FC2ブログ

中華電信のSIM購入と両替してから、台北桃園空港から新幹線の高鐵桃園駅へ。開業したばかりのMRTで

ここでは、「中華電信のSIM購入と両替してから、台北桃園空港から新幹線の高鐵桃園駅へ。開業したばかりのMRTで」 に関する記事を紹介しています。
2017年12月
台湾へちょこっと仕入と旅行を兼ねて 台南&台北 4日間
1日目

中華電信のSIM購入と両替してから、台北桃園空港から新幹線の高鐵桃園駅へ。開業したばかりのMRTで

台北までは順調に飛行して、
ものの1時間足らずで着陸。
那覇からだと本当に近いですね。

で、入国審査ですが、
やはりそこそこ並んでいて、
30分くらいかかって通過しました。

入国後は、両替をします。
台湾は両替に苦労するイメージがあったので、
空港である程度の金額を台湾元に替えました。
手数料も取られるので、まとめての方がお得です。

そのあとは、SIMカードを購入。
キャリアは中華電信です。
日本でいうNTTドコモでしょうか。

今回は台南にも行くので、
いつも使ってる中華電信にしてみました。
他のキャリアも使ってみたいですが、また次の機会ですね。
因みに私は、昔から愛用してるNexus5を使ってます。
中華電信のバンドにも対応してるので、
カード差し込むだけで勝手に認識します。
カードの設定は、中華電信のカウンターの人がサービスでやってくれますので、
世話無しですよ。
中華電信SIM5日



と、空港にてある程度の旅の準備をしておき、
開業して1年もたってないMRTで高鐵桃園駅へ向かいます。

空港の地下にMRTの駅はあるのですね。
案内板があるので、迷うことはないのですが、
第1ターミナルの場合、到着ロビーから地下へ降りるエスカレーターが2か所ありますが、
MRTの駅へは、そのうちの1か所ですので、
よく案内板を確認して降りてくださいね。
我々は、間違えてバス乗り場の方へ降りてしまった。
バスも高鐵桃園への路線があるので、紛らわしいんですよね。

なんとか空港の新駅までたどりつき、
新しいMRTに乗って、高鐵桃園駅へ。

MRTの開業で、台北駅までのアクセスもかなりよくなっており、
もしも台北に行くのであれば、
利用してみたいところですね。
今回は、台北方面じゃない方へ乗車です。
台北MRT空港201712


20分くらいの乗車で、
高鐵桃園駅に到着です。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/1175-4fe53c3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック