FC2ブログ

Peachのバンコク発沖縄行 MM990 23時間遅延発生してた件

ここでは、「Peachのバンコク発沖縄行 MM990 23時間遅延発生してた件」 に関する記事を紹介しています。
2018年6月

Peachのバンコク発沖縄行 MM990 23時間遅延発生してた件

2018年6月14日のバンコク発沖縄行きの、
ピーチ MM990便は、23時間遅延した模様です。

理由は、機材整備となってましたので、
どこか不具合が発生したんでしょうね。

安全第一の運航でしょうから、
これは機械である以上、仕方のないこと。
もし、搭乗された方これを読んでいたら、本当にお疲れさまでした。

その23時間は、
いったい何をして、どのように過ごされたのか。。
さぞかし大変だったことであろうと、推測できます。

というのは、
おそらく乗客はチェックインを終え、出国手続きも終わっていただろうと。

どのタイミングで遅延が乗客に知らされたのかはわかりませんが、
Flightradar24によると、
那覇からバンコクへのMM989は、約1時間遅れの22:45に離陸。
バンコクへは、0:58に着陸となっています。

バンコクでのチェックイン開始は、
出発時刻の3時間前の22:25(タイ時間)から。
その時点では、折り返しの飛行機は1時間遅れだけれど、
出発済みということで、
30分程度の遅れは発生するかもしれないけれど、
チェックイン業務は普通に行われたはずですね。

この時点で、機材故障が判明していて、
23時間の遅延が決まっていたならば、
かなりラッキーです。
まだ、チェックインも出国手続きもしてないので、
市内へ戻ってホテルに宿泊して、
翌日の昼間は、バンコク市内をウロウロできるはず。
お金は余分にかかりますけれどね。。( ;∀;)

問題は、飛行機がバンコクに着いた時点での点検で、
不具合が判明した場合です。

0:58に着陸して、ゲートインしたのは、1:05から1:10頃じゃないでしょうか。
すでに、那覇行きに乗ろうとしていた乗客は、
ゲート前に集合済みで、
眠い目をこすりながら、搭乗開始を待ってる状態。
MM99020180614Delay

ここで、23時間遅れと言われたら、
かなり困ったことになりますね。

まさか、ゲート内で23時間過ごせとは言われないでしょうけれど、
出国済みで、出発制限エリア内にいるわけで、
もう一度再入国することってできるのかしら??

食事券とかだけ渡されて、
はいじゃあ22時間後くらいに来てください。
制限エリア内でどうにか時間をつぶしてください・・・
となったのではないでしょうか。
と、私の勝手な推測です。

まだ、広大なスワンナプーム空港の出発エリアですから、
端から端まで歩くと、相当時間かかります。
お店もたくさんあります。
が、23時間の暇つぶしは、かなりきついですね。

プライオリティカードを持っていたら、
ラウンジを渡り歩くとかもできますけれど。
持ってない場合は、ベンチにずっと座って、半分寝ているしかないですね。
あと、カフェをはしごするとか、
で途中でスマホの充電をするとか・・・

制限エリア内の、トランジットホテルに泊まるか。。。
お金はかかるけど、
やむを得ないということで、ピーチの乗客が殺到してたりして。。

いやあ、考えただけでも、ぞっとする事態です。

この便に乗ってしまった、乗客の皆様。
本当にお疲れさまでした。
自分もよく利用する路線ですので、明日は我が身と、
肝に銘じたのでした。

結局、このフライトは、
MM990Dとして、
バンコクを、翌日の0:31に離陸。
沖縄那覇には、7:02に着陸してます。
その1時間後には、翌日のMM990が定刻に到着と。。
23時間の遅延。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/1231-b097aea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック