FC2ブログ

ピーチに預けたトランクが破損・・・LCCなので保証なし。クレジットカード付帯の旅行保険で修理

ここでは、「ピーチに預けたトランクが破損・・・LCCなので保証なし。クレジットカード付帯の旅行保険で修理」 に関する記事を紹介しています。
2017年6月
6月のタイへの仕入れ バンコクのみ
6日目


ピーチに預けたトランクが破損・・・LCCなので保証なし。クレジットカード付帯の旅行保険で修理

最後にトランクが壊れていたのは、
正直ショックでしたね。
まだ、4回目のご旅行でしたので・・・

で、クレジットカード付帯の旅行保険の電話番号に電話します。
状況を説明すると、
自己負担額(免責)3000円で修理可能とのこと。
ただし、上限金額は時価額となるとのことでした。
これは、購入後1年もしてないので大丈夫でしょう。

今後の手続きとしては、2パターン。

1保険会社にすべて任せて、トランクを送り、指定の工場で修理する

2自分で購入店などに連絡して手配して、修理完了後に、修理金額を請求する

の2パターンを提示され、
2の自力でやるパターンを選択しました。

購入店に連絡すると、
直接サムソナイトの修理センターに連絡するようにと。
持って来られても、修理はできないので・・・お手数をかけますとのこと。

で、結局サムソナイトの修理センターに連絡し、
何日後かに、ゆうパックが集荷に来るので、
そのまま引き渡して、センターに移送し、見積もりしてから修理へという流れ。

結局、ゆうパックに引き渡して、
手元に戻って来るまで、入院は1か月くらいでしたかね。

ハンドル部分はPUハンドルというのだそうで、
少し色が変わったけれど、元通りに直って来ました。

この部分に強い衝撃があると、
カバーが割れて破損し、
レバーを押してもハンドルがロックされたままになってしまうんでしょうね。

バンコクで積み込み時か、沖縄で降ろす時にそうなったのでしょう。

念のため、LCCのピーチにもメールで問い合わせしてみましたが
やはりこのケースは、修理の保証はできないとのことでした。
その代わり、破損証明書を発行してくれました。

皆さんもLCCに荷物を預ける時は、
こんなことも起こり得るということを念頭に置いて、
保険などに入っておくことをお勧めしますよ。

今回は、12,000円くらいの修理代金でしたので、
3000円の免責ということで、
無事、およそ9,000円をもらうことができました。
保険の加入があってよかったです。

古いトランクだと、時価額になるので、
このあたりは保険会社によく確認した方がいいですね。

壊れたトランク201707


これで、2017年6月のタイ仕入の旅行記を終わります。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/1097-a96a52aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック