FC2ブログ

バンガロール国際空港(ベンガルール国際空港)

ここでは、「バンガロール国際空港(ベンガルール国際空港)」 に関する記事を紹介しています。
2011年6月
南インド8日目

南インドの旅も終わりが近づきました。
最後の地点である、バンガロール国際空港に着きました。
またの名をベンガルール国際空港
2008年に市内の北40キロほどの地点に移転したようです。
それまでは市内に空港があったので利便性はよかったみたいですが、
空港自体が手狭になり、移転されたようです。
旅行者にとっては、不便になったということでしょうか。
現在は、エアポートバスで1時間はかかりますからね。渋滞していたらもっとでしょう。

エアポートバスの車掌は、インド人にしては珍しく、
お釣りを間違えて多く渡してきました。
2人で330ルピーで400ルピー払って70ルピーのお釣りなのに、170寄こしてきました。
というのも、車内に手持ちの釣り銭がないようで、到着後に慌てて両替してきたので、
焦って170渡してきたというわけですね。
何だか申し訳ないので、ちゃんとした釣り銭をもらいましたけど・・・

それにしてもきれいな空港でした。
そして近代的な建物ですので、インドに居ることも忘れてしまいそうです。

飛行機の出発は、日付の変わった0時20分のため、
チェックインは前日(つまり今日)の22時20分くらいからでしょう。
余裕を取りすぎたため、21時には空港に到着してしまったので、
かなり時間をもてあますことになりました。

空港の中に入ると、もう表に出ることはできないのですが、
表に居ても仕方がないので、中に入りました。
ここでもEチケットの控えを提示しなければなりません。
だんだん段階的にインドから離れていくことになりますね。

空港内は快適なのですが、カフェなどの少し休憩できる場所が少ないのが難点でしょうか。
1つ見つけたカフェで休憩しながら、
空港を行き交う人々を眺めつつ、残りのインドの滞在時間を過ごしました。
さすがにバンガロールは日本企業も多く進出しているようで、
駐在と思われる日本人の姿もちらほら見かけました。
ほとんどがシンガポール航空を利用しているようでした。

我々のタイ航空もチェックインが始まりました。
どうやら定刻での運航のようです。
チェックインを済ませ、出国とセキュリティを済ませ、インドとはお別れです。
名残惜しいですね。本当に・・・・

次回で今回の南インド旅行の総括でも書きます。

(まだ続く)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/414-a5728d43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック