いよいよメコンを越えて

ここでは、「いよいよメコンを越えて」 に関する記事を紹介しています。
熱も下がらないし、下痢も止まらんとなっては、もはやラオスの田舎町では処置なしである。
朝早く起きて、まず渡し舟で対岸のタイ側に渡る。
メコン川は流れはなく、どよんとした濁りの川であった。そんな川を頼りない小船は対岸へと行く。
タイの陸路入国では、ビザが本当は必要。
しかし、私一人しか外国人は居ない。
渡し舟に乗っていたラオ人は、パスポートをイミグレに預けてどこかへ消えた。窓口にはパスポートの山がガラス越しに築かれているのが見える。
取り残された私一人は、仕方なく、入国書類を記入し、パスポートと一緒に差し出す。
もし入国拒否ならば、このままタイとラオスの国境の狭間で、一生を過ごすことになるのだろうか?・・・・





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/75-2e2cd546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック