ボーイング787に初搭乗

ここでは、「ボーイング787に初搭乗」 に関する記事を紹介しています。
2015年12月31日

初めてボーイング787型機に乗りました。
沖縄から帰省するときに、那覇空港から大阪国際空港まで乗りましたので、
そのレポートです。
OKA-ITM NH764 JA818A 787-8
フライトは定刻でした。
787に1


チケットは75日前から購入済みでしたので、
かなり安く買うことができました。
安いチケットは2ヶ月前までに購入というのは、やはり鉄則のようです。
どの便にするか選ぶ時に、あえて787型機が充当されてるフライトにしておきました。
機材変更がないように祈りながら、この日を待ったわけです。

当日調べたところによると、機材変更はなし。
これで乗れることになりました。

乗った感想ですが、
・機内の気圧が低いためか、耳鳴りがあまりしなかった。
機内の気圧は、高度1800mほどのものに抑えられているので、
耳鳴りはそれほど感じなかったですね。
この日の高度は41000FT(およそ12000m)だったので、
高いところを飛んでもこのくらいなのかと感心しましたね。

・エンジン音が在来機(777など)に比べて静か。
個人的にはそう感じましたが・・・

・窓のシェードが電子タイプ
電子シェードで、窓の下についているボタンで操作します。
段階で調節も可能で、一番暗くしてもうっすら外が見えるのはいいですね。
今までは、シェードを下げるとそれでおしまい、窓側の人がさげてしまうと、もう外が見えないですからね。
それと、窓もやや大きめに作られているので、
外からの光がよく入るせいか、機内が明るく感じられます。
機体の構造として、半分が炭素繊維で作られているので、強度が増してるので、
窓を大きくしても大丈夫なのだそうです。
787シェード1何もしてない状態 787シェード2電子シェードで少し暗くしました。


・湿度も在来機よりも高めの設定。
これも炭素繊維は錆に強いので、機内の湿度を20%程度まで上げられるのだそう。
20%では低いと思われますが、在来機では湿度8%程度と言われているので、
かなり上がった方ではないでしょうか。
しかしながら、長距離のフライトでないと、この恩恵はあんまり感じられないですね。


などなど、利点をあげていきましたが、
いかがでしたでしょうか。
ANAであれば、国内線でも787型機に乗ることができます。
JALだと国際線でしか運用されていません。
LCCだと、スクートやジェットスターが787を導入しております。

国内線の飛行機のチケットを購入する際には、
どんな飛行機が見て、それで選んでいくのも楽しいですね。

今度は、国際線の長距離フライトで、
このボーイング787の実力をもう少し味わってみたいものです。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/687-214f1e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック