FC2ブログ

ラオスの恐るべしACバス

ここでは、「ラオスの恐るべしACバス」 に関する記事を紹介しています。
はじめはよくわからない場所のターミナルより、マイクロバスに乗せられた。
ああ、これがエアコンバスなのね。と観念していたが、またあるバスターミナルへ到着。
乗換えだという。

そこで乗り換えたバスは、確かに見た目はGoodなバスであった。
車体は韓国製であり、快適そうだ。
ああこれで快適な旅が約束された・・・と思ったが、乗車してかなりビックリ!!
なんとエアコンが効かないというか、壊れていて全く動いていないのである。

バスは見た目はGoodなエアコンバスなので、当然窓ははめ殺しで開かない・・・。
炎天下、灼熱地獄の中そんなバスが走ると車内はどうなるか・・・想像つきますか?
蒸し風呂の一言です。一番前の乗り降りするドアは開きっぱなしだが、そんなところ開いていても、あんまり変わらないよ。
ひたすら蒸し風呂の中に閉じ込められて苦行のバス旅となったわけです。
走り出せば、多少の風は入ってくるものの、そんなの焼け石に水。入り口の近くに座っていてまだ救われた・・。

ラオスはまだまだ知られてないようですが、ぜひ行ってみてはいかが?

これは1998年頃の話ですので、現状はどうなったかわかりません。
現在はもっとまともなことになっていてほしいのですが・・・。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/70-19553a7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック