トリヴァンドラムへ

ここでは、「トリヴァンドラムへ」 に関する記事を紹介しています。
1995年2月25日

ボンベイを飛び立ったインディアンエアラインズの飛行機は、
順調に南下を続け、とても快適な飛行です。
国内線にもかかわらず、簡単な軽食も提供されました。
ボンベイからの所要時間は2時間くらいでしょうか。

やがて飛行機は高度を下ろしていきます。
眼下に青い海が見えました。生まれて初めてみるインド洋です。
そうゆう光景に感動していると、今度は眼下に滑走路が見えました。
あそこがトリヴァンドラムの空港かな?
と思っていると、空港の上空を一旦通過して、インド洋に出て旋回し、無事に着陸となりました。

空港にはボーディングゲートはないので、飛行機を降りてからターミナルまで歩いていきました。
国内線なので、入国審査も何もないので、そのまま到着ロビーの方へ向かいます。
市内まではタクシーにしようかと思っていましたが、
他のお客はみんな地元の人ばかりなのか、客引きがそんなに居ないのですね。

空港の建物から表に出てみると、リキシャの運転手が寄ってきたので、
交渉して駅まで行ってもらうことにしました。
宿も決めていたのですが、ホテルの名前を言うと面倒になりそうな気がしたので、
とりあえず、鉄道駅、トリヴァンドラム駅までということにしたのです。

何ルピーで交渉したのか忘れましたが、全然ボラれた雰囲気は感じませんでした。
空港を出ると、インドの田舎のような光景のところを走ったかと思うと、
すぐに市内に入り込みました。やはりすごい数の人が歩いています。
南部の町に来ても、この人の多さにはとてもびっくりしたのを覚えています。
もっと田舎で、もっと人が少ないと考えていたものですから・・・・
インドってやはり人口がとても多いのだなあと改めて感じさせられた瞬間でしたね。

空港からのリキシャは、デリーのような連れ回しのトラブルはなく、あっさりと駅前まで運ばれたので、少々拍子抜けしました。
そしてお金を払うと、さっさとどこかへ行ってしまったのでした。
呆然と立ち尽くす私。
デリーやボンベイのような危険?はこの街には少ないのかも?と
少々ほっとしながら、宿探しをするために、街歩きを始めました。
とにかく今日はどうするか・・・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/326-3709638e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック