メークロンへの旅 その15

ここでは、「メークロンへの旅 その15」 に関する記事を紹介しています。
ここはタイです。

写真ははメークロン駅の脇にある踏切。
廃線跡ではありません。現役のレールです。
列車が来ない間は、このように線路は完全に商店というか、屋台によって塞がれています。
これが通常の状態。↓↓↓↓↓
メークロン市場

列車の発車が近づくと、このように駅員が立ちます。
商店というか屋台は、このように一斉にテントをたたみ、商品を片付けてというかどかして、列車がちょうど通れるだけのスペースを空けます。↓↓↓↓↓
メークロン その1

いよいよ、バーンレム行き列車が発車。
踏切を通過し、みんな列車が通るのを今か今かと待っています。
そんな中を列車は最徐行でゆっくりと進行。↓↓↓↓↓
メークロン その2

列車が自分の屋台の前を通過すると、
「やっと行った~」とばかりに、一斉に今度はテントを広げ始めます。
これがまた素早いのです。ささっと。
その後は、また線路の上を屋台が塞ぐ、いったいここは市場なのか、線路なのか、よくわからないという、いつもの状態に戻るわけです。↓↓↓↓↓
メークロン その3



★タイでもバンコクを離れ、こうした田舎まで来ると、タイ語のみしか通じません。
そこでこの本があると、心強く思うことでしょう。
↓↓
シリーズ300万部突破!旅の指さし会話帳

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/205-2dbdc23a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック