
どうやって市内へ戻ろうか・・・
と考えていて、
道に出てチェンライ市内方面へのバスでも拾おうかと思ったんですが、
すぐ近くに、青いソンテオが1台停車していたので、
近づいて声をかけると、チェンライ市内のバスターミナルへ行くというので、
乗り込みます。
1人20バーツとのこと。

日本人の夫婦の先客がすでに乗車済みでした。
ピサヌロークにお宅がある、ロングステイの方で、
日本にも自宅があって行き来してるとのことで、
うらやましいですなあ。
そんな生活を、我々も目指したいものです。

チェンライ行きのソンテオは、
8名くらいの乗客になったところで出発。
パポンヨーティン通りを北上して、
20分程度でバスターミナルへ戻って来てしまいました。

行きはタクシーでしたが、
帰りは、ソンテオ。
料金は当然ソンテオの片道20バーツに軍配上がるので、
往復ソンテオでもいいかなと思いました。
ただ、バスターミナルで簡単にソンテオが見つかるかは、
調べてないのでわかりませんが、
勝手な予想として、バスターミナル周辺で、誰かに聞けば、
その時の乗り物に案内してくれるんじゃないかなと思います。
往復ソンテオも、全然ありなので、これから行かれる方は、ご検討を。

そのまま、日本人夫婦とは別れて、
我々は昼食に行きました。
行ったのは、Phang-nga Restaurant



ここは、Prompt Cafeのオーナーの紹介です。
森の中にいるような感覚、なんとも言えない雰囲気のレストランでした。
料理はタイ料理とベトナム風のも少し。
かなりマニアックなお店ですが、
それでも結構人が入ってくるのですね。
お味は、タイ料理の味でしたが、独特な雰囲気を味わえるお店でした。
大通りから少し入りますが、17時閉店と割と早くに閉まるので、
ランチ向きでしょうか。

phangga


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/1049-873a38f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック