初めて配車アプリの「GrabTaxi」を利用してみた。タクシーでチャイナタウンへ その2

ここでは、「初めて配車アプリの「GrabTaxi」を利用してみた。タクシーでチャイナタウンへ その2」 に関する記事を紹介しています。
2016年9月
バンコク&台北
4日目

早速GRABTAXIのアプリを起動して、
目的地を入力すると、
付近にいるタクシーで条件の合う車両を探してくれます。
まず、自分の居る場所(これはGPSで表示されてる)を決めて、
次にマップ上で行く場所をクリックか、
検索窓に入力で候補が示されるのでそこから選択します。
こんな感じです↓
GrabTaxi表示例

すると、タクシー料金の概算と付近にいるタクシーがわかります。
今すぐ呼ぶのか、何時間後がに予約するのかを選んで、
bookと書いてる緑のところをタップすると、
付近にいる車で対応可能な車両を探してくれます。

少し時間がかかりましたが、
1名の運転手が写真付で表示されました。

すると、すぐに電話がかかってきました。
「日本人ですが、よろしくお願いします」
と告げると、
「どこに居るの?」みたいな話になり、
場所を何とかタイ語で説明。

自分のスマホには、
相手の車両の位置も表示されてるので、
あと何分で到着かも表示されている。
それを見ながら待ってたんですが、
再びドライバーから着信。

「ランナム通りからは、お宅の居るほうへは右折できないよ」
なんて言われてもねえ。
じゃあ、場所を変えようと歩道橋を渡り反対側へ行くと、
そのタクシーは、ラチャプラロップ通りを南から来て、
強引にセブンイレブン側へ右折。
あちゃー
と、再び歩道橋を渡り、セブンイレブン側に行き、
車両番号確認して、
アプリと合ってるなと思ったので、
声をかけて、ようやく乗車できたのでした。

下手に場所は、動かないでそこで待ってる方がいいです(^^ゞ
と、何とかタクシーと出会うことができました。
タクシーもこちらの居場所がわかっているので、下手に動かない方がよいですね。。。
変に気を回しすぎてしまいました<(_ _)>



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://nanginet.blog.fc2.com/tb.php/913-2edc6723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック