仙台名物牛たんを食べて満足 たんや善次郎

ここでは、「仙台名物牛たんを食べて満足 たんや善次郎」 に関する記事を紹介しています。
2016年7月
仙台&東京
2日目

仙台に着いてから、食べ物のことばかり書いてますが、
まあ気になさらずに・・・

やはり、仙台に来たら牛タンを食べたくなるのが、当たり前かもしれません。
しかし何故、牛タンなのでしょうか?

少し調べてみたら、
もともと食べない部位だったので、余っていて、
それを佐野啓四郎さんという人が、戦後に広めたのが始まりとか。
ただ、牛タンという特殊な部位のみ集めるのって、
とても大変だったでしょうな。

そんな方がいたおかげで、
今こうして牛タンを美味しくいただけるのですから、
本当にありがたい限りですね。

そこで、この日は、
「たんや善治郎」に行くことになりました。
たんや善治郎1


出てくる牛タンには、
1枚1枚に切り込みが入っていて、
たぶんこの切り込みには意味があるんだろうな・・・
と考えながら、口に運ぶと、
とろける美味しさですね。

やわらかい中にも、
こりっとした固めの食感もあって、
それでいて、とろけていくような感覚。
そして、決め手は塩味でしょうか。

この善治郎には、
塩味の牛タンしか置いてないそうです。
塩が一番美味しいという結論に至ったそうです。
塩も粉挽きにしてるという、こだわりのものを使ってるので、
それがよく具材に染込むのでしょうね。

美味しい牛たんの食事をご馳走様でした。
牛たんのつくねとかもあって、これがまたおいしいのなんの。。。
たんや善治郎2


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/845-4ce03c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック