九份で散策

ここでは、「九份で散策」 に関する記事を紹介しています。
2005年5月

やっとこさ九份に着きました。
台北から列車とバスを乗り継いで、ちょっとした小旅行ですね。
大勢の台湾人につられて、バスを降りると、そこは九份の入口です。

セブンイレブンの脇から、アーケードになっている九份の商店街?
に入って行きました。
中に入ってみると、そこはもう独特な雰囲気。
左右に並ぶのは、主に土産屋が多く、中には水晶を売っている店なんかもあるが、
何だかいかがわしい感じもあり、ちょっと買うには勇気が要りますね。
それに加えて、臭豆腐の匂いが立ち込めているところもあり、
それがまた台湾らしい風情を物語っているのでした。

臭豆腐のせいか、ここでまたお腹が空いてきたので、
さすがに臭豆腐は敬遠して、
ちょっとしたタイの屋台みたいなお店に入ってみました。
案の定台湾語のメニューしかありません。
困りながらも、漢字の読解に悩み、あれこれ想像していると、
このお店の息子がなんと日本語がわかるではないですか・・・驚きです。
注文を瞬く間に受けてくれました。

普通のチャーハンなど頼んだのですが、
それとは別に、出てきたスープの中に入っていた、豆腐のような赤い物体は何かわからなかったのですが、
後ほど調べてみると、どうやら血を固めたものだったいみたい・・・
嘘か真かわかりませんが、独特の味付けではありました。

さらに九份のエリアの散歩を続けます。
意外と狭いエリアなので、すぐに歩き終わってしまいました。
商店街がメインストリートで、それ以外は人影もまばらな雰囲気です。
もともと小さな町ですからね。

(つづく)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/355-81d368f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック