ボダ島・チキン島

ここでは、「ボダ島・チキン島」 に関する記事を紹介しています。
かなりのんびりとし、外界から隔絶されたプラナンで、何もせずにただボーっと過ごすのは極めて贅沢というものと思い、大いに満足していたのだが、この沖合いにとても海が綺麗な島があると聞き、いてもたっても居られなくなってきた。
早速ホテルのツアーカウンターで、ボダ&チキン島の1日オプショナルツアーに申し込んだ。

翌朝ロングテールボート(クラビタウンからのと同じような船)で出発。
今日はかなりの大人数とかで、宿の従業員やら、ドイツ人の賑やか家族など12人ほど。

まず、沖合いのタップ島へ、ここは潮が引くと現れる砂浜があり、とても透明度が高い。まるでプールのようで、砂浜にボートが着くと、皆感嘆の声を上げた。しばし感動。海とはこんなに綺麗だったのか!昔はどの海もこんな感じだったのかなあ。
日陰がないので困ったが、この綺麗な海は見ているだけで飽きない。

その後は、チキン島(鶏の頭の形をした岩があるためこの名前)の付近で、シュノーケリングタイム。
最後にボダ島へ。各自シュノーケリングしたり、ボケッとしたり、思い思いに過ごす。
ボダ島は、バンガローもある比較的大きい島。海もかなり綺麗であるが、ライレイエリアよりももっと孤島の雰囲気なので、暇に我慢できない人には不向きかもしれない。なにせ、バンガローとレストランが1件ずつしかないんだから・・・・・。後は読書でもするしかないかも。ある意味贅沢ではある。

プラナンに戻ったのは16時ごろだった。
とても綺麗な海を見れただけで満足。参加する価値はあった。ただ日焼けが焼けどへ悪化したという後遺症が残った。恐るべし熱線。

クラビのホテルもちらほら掲載
ホテル探しはこちら→タイのホテル予約
アジアのビーチホテル

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/120-8fddf8b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック