FC2ブログ

タイでの街歩き

ここでは、「タイでの街歩き」 に関する記事を紹介しています。
この後は、バンコク市内をまずは徹底して歩き回り、土地勘をつかんでいきました。
とにかく地図をポケットに入れてまずは歩く。で、わからなくなったらバスに乗る。
地図もガイドブックを街中で広げてみているのは、「私は観光客です。」と言って周りに宣伝しているようなもの。
これはどこに行っても言える事だと思うので、ちょともったいない気もするがガイドブックの地図のページだけ切り取り、そっとポケットにしまいこみ、見るときはこそっと物陰とかで見たりします。
それと大体の方角等をある程度頭に入れて出発。
現在はとても見やすいバスマップが販売されてるので、あんまりバスでは困らないが、当時はまだ普通の地図に路線番号が書いてあるだけの
とんでもない代物のバスマップが主流で、まあそれとにらめっこしながら、目的地へ行くバスを探すので苦労したもんです。
で、何回も違うバスに乗ってしまう。でも土地勘は高まる。
現在はとてもわかり易く乗り方まで書いてあるバスマップが販売されてるので、それをご利用ください。
紀伊国屋書店や、東京堂書店で入手可能です。
とまあ、バンコク徘徊の日々が始まったわけですが、歩いているだけで発見てのはたくさんあるもんなんですねえ。旅の醍醐味かも。
歩いていると、いろいろな屋台があり、そこには見たこともないものが売られている。
おいしそうなものから、よくわからないもの。普通の雑貨etc・・・
チャイナタウン周辺では狭い路地にびっしりと店が並び、布や衣類みたいなものも売られていた。
ちょっとした物珍しいお菓子などを、あちこちでつまみ食いするうち、お腹は膨れて満腹神経が刺激される。
屋台はタイの文化であるとよく言われるが、その時の私はなんだかそういった人々の流れや、光景から大きなパワーを感じました。
日本にはない何か懐かしいような、見たことないような変な光景。
人はたくさんいるが、どことなくゆったりとした時間の流れ。
こうしたことが私の琴線に触れて、だんだんタイ好きになっていったのです。

関連タグ : タイ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/6-844d918e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック