FC2ブログ

コーチンの町の印象

ここでは、「コーチンの町の印象」 に関する記事を紹介しています。
1995年3月1日

インドはコーチンの町では、少し時間があったので町歩きを楽しみました。
もちろん歩いての散策です。

コーチンの町は、大きな駅のあるエルナクラム地区、ウィリンドン島、フォートコーチン地区、マッタンチェリー地区などに分けることができます。
エルナクラム地区から他の地区へはフェリーを使って行くことになりますが、バスもありそうですね。

私はコーチンに着いたのが、午後3時ごろ。
宿を見つけたのが、もうすでに夕方に近い時間帯だったので、
もうそれほど詳しく町を歩く時間はなかったのですが、
せめて、エルナクラム地区でも見ておこうと思って、軽めの散策です。

といっても、あまり印象のない町で、正直あんまり覚えていないんですね。
確か駅から海の方向へ歩き、別の地区へ渡るフェリー乗り場の辺りをうろつき、
海沿いの道を散歩した記憶しかありません。
この町は人がトリヴァンドラムよりは、少ない気がしましたね。

「あー明日はもうボンベイに戻るのかあ・・」
などと、楽しかったコヴァーラムビーチでの滞在のことなどを思い出しながら、
対岸のウィリンドン島や、他の島を見ていた気がします。
晩御飯は何を食べたのだろう?と今考えてみましたが、やはり思い出せませんね・・・・

ただの1泊だけの移動途中の滞在となってしまったコーチンですが、
やはりバックウォーターの船旅と、インドの一番南のカニャークマリには行っておくべきだったのかもしれませんね。
それとも呼ばれなかっただけなのでしょうか・・・
などど、今考えれば思いますね。

まあ当時はそれがいいと思っての行動ですから、
良しとしなければなりませんね。それもインド旅のひとつと・・・・

明日は早くも、インディアンエアラインの飛行機でボンベイに戻ります。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/335-a9f86c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック