マンダレーへ汽車旅スタート

ここでは、「マンダレーへ汽車旅スタート」 に関する記事を紹介しています。
東京ゲストハウスを後にして、次の街マンダレーへ旅立ちました。
マンダレー行きの列車は、18時にヤンゴン中央駅を出発し、翌朝の7時にはマンダレーに到着する予定でありました。
ところが・・・・

時間通りに出発するとのことでしたので、それまでには歩いて駅に到着。
少し買出しをして、水とちょっとしたお菓子を手に入れ列車に乗り込みました。
車内は、タイの2等エアコンの座席車両とほとんど同じ作りでした。
一応エアコンは軽く効いており、座席も一応リクライニングすることを確認し、少し安心。
やがて列車は、ヤンゴン中央駅を出発しました。
とりあえず、発車は時刻どおりですね。

しばらくは、市街地を走っているのか、家の灯りもいくらか見えていましたが、やがて闇の中を進むことになりました。
列車のスピードが上がってくると、噂の縦揺れが始まりました。
これはインドの列車よりひどいかも・・・というのが正直な感想です。
まず、客車自体のサスペンションが弱りきっています。
それに加え、保線状態も万全とは言えず、おそらくレールが波打っているのでしょう・・・
そのため、列車がガシャンと縦揺れするのです。
こりゃ脱線するのでは・・・と心配になるくらいです。

座っていても、お尻が座席の座面から離れそうになるくらいの激しい揺れです。
トイレに行くのは厳しいし、とても眠ることはできなさそうです。

そんな状況を味わいながら、夜も更けていったのでした。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/268-4924828f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック