マンダレーはまだ?汽車旅

ここでは、「マンダレーはまだ?汽車旅」 に関する記事を紹介しています。
昨晩からある駅で停まったまま・・・・
朝の7時だというのに、まったく動く気配なし。
いったいいつ発車するのだろう??と思いつつも列車を降りて探検です。

列車は客車の編成なので、ゴトリと急に動かれたら、手動のドアから乗り込めばいいだろうと考え、なるべく客車から離れずに行動することにしました。
こんなところで置いていかれたら、ビルマの竪琴の現代バージョン風?になってしまうことは間違いないですからね。

とりあえず、近所の子供と思しき人々が、ちょっとしたお菓子を売っていたので、それを購入して、昨晩買ってきた水と一緒に朝御飯としました。
それにしてもまだ発車しないので、もう一眠りです。
うとうとして、はっと目が覚めてみても、まだ外は同じ光景のまま・・・・
かなりショックでした。

いい加減に、僕はもうこのままここから出れないのじゃないか?
と真剣に考えたものです。
どこかで何か良くないことが起きてこの列車だけ、孤立して取り残されているとか、先行列車が事故を起こしているとか、国に何か良くないことが起きているのか・・・?
などなど、想像はどんどん膨らんでいきます。

列車の付近に、これ幸いと群がっている物売たちも、売るものがなくなったのか、飽きてしまったのか、日陰に座り込んでしまっています。
まったくやる気を失ってしまったようです。
日も高くなった10時ごろ、ようやく汽笛が聞こえ、ゴトリと汽車はようやくマンダレーへ向けて出発しました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/271-2e763034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック